マンガ

【転スラ】シュナの能力と強さをネタバレ解説!【転生したらスライムだった件】

アニメ2期2シーズン開始記念!
転スラ人物紹介解説シリーズです。

この記事を読むと、以下のことがわかるようになります。

ユニークスキル「創作者(ウミダスモノ)」
ユニークスキル「解析者(サトルモノ)」
解析者の謎

【転スラ】シュナの能力と強さをネタバレ解説!【転生したらスライムだった件】

ベニマルの妹であるシュナは大鬼(オーガ)族の巫女姫で、また裁縫や織物が得意であることから「織姫」とも呼ばれています。

他にも薬草の知識や料理にも秀でているため、リムルの配下になってからはドワーフのカイジンたち同様生産面の発展に貢献してくれました。

リムルたちの集落が国として成立したあとでも絹織物や調理の研究などを指揮している才女であり、ヒロインの1人です。

あまり戦場には立ちませんが、シュナはハクロウ仕込みの柔術や初登場時にも使っていた幻覚魔法など実戦でも通用する技量を持っています。

そんなシュナのユニークスキルなどについてまとめてみました。

ユニークスキル「解析者(サトルモノ)」

仲間のサポートに徹することが多いシュナのユニークスキル「解析者(サトルモノ)」はリムルの「大賢者(エイチアルモノ)」以上の解析力だと評されています。

「解析者」は保有者であるシュナが相手が放とうとしている魔法などを目視しただけで解析、さらにその後相手の魔法を完全にコピー兼上書きすることが可能です。

一見するとリムルの「大賢者」と大して変わらないようにも思えるものの、実は解析から上書きするまでの時間は「解析者」を持つシュナに軍配が上がります。

その理由は単純で、「大賢者」と「解析者」では結果を出すまでの工程が違うからです。

「大賢者」が解析する場合はまずリムルが捕食して対象を取り込み、その後「大賢者」がリムルの体内で解析及び鑑定を行って結果を出します。

しかしシュナの「解析者」は目視しただけで、精神支配の魔法攻撃も解析可能です。

つまるところ「解析者」は解析及び鑑定するまでのスピードが桁違いというわけですが、もちろん弱点はあります。

それはシュナの目に届く範囲でしか発動できないことです。

リムルやソウエイのように複製体や別身体をつくって範囲をカバーできるなら話は別ですが、こればかりは仕方がありません。

それに狭い範囲という弱点があるにせよ、「解析者」を魔法の使い手に行使すれば右に出るものはいないです。

解析するだけではなく、相手よりも早く魔法を放つ様は西部劇で目にする早撃ちのような鮮やかといっても過言ではありません。

なお「解析者」はリムルが覚醒魔王に進化した際に授かったスキルです。

ユニークスキル「創作者(ウミダスモノ)」

シュナのユニークスキル「創作者(ウミダスモノ)」物質を変換、もしくは融合・分離させて別な素材を生み出すスキルです。

このスキルのおかげでシュナは創作魔術が可能となっただけでなく、魔国連邦の生産分野をさらに発展させていきます。

シュナが能力を使って印象に残っているシーン

ユニークスキル「解析者(サトルモノ)」を使ったシュナといえばアダルマン戦です。

のちにリムルたちの仲間となって「迷宮十傑」に数えられるアダルマンですが、初登場ではリムルたちの敵である魔王クレイマンの配下でした。

アダルマンはクレイマンの拠点に侵攻してきたシュナたちと遭遇し、戦闘を始めるものの、自分よりも魔素量が10分の1しかないシュナに圧倒されます。

それどころかアダルマンが放った究極の神聖魔法「霊子崩壊(ディスインテグレーション)」すらも同じく神聖魔法を放出し、無効化にしてみせました。

アダルマンは元人間の死霊でありながらも、覚醒魔王に並ぶという「聖人」の一歩手前の強さを手に入れており、そのためそのアダルマンを封殺した「解析者」がいかに凄まじいかが分かります。

しかしアダルマンが何よりも衝撃を受けたのは魔物であるシュナが神聖魔法を行使できたことです。

神聖魔法は転スラ世界において制御が難しい霊子を使った魔法で、この霊子をコントロールするには「神」の力を借りる必要があります。

そのため人間にしか扱えないとされていましたが、シュナは「奇跡を信じる心が肝心」だと断じました。

「奇跡を信じる心」、すなわち信じる対象があれば神聖魔法は誰にでも使えるというわけです。

実際にそれは正しかったのですが、この時は少し事情が別で、シュナが放った神聖魔法はあくまで「解析者」の模範でしかなく、本当の意味ではまだ行使できていませんでした。

けれどアダルマンは信じる心を持ったシュナに負けを認め、それどころかシュナが信じる対象ことリムルに興味を持ちます。

そのまま同じく死霊となった部下とともにリムルの配下となり、一時は弱体化はしたものの、十分な信仰の対象となっていたリムルのおかげで再び神聖魔法が使えるようになりました。

シュナもまたアダルマンとともに恩寵を受け、神聖魔法を使えるようになります。

シュナの能力の疑問点

シュナの「解析者(サトルモノ)」は魔法に特化しているようですが、武術といった「技術(アーツ)」も模範できるのでしょうか。

また精霊魔法や召喚魔法といった別な存在を呼び出す魔法も完全コピー兼上書きできたとしても、使役できるのかどうかが気になります。

それから「解析者」がアルティメットスキルになる場合、一体どんな効果を持つのかも疑問です。

基本的に保有者のイメージに合ったものばかりなので、「解析者」も縁の下の力持ちであるシュナにぴったりな権能を持つのでしょうか。

似たような能力を持つ他作品のキャラクターといえば?

名前:佐倉双葉
登場作品:ペルソナ5
能力:天才的なハッキング能力とペルソナによるナビゲート
似ているポイント:サポート能力

ペルソナ5の主人公が率いる「心の怪盗団」のメンバーの1人で、ずば抜けたプログラミングと計算スキルを持つ天才ハッカーです。

当初はある事件のせいで深いトラウマを負い、引きこもり状態でしたが、「怪盗団」の活躍を知って主人公たちにわざと接触してきます。

この背t職によって双葉は「怪盗団」のメンバーになりますが、そのコードネームは「ナビ」です。

文字通りナビゲートをつとめており、この役割はペルソナ3やペルソナ4でも担ってきたキャラがいるものの、双葉の場合は異世界でも現実でもハッカーのスキルを存分にふるって仲間を助けてくれます。

解析能力といいサポートぶりといい、シュナの能力に似ていると思ったので紹介させてもらいました。

名前:ゼロ
登場作品:ゼロ THE MAN OF THE CREATION
能力:「本物」を「複製」する
似ているポイント:複製

知らない人もいるかもしれませんが、ここはあえて漫画「ゼロ THE MAN OF THE CREATION」のゼロを推させてもらいます。

「ゼロ THE MAN OF THE CREATION」の主人公ゼロは「本物」を「複製」する贋作者として美術界から忌避されている男です。

しかし国籍不明、正体も不明なゼロのもとには世界中から依頼が押し寄せます。

依頼者の目的はさまざまで、愛する者を救いたい者もいれば自分が持っているコレクションを失わずに大金を手に入れるためにゼロを利用する者もおり、なかには「絶対に出来ない」と思えるような依頼もあるほどです。

しかしそんな困難な依頼をゼロは物怖じせずに引き受けます。

そうしてゼロ自身も苦しみながら「複製」した「本物」は完璧で、善意や救いがある者には粋なはからいを、欲深い者には破滅をもたらすようにするのがゼロのモットーです。

美術品、宝石、料理、地図、音楽だけでなく、人間すらも「複製」してみるゼロの才能は生産面を支えているシュナに似通ったところがあると思います。

まとめ

【転スラ】シュナの能力と強さをネタバレ解説!【転生したらスライムだった件】
楽しんでいただけましたでしょうか!
アニメも再開され、マンガ版に追いつくかもしれませんね。
ぜひ、事前にマンガも合わせせて読んだり、原作Web小説も読んでみることをおすすめします。
そうするとまた違う絵が見えてくることでしょう。
この記事が皆さんの雑談の種になることを、祈ってます。それではまた!

転生したらスライムだった件の記事まとめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です