ニュース雑談

インフルエンザ予防接種は痛い?痛くないインフル予防に期待

インフル予防接種:ニュース

鼻に噴射、痛くないインフル予防 国産ワクチン開発、承認申請へ(Livedoor NEWS)
鼻にスプレーするだけで、インフルエンザの感染を防ぐ国産の経鼻ワクチンを大阪府吹田市の阪大微生物病研究会が16日までに開発した。人に予防接種して安全性と有効性を調べる治験が今年7月に終わり、近く国へ承認申請する方針。従来の注射に比べて高い効果が期待できるという。
全文読む

今年は、例年よりインフルエンザの流行が早いそうです。
どの程度早いのかといえば、統計を取り始めた1999年〜2019年の間では、2番目に早いんだとか。
香川県では大流行し、例年の15倍も感染報告があるっていいますしね。

インフルエンザにはかかりたくない。
といえば、やっぱり一番効果があるのは、予防接種のようです。
インフルエンザの予防接種は年齢層にもよりますがだいたい30〜60%は予防効果があるそうです。
って。
100%じゃないのかよ!
はい、そうです。
そんな甘い話あるわけないじゃないですか。

でも、感染してしまったとしても、インフルエンザの予防接種をしている意味はあるんだそうです。
重症化を防ぐ。
とても大事なことです。
重症化とは感染症なので、他の感染症例えば、麻疹(はしか)などと一緒で、脳炎や肺炎です。
そういった、下手をしたら、死につながるような重症に対する免疫を獲得できるんですから、やっぱり予防接種は受けた方がいいですね。

手洗い,予防
インバウンド感染症?科学的根拠がある唯一の予防方法インバウンド感染症とは? インバウンド感染症とは、旅行客など海外からやってくる人たちが持ち込む 感染症のことです。 2019年...

で。

そこでも問題になってくるのが、費用・・・ではなく、痛みです。
インフルエンザの予防接種って痛いらしいじゃないですか。
ぼくはあまり症状出ないのと、針の差し込みも「つねられたかな?」くらいにしか感じない鈍感野郎なので問題ないのですが、巷からは「痛い痛い痛い痛い」と悲痛な叫びが聞こえています。

なので、今回申請された鼻にスプレーすればいいだけのインフルエンザ予防薬が効果が認められ、承認され、提供開始されたら喜ぶ人は多いでしょうね。

あなたはどうですか?

インフル予防接種:ネットの声

インフル予防接種:動画で解説

【インフルエンザ】風邪との違い・検査・治療薬・予防接種など

  • 風邪:熱38℃以下。症状、喉、頭など特定の部位の痛み
  • インフル:熱38℃以上。悪寒、関節痛などの全身痛
  • 検査で陰性でも陽性のことがある=医師の判断に従うこと
  • インフルの治療薬には3種類あるが、どれも治す薬ではなく重症化を防ぐ薬である。
  1.  内服:タミフル、ゾフルーザ
  2.  吸引:イナビル、リレンザ
  3.  点滴:ラピアクタ
  • インフル予防接種も防ぐ確率を下げられるものの、かかる時はかかる。
  • インフル予防接種も重症化を防ぐ効果がある。

インフルエンザ予防接種:鼻スプレーの期待値は

結論:期待大!

インフルエンザにかかる人が減れば、ウイルスを撒き散らす人も減り、ウイルスを撒き散らす人も減れば、インフルエンザにかかる人も減る。
そのためにも、ぜひ気軽に摂取できるインフルエンザ予防接種を早々にリリースして欲しいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です