マンガ

回復術士のやり直し6話ネタバレあらすじ解説

回復術士のやり直し6話」をネタバレしつつ、あらすじ解説します。

内容紹介@U-NEXT
【癒】の勇者ケヤルは、ある日【回復(ヒール)】が最強に至る魔法だと確信する。そして世界そのものを【回復】して四年前に戻り、自分の人生を弄んだ者たちへ復讐することを誓うのだった。「小説家になろうの」人気作が完全コミック化!!

ネタバレ前にU-NEXTで読む

U-NEXTは、他のマンガもラノベも小説も読めますし、色々な動画も見放題です。スマホでも見ることができるので、誰の目も気にせず読むことができます
31日間、無料期間中の解約は違約金なしです!

1分で『回復術士のやり直し6話』のあらすじネタバレ解説

登場人物

ケヤル、主人公。癒の勇者。偽名としてケヤルガと名乗る。
フレア、王女。術の勇者。ケヤルに記憶を改良されて、フレイアとなる。

あと一本

フレアに馬乗りになった、ケヤルは拷問を始める。
指を一本ずつおって、悲鳴をあげなければ
開放すると約束する。
@1ぽんまで我慢したフレア。

しかし、ケヤルはフレアの指を回復する。
また1からやり直し。

絶望のふちで、フレアはとうとう悲鳴を上げてしまう。

こっちにするか?

自分がされたことについてすべて復讐しようとするケヤル。
自分が前世で犯されたように、現世で犯されたように、フレアを汚そうとする。
フレアは「下民に怪我されるなんて、いや!」
と必死で抵抗する。

ケヤルはならばと、
熱された棒を取り出し、
こっちのほうがいいか?
と確認する。

フレアは「それならケヤルのほうがマシ」と答えケヤルを怒らせる。
結果、「ケヤルさまの固くてたくましいものを、わたしに挿入してください!」
と自ら懇願し、そのまま犯される。

ケヤルはフレアに無遠慮に種付すると、
フレアの見た目を改良する。
そして記憶も消し、自分に都合がよい存在へ変える。

次の復讐へ

ケヤルは、城から脱出し、次の復讐を目指すことにした。
フレアは一生こきつかってやるために、連れ出すことにした。
殺したメイドの顔をフレアに改良し、
近衛騎士隊長が、フレアを殺したという筋書きを残し
脱出。

目標を3つに定める。

1、前世で世話になった剣と砲の勇者に復讐する。
2,魔王に会い、前世の言葉の真意を確認する
3,極限まで強くなる。追手がきてもこまらないようにするため。

俺はケヤルガだ

そうこうしていると、フレアは目を覚ます。
記憶はない。
媚薬効果のあるお香を焚き、
フレアは自分の従者のフレイアであると、刷り込むケヤル。
そして、それを信じ込んだフレアに挿入。
好きなだけ体を弄んだ。

そしてフレアあらためフレイアに名乗る。
「おれはケアルガだ」

回復術士のやり直し』の感想と考察

見た目を変えたケヤルは、デザインごとほんとうにランスそっくりになりました。
まあ、年齢的には幼いですが。
フレアも、髪ピンクですし、やっぱりコンセプトはシィルですよね。

最期の駒で、亜人の囚われた女の子が映っていますが、
前衛を探しているケヤルにとって、彼女を助けることで、求めていた仲間を増やすことができることでしょう!

亜人というか獣人? の彼女とはどんな出会いで、どんな関係を築くのか、たのしみですね!

まとめ

KADOKAWA

今回は『回復術士のやり直し6話』についてあらすじをネタバレしつつ、感想、考察をまとめました。
回復術士のやりなおし』へ興味もってもらえたら、ぜひマンガで読んでみてくださいね。U-Nextならかんたんに続きを見ることができますよ!

この続きをU-NEXTで読む

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です