ネタバレ考察

「黙示録の四騎士」パーシバルはすでに聖杯を手に入れている説

この記事は週刊少年マガジンで連載中! 七つの大罪鈴木央先生の新作にして続編!
「黙示録の四騎士」について考察・妄想した記事です。

今回のお題は、ずばり!

パーシバルはすでに聖杯を手に入れている説

です。

「黙示録の四騎士」パーシバルはすでに聖杯を手に入れている説

この説は、アーサー王伝説に基づき、パーシバルは聖杯を探す役割をする、ということを前提にしています。

妄想

アーサー王伝説と聖杯伝説におけるパーシバルとは、どういう人物だったか。

それは、以下の記事で書きました。

「黙示録の四騎士」人物考察:パーシバルこの記事は、週刊少年マガジンで連載中!「黙示録の四騎士」の主人公パーシバルについて、基になっているアーサー王の伝説群からその人物を考察・...

その中で、今回は彼の、パーシバルの家族構成に注目してみました。

パーシバルの父はイロンシッドではなく、ペリノア王であり、パーシバルは王子であるのだとおもいますが、それよりもなにより、気になっている点それは、祖父です。

そうです。
じいじです。

あったかいじいじ。
蘇って!

のじいじです。

パーシバルの祖父の欄をみてください。

「黙示録の四騎士」人物考察:パーシバルこの記事は、週刊少年マガジンで連載中!「黙示録の四騎士」の主人公パーシバルについて、基になっているアーサー王の伝説群からその人物を考察・...

祖父:聖杯王(漁夫王)

え!?

せ、聖杯王なんだから、聖杯もっててもおかしくないじゃん・・・(震え声

しかも、聖杯でパーシバルに命を救われるという設定。

そして、パーシバルの祖父は第一話で死亡。
兜にしては大きくて不格好な器を兜として、持ち去るパーシバル。

この兜こそが、実は聖杯そのものなのではないか。

という説です。

旅をしても見つからない。
その理由はすでにもう手元にあったから。

大事なものはいつでもそばにある。
青い鳥みたなオチからの聖杯ゲットになるんじゃないかと考察・・・ではないですね
見出しつけたように妄想です!

ただ、それならあの象徴的な兜がある意味にもなるかなあ、と思います。

まとめ

今回は、パーシバルはもう聖杯を手に入れている説についてまとめました。
まだ妄想の域を出ませんが、みなさんはどう思いますか?

考察でなくても、いろいろな妄想を共有していただけるとうれしいです!

それではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です