ニュース雑談

【海外ニュース】ネットでイキっている男は男らしさが欠如した脆弱な生物だと晒されてしまう・・・

男らしさを獲得できていない男は、他人に対して攻撃的になりメンタルヘルスを損なっていると、アメリカ ノースカロライナ州デューク大学の研究で示されました。

ネットでイキっている男は男らしさが欠如した脆弱な生物だと晒されてしまう・・・

デューク大学の研究者による2つの研究では、195人の学生と18歳から56歳までの391人の男性の無作為なグループをそれぞれ「男らしさ」についての見解を調べ、他人の意見から男らしさの感覚を得る若い男性は、他人に対して敵対的な行動を示す可能性が高いことがわかりました、「男らしくあるために感じる社会的圧力が大きいほど、より攻撃的になる」と述べています。

診断方法と結果

たとえば、特定の頭文字から連想する言葉をあげてもらう。
「き(k)」の文字を見せられた場合、「キス(kiss)」よりも「殺す(kill)」と言ったり、「ぶ(b)」の文字を見せられた場合、「ブロー(borrow)」よりも「ブラッド(blood)」と言ったりしていた。

しかも、この傾向がある人間は、研究中に研究員を脅すなど、攻撃的な態度もとっていたのである。

感想とまとめ

いつでも心に余裕を持つようにすることが、内外的にも男らしさとして見えるし、役立つということですね。
イキるのは逆効果。試験に出ますよ!

この記事があなたの雑談のネタになることを祈ってます!


これからの男の子たちへ :「男らしさ」から自由になるためのレッスン

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です