マンガ

『黙示録の四騎士』の前作『七つの大罪』【第13話】捧げる覚悟

バンがセネットの持つ短剣を気に入り奪い去ろうとしたとき、聖騎士ジュドが現れた。

5年前バンを捕らえた聖騎士だ。

メリオダスが現れた今、バンは不要と処刑するという。

一方そのころ、メリオダスはディアンヌと戦いを続けていた。

ディアンヌは我を一度取り戻すが、羊飼いの少年の鈴がなるとまた我を忘れている。

それもそのはず少年こそが、ふたりを惑わせる聖騎士ルインだった。

聖騎士ルインがエリザベスを錫杖で殴りたおすと、幻惑の元である鈴をエリザベスは口で切り取った。

我に返ったメリオダスは、ルインの腕を捻り上げるのだった。

『黙示録の四騎士』全話まとめ『七つの大罪』鈴木央先生の新連載! 『黙示録の四騎士』の全話をまとめます。 目次形式で、読みたい話しがわかりやすくまとめていきたいと...
黙示録の四騎士の前作!『七つの大罪』全話まとめ黙示録の四騎士を読んでる上で、前作の話や設定をすぐに思い出せるように、七つの大罪の情報をまとめていきます! 『七つの大罪』全話まとめ ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です