ニュース雑談

【海外】ゴミの下に眠る280億円の仮想通貨・・・しかし掘り出し拒否されるのはなぜ?

日本でも空き家の掃除をしていたら、数千万の現金(タンス預金)が出てきた!
なんて話よく?聞きますよね。

ビットコインが高騰しているせいもあり、また、タンス預金ならぬタンス暗号資産・仮想通貨
そう、ビットコインの残念なニュースがありました。

アメリカ、カルフォルニア州オレゴン郡にあるニューポートランドに住む
ジェームズ・ハウエルズさん35歳は、2013年に廃棄してしまったビットコインを保存しているPCを、ゴミの埋立地から採掘する許可を取ろうとしていました。

埋まっているだろう、ビットコインの金額・・・約280億円。

市議会に約80億円を払うから、掘り返しの許可をほしいと訴えていますが、その訴えは却下されています。

80億も出すって言っているのに?!

と思いますが根拠としては、
掘り返すだけでも、約10億円程度予算がかかることと、それだけの予算をかけて見つかる保証はないということです。
また、発見できてもビットコインを保存しているハードディスクが無事である保証もないと。
*採掘による周辺地域への悪影響も問題視されています。

それはそうですよね。
いまは2021年。

10年近く前に廃棄されたパソコンが
埋め立てられ、そのまま無事である可能性のほうが低いでしょう。

捨てた方からしたらいてもたってもいられない状況でしょうが、一度は捨てたものなので、それはそれ、これはこれ、前を向いて歩いていってほしいものです。

一生懸命採掘した仮想通貨を、捨てて、埋められてまた採掘するって、どんだけ掘るのが好きなのかしら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です