マンガ

出会って5秒でバトル:黒岩雅也をネタバレ解説

この記事は「出会って5秒でバトル」の登場人物である「黒岩雅也」を紹介し、その能力と謎についてネタバレ解説します。

出会って5秒でバトル:黒岩雅也をネタバレ解説

黒岩雅也のプロフィール

職業:ディーラー
所属:3rdプログラムの赤チーム副リーダー
備考:眼鏡をかけて黒スーツを着ている男性。
計算高く冷酷な性格。
幼少期からの相棒の大神一を「イチ」と呼んでいる。
多くのプレイヤー達を能力によって自分の命令に忠実に従う奴隷にし、敵を襲わせていた。

能力名:高利貸し(こうりがし)

自分への貸しを取り立てることができる能力
自分の行動によって、助かったと思わせた相手を支配することができる。
そのため、相手に貸しを作らせるには、自ら相手に意識的に貸しを作るために動かないといけない。
支配できる時間や命令できる内容などは貸しによるので、黒岩に「命を救われた」という恩を売られた場合は、それに見合う「命がけの恩返し」を強制される奴隷になる。

見どころと活躍とその正体

3rdプログラムで白柳啓と戦ったシーン。
能力によって奴隷にしたプレイヤー達を使って啓を攻撃し、囲い込む。
啓に時間稼ぎで貸しを作らせ、右足を拘束し、瞬間移動させたところに奴隷を配置して捕獲した。
しかし、全て啓の計画通りで、緑チームのリーダーである白鷺勇人の「相手と平和的に交渉を行える能力」と思わされて反撃を受けた。
それによって雅也の負けは確定し、最後に自分はすぐに死ぬと啓に思わせるために奴隷を解放して大神の下へ啓を行かせ、その隙を見て優利を能力を封じた。
啓との能力と知力での戦いが印象に残ったシーン。

能力についての謎

黒岩がもっと弁が立つ人物または往生際が悪い人物だったら、啓にもっと貸しを作らせることができたように思える。
例えば、右足の拘束だけで済んで良かったとか、予想通りナイフでの攻撃で良かったなど、小さなことでも上手くやれば、次々と貸しを作らせることができそう。
また、もし相手が何をしても助かったと思わないタイプだった場合は、能力は発動できないのか。
黒岩の想像とかけ離れた思考回路を持つ相手と対峙した場合どう対処するのか気になる。

黒岩雅也に似ているキャラクター

登場作品:魔都精兵のスレイブ
能力:無窮の鎖(スレイブ)

似ているポイント:「無窮の鎖(スレイブ)」は、魔都精兵のスレイブに登場する羽前京香が、奴隷にした生命体の力を引き出して使役する能力。
一度この能力で奴隷にされた生命体は、基本的に死ぬまで京香の奴隷の状態になる。
相手を奴隷にして使役すること、基本的に死ぬまで奴隷であることが、黒岩の能力によって相手を奴隷にして使役し、「命を救われた」という恩を売られた場合は「命がけの恩返し」をすることに似ている。

まとめ

出会って5秒でバトル:黒岩雅也をネタバレ解説
楽しんでいただけましたでしょうか!

アニメはだいぶ展開が早く、原作の漫画と比べて呼吸が違う気がします。

ぜひ、事前にマンガも合わせせて読むをおすすめします。
そうするとまた違う絵が見えてくることでしょう。
この記事が皆さんの雑談の種になることを、祈ってます。それではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です