最新話ネタバレ

最新話ネタバレ「エデンズゼロ」第128話:大切なもの

週刊少年マガジンで連載中「エデンズゼロ」第128話:大切なもののあらすじをネタバレ解説します。

前回のあらすじ

ワイズがミュラー博士を倒したが、ミュラー博士が起動した終末システムでフォレスタは大惨事になったのだった。

最新話ネタバレ「エデンズゼロ」第127話 終末システム週刊少年マガジンで連載中「エデンズゼロ」最新127話のあらすじをネタバレ解説します。 前回のあらすじ シキは魔械流重術の創始者ゼノリ...

ネタバレ解説

ここからは、結末、登場人物、あらすじ、感想と考察、まとめの順番で解説をします。
時間がない人は、結末だけ読んでもらえれば、次回に置いてかれずにすみますよ!
あらすじを読む際は、ぜひ、登場人物を一読して、イメージ膨らませてから読んでもらえるとうれしいです。

結末

ハーミットはミュラー博士との因縁に決着。
フォレスタの終末システム停止に成功したのであった!

登場人物

シキ、主人公。魔械流重術の使い手。【サタングラビティ】
レベッカ、ヒロイン。時をかける少女。【キャットリーパー】
ハッピー、猫型ロボット。ドラえもんじゃないよ。フェアリーテイルのハッピー。
ワイズ、天才博士。アイアンマン。【マキナ・メイカー】
ホムラ、四煌星和装剣士。ピンチになりがち。【ソウルブレイド】

シスター、四煌星ロボット。エデンズの命。治療。
ハーミット、四煌星ロボット。エデンズの心。ハッキング。

ラグナ、元エレメント4。水の精霊。【ティアーズラバー】

ジン、サイボーグ。
クリーネ、ジンの妹。

あらすじ

崩壊へ向かう惑星フォレスタ

惑星フォレスタ地上。
シキと合流したレベッカたちは、必死になって脱出を試みる。

宇宙ステーションでは、ハーミットが終末システムを停止しようとするが、変態でも天才であるミュラー博士の構築したセキュリティが高度で、なかなかハッキングすることができずにいた。

熱くなるハーミットを、冷却システム代わりに冷やすラグナ。
水万能説。

ワイズは自分にもなにかできないかハーミットに問いかけるが「あなたには役割がある」と制止される。
「わたしがおかしくなったらあなたがわたしを壊して」
心からそうならないことを祈る。伏線でないことを祈る。フラグが折れることを祈る。

そんななか、ハーミットに語りかける声があった。
頭だけになっても生存しているミュラー博士だ。

この期に及んで助けを求めている。

ジンとクリーネについても「殺してない! 殺してないよ!」
と自分の正しさを主張する。

殺してないんだからいいじゃあないか、と。

ヒデェ記憶

そんなやり取りの中、クリーネを救うためにクリーネの記憶に飛び込んだシスターは、クリーネがおかしくなってしまった原因の記憶を見つけた。

目の前で、兄の、ジンの手足がもがれていく、切り刻まれていくさまを見せつけられ、発狂してしまったクリーネ。

「こんなヒデェ記憶俺がけしてやる」
シスターがその記憶にふれると、現実のクリーネは涙を流し、落ち着いた。

本当に大切なもの

「人間なんてクソじゃろ」と、機械の心を、ハーミットの心を理解したと、すりよるミュラー博士。
「助けて、殺さないで」
自分の悪行に恥じる様子もなくただひたすらに命乞いをする。
ハーミットは「たしかにね」とミュラー博士を抱きかかえる。
助けてもらえる!
ミュラー博士は「は~みっと~」うれしそうにこびた声を出すが、無意味。
ハーミットはセキュリティを解除するために、ミュラー博士の網膜をスキャンするためだけに、抱き上げたのだった。

そして、ミュラー博士の頭部を投げ捨て、殴りつける。
「二度と近づくな!」

でも、あなたに1つだけ感謝している、とハーミット。

「あなたのおかげで気づいたの。本当に大切な友だちの存在に」

そして、終末システムのウイルスはすべて駆除され、停止した。

もう一度なれるかな

地上では必死に暴走したシステムから逃げていたシキたちへの攻撃が止まる。
「機械たち、もとに戻ったのか?」
不思議がるシキに、レベッカは言う。
「この星でもう一度、機械と人間は友だちになれるかな」

感想と考察

機械と人間、もう一度友だちになれる日はきっとくるでしょう!
これは偽善でも理想でもなく、現実的な話です。

現実の、ぼくらの世界だって、世界大戦なんてお互いを人間と思わないような戦いをしてきましたが、いまでは友だちとして過ごしています。

ただ、これはあくまで時間がかかるということを忘れてはいけません。
なので、この星でもいつかは、友だちに戻ることもできるでしょうが、それは世代が交代するほどの年月が経つか、超常的な力による支配もしくは恐怖があってのことだろうとおもいます。

時間を巻き戻す力

これがあること前提だと、不幸があるために、「やり直せばいいんじゃね?」と考えてしまうのはよくないことかもしれません。
そういう意味でも禁忌の力でしょう。

これからも不幸が作品中であるたびに「やりなおせばいいんじゃね?」の呪縛からは逃れられません。
また、自分に直接的に不幸があるときには、やり直し、そうでなければ、やり直さない。

つまりは、幸不幸の、命の選別をしていることにもなってしまいます。

レベッカ。

いつそれに気づくのでしょうか。

人間はやり直しができるのなら、やり直さずにはおれないのです。

そう・・・スーパーロボット大戦のように!
攻撃が当たるまで何度もセーブアンドロードしちゃいますよね( ̄ー ̄)

まとめ

今回は、週刊少年マガジンで連載中ネタバレをまとめました!
ぜひ、マンガでも読んでみてくださいね!
マンガを読んだ上でのコメントや、考察お待ちしてます!

最新話ネタバレ『エデンズゼロ』第129話:たくさん笑う為に週刊少年マガジンで連載中『エデンズゼロ』129話:たくさん笑うためにのあらすじをネタバレ解説します。 前回のあらすじ ハーミットはミ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です