第1話ネタバレ

異世界拷問姫1話 ネタバレあらすじ解説

異世界拷問姫』の1話をネタバレしつつ、あらすじ解説します。

内容紹介@U-NEXT
実の父に殺されたカイトは異世界に召喚された。目覚めたカイトの前にいたのは「拷問姫」と恐れられる美少女・エリザベートだった。カイトはエリザベートから「執事」か「拷問」かの二択を迫られる。

ネタバレ前にU-NEXTで読む

U-NEXTは、他のマンガもラノベも小説も読めますし、色々な(エッチ含む)動画も見放題です。スマホでも見ることができるので、誰の目も気にせず読むことができます
31日間、無料期間中の解約は違約金なしです!

1分で『異世界拷問姫』のあらすじネタバレ解説

「殺せ!、殺せ!、殺せ!」荒野に不気味な声が響いています。

「?」その中で一人の少年が怯えています。

彼の心の中に「処刑される前に善行を成せ」という言葉が浮かびました。

場面は変わり、一人の少年が男から暴行を受けています。

「残念だったなぁ櫂人!楽にはさせてやらねぇよ!」男は少年に水をかけました。

「そうだお前…もう要らねぇよなぁ?」男は櫂人の首を絞め始めます。

こうなることは、櫂人には分かっていました。

彼は、今まで生きてこられたのが奇跡と思っています。

17歳と3ヵ月、それは気まぐれで扱われ、気楽に壊される人生でした。

櫂人は薄れゆく意識の中で、食肉にされることを知りながら、逃げることもできなかった家畜のような日々を思い返します。

それでも彼は心の中で(死にたくない死にたくない死にたくない)と叫んでいます。

こうして、櫂人は死にました。

意識を取り戻した彼は、古びたドームの中にいました。

(ここは…死の国とは思えないな…)彼は仰向けのまま見回します。

そこに1人の女性が現れました。

「残虐に凄惨に殺されし『罪なき魂』よ、これより貴様は従者として余に仕えよ」

彼女の名は「拷問姫」エリザベート・レ・ファニュです。

エリザベートは誇り高き狼にして、卑しき雌豚でした。

「改めて言う、余に仕えよ」

「断る」

随分と速い決断に、エリザベートは面食らいます。

櫂人は死体の山の映像を見ており、それが彼女の仕業だと思いました。

「もしや召喚されたとき、余の記憶でも見たか?」

「そんなことより…ここはどこなんだ?なぜ俺はここにいるんだ?」

何より彼は死んだはずでした。

「うむっその通り!貴様は確かに死んでいる」

しかし、彼はエリザベートに魂を召喚され、人形の体で新たに生を得たのでした。

「滅多に受けられる恩恵ではないぞ」彼女は櫂人に存分に喜ぶように言います。

「人形」と聞き、櫂人は自分の体を触り始めました。

彼の魂はエリザベートが造ったゴーレムの体の中に入っており、大魔術師にして技術者でもある彼女の逸品だと言います。

彼女の言葉が分かるのもそのせいでした。

丈夫さも折り紙つきで、体の半分を破壊されるまで不死でいられます。

「だが体格や髪色はなにも変わってないんだが」櫂人が突っこむと、「救いがたい間抜けか、貴様」エリザベートは呆れます。

生前の姿とかけ離れた体に魂を織り込むと、下手すれば違和感で狂うからです。

改めて彼女は従者になるように言いますが、櫂人に断られます。

「貴様は第二の人生を放り出し、そのまま死を望むのか?」

「ああその通りだ、俺はもう十分すぎるほど人に弄ばれる人生を生きてきた」

彼が学校に通えたのは数年で、あとは各地を転々としながら、父親の非合法な仕事を手伝わされました。

仕事が上手く回らなくなり、人材が必要でなくなった時点で殺されるという、隅から隅まで反吐の出る一生だったわけです。

今思えば、栄養失調と痛みで脳を回らなくされ、逃げる気力を奪われて殺されたと推測できます。

「俺はもう疲れたんだリタイアだ」櫂人は虚ろな目でエリザベートを見上げました。

「貴様には嫌でも我が執事を務めてもらう」

従者の召喚を続けていては、教会につまらない勘繰りをされかねないからです。

なにより、エリザベートには時間がありませんでした。

それは、皇帝を除き、13の悪魔と契約した騎士たちを惨殺しなければならないからです。

すると、巨大な馬に跨った騎士らしき者が現れました。

但し、それは騎士の従者で、元は人間だと言います。

そしてエリザベートはその従者を、「鉄の処女(アイアンメイデン)」で仕留めました。

その残虐ぶりに、櫂人は怖気づきます。

「貴様がどうしても死にたいと言うのならば仕方がない」

但し、再び殺す場合はエリザベートの方法で処理すると言います。

「どうする?選べ、執事か肉か」

「執事でお願いします」櫂人は即答するのでした。

異世界拷問姫』の感想と考察

いきなり不気味なシーンから物語は始まりました。

「殺せ!」とは穏やかでありませんね。

それは、主人公の運命を暗示していると思われます。

そして、いきなり凄絶なシーンとなりました。

その時、主人公の櫂人は完全に判断能力を失っていました。

抵抗する力も残っておらず、家畜のように殺されてしまいます。

それは彼が望んだことですが、心の奥底には「死にたくない」という本心が隠れていました。

それだからこそ、エリザベートは櫂人を召喚したのかもしれません。

可愛らしいいで立ちに対して、「拷問姫」とは真逆な感じがしました。

また、自分を「卑しき雌豚」と称することから、何かエロい雰囲気も感じられますね。

さらに、エリザベートは大魔術しにして、優れた技術者でした。

彼女は櫂人に見事な体を与えており、その腕前の確かなことが分かります。

但し、立派な体を貰っても、櫂人にとっては嬉しくもなんともありません。

それだけ、彼は生きることに疲れています。

一方、エリザベートは「拷問姫」の名に違わぬ残虐さを兼ね備えていました。

突然現れた騎士の従者を「鉄の処女」でじわじわなぶり殺しにします。

それを見せられたら、櫂人としても執事にならざるを得ません。

これもエリザベートの作戦だったのかもしれませんね。

まとめ

今回は『異世界拷問姫』についてあらすじをネタバレしつつ、感想、考察をまとめました。
第一話を読んで『異世界拷問姫』へ興味もってもらえたら、ぜひマンガで読んでみてくださいね。U-Nextならかんたんに続きを見ることができますよ!

この続きをU-NEXTで読む

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です