最新話ネタバレ

最新話ネタバレ「シャングリラ・フロンティア」第26話:未練だけがそこにいる

週刊少年マガジンで連載中「シャングリラ・フロンティア」第26話:未練だけがそこにいるのあらすじをネタバレ解説します。

前回のあらすじ

ライブスタイド・レイクサーペントを倒したサンラクたち。
レベルアップしたサンクラたちを見て、満足げなアーサーは、ウェザエモンと戦うため、次はユニークNPC「遠い日のセツナ」に会いに行くと言った。

最新話ネタバレ「シャングリラ・フロンティア」25話週刊少年マガジンで連載中「シャングリラ・フロンティア」最新25話のあらすじをネタバレ解説します。 25話 後悔はいつも過去にいる ...

ざっくりまとめ

サンラクたちは、セツナから《ユニーククエストEX》「此岸から彼岸へ愛を込めて」を受諾、開始し、墓守のウェザエモン打倒を誓うのだった。

登場人物

サンラク、主人公。鳥あたま。
オイカッツオ、ネカマのナカマ。名誉3女。
エルム、うさぎさん。
アーサー・ペンシルゴン、魔王。中の人は読者モデル。
セツナ、女NPC。ウェザエモンの恋人。なぜか現代っぽい服装で、透明な幽霊。

あらすじ

遠い日のセツナ

千紫万紅の樹海窟。
到着したサンラクたちは、満月の夜にだけ現れる隠しエリアを進む。

そこにはNPC「遠い日のセツナ」がいた。
セツナの服装は、ファンタジーらしさがなく、現代の私服のような格好をしていた。

セツナと会話することで、クエストが発生。

《ユニークシナリオEX》
「此岸より彼岸へ愛を込めて」を開始しますか?

サンラクたちは、「OK」ボタンを押下し、クエストを受諾した。

此岸より彼岸へ愛を込めて

クエストのフレーバーテキストはこうだ。
セツナが死に、その墓を恋人であったウェザエモンがずっと守り続けている。
もうどれだけたったかもわからない。

セツナは言った。
「どうか、ウェザエモンを、あの人を眠らせてあげてください」

アーサーは力強く、セツナにウェザエモン打倒を誓った。

ゲームに本気で感情移入することくらいある

その様子を見てサンラクとオイカッツォは笑う。
あの悪名高い、ゲームの中であれば、NPCの王や王女を市中引き回しにすらしたアーサー・ペンシルゴン様が、ゲームのNPCと談笑している、と。

彼らのリアクションにアーサーは恥ずかしさからはじめは怒るが、「わたしだってねぇ! ゲームに本気で感情移入することくらいあるわけでぇーっ!」と、素直に自分が、セツナに感情移入していることを認めると

「おういいんじゃね?」

サンラクもオイカッツォも
何事も本気で取り組んだほうがたのしいと、アーサーの葛藤を吹き飛ばしてしまうような笑顔で、同調した。

アーサー「君たちも大概大馬鹿だった」
いままで見せたことのない少女のまっすぐな笑顔。

そして

相手は古今東西、どんな大ボスもびっくりな、レベル差150を強制するユニークモンスター「墓守のウェザエモン」。

「わたしたちならできる。本気でやって、勝ちに行こう!」
拳を重ねるのであった。

感想と考察

FF11をやっている人が言いました。
「FF11は遊びじゃないから」

ギスギスオンラインと呼ばれているころのFF11はレベル上げに一回行けば、三時間は最低参加していないと、空気の読めないやつと思われるようなすごい世界でした。
そのレベル上げにいくために、パーティーを集めることにも1時間くらいかかることはざらでしたし、狩場まで移動するのに1時間かかることだってありました。

レベル上げするだけで、1日が終わる。

そんなMMO。今日日流行らないですよね。

「FF11は遊びじゃないから」

これは、最期に(笑)を付けて「なにこんなゲームでムキになっちゃってるの?」と、ギスギスを、揶揄するときにもちいられていたような気がします。
自称まったり勢の方々に。

ガチ勢だろうが、まったり勢だろうが。

相手の遊び方を避難する道理はないはずです。
サンラクたちがいうとおり、楽しむためにやっていることは、真剣にやったほうが楽しい。

それはゲームを真剣にプレイするという意味だけではなくて、
ただ思い切り、「たのしむ」ためにゲームをプレイするということです。

それは、ゲームでも他の遊びでも。
仕事でも、そして人生でも同じなんじゃないでしょうか。

人生はいつ、なにが起こるかわかりません。

だから、
一日一日
一秒一秒
そのときが最後であっても悔いがないように生きる。

そんな人生オンラインゲームでありたいものです。

人生には、レベル差強制150なんてものじゃきかないチャレンジはいくらでもあります。

ということは、ぼくらだって、サンラクたちと同じかそれ以上のゲームを日々たのしむことができるわけです。

次回のっシャングリラ・フロンティアもたのしみですが、
ぼくらの人生オンラインもなにより続きをたのしみに、たのしんでいこうじゃありませんか!

まとめ

今回は、週刊少年マガジンで連載中「「シャングリラ・フロンティア」第26話:未練だけがそこにいる」のあらすじをまとめました。
ぜひ、興味をもっていただけたら、週刊少年マガジンか、コミックスを購入してマンガで読んでみてくださいね!

最新話ネタバレ「シャングリラフロンティア」第27話適材適所の世界観週刊少年マガジンで連載中「シャングリラフロンティア」第27話適材適所の世界観のあらすじをネタバレ解説します。 前回のあらすじ サンラ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です