最新話ネタバレ

最新話ネタバレ『なれの果ての僕ら』55話:終焉をめぐって

週刊少年マガジンで連載中『なれの果ての僕ら』55話:終焉をめぐってのあらすじをネタバレ解説します。

前回のあらすじ

みきおの母と手を組み、未来殺しの犯人を探すネズ。
倉本は、ネズに対抗することを決意した。
その秘策とは?

最新話ネタバレ『なれの果ての僕ら』54話:日はまた昇る週刊少年マガジンで連載中『なれの果ての僕ら』54話:日はまた昇るのあらすじをネタバレ解説します。 前回のあらすじ ネズは恋人であった...

『なれの果ての僕ら』55話:終焉をめぐってのネタバレ解説

ここからは、結末、登場人物、あらすじ、感想と考察、まとめの順番『なれの果ての僕ら』55話:終焉をめぐっての解説をします。
時間がない人は、結末だけ読んでもらえれば、次回に置いてかれずにすみますよ!
あらすじを読む際は、ぜひ、登場人物を一読して、イメージ膨らませてから読んでもらえるとうれしいです。

『なれの果ての僕ら』55話:終焉をめぐっての結末

ネズは一通りのアリバイ確認を終える。
倉本の提案で、一同は屋上へ証拠品探しに出るのだった。

『なれの果ての僕ら』55話:終焉をめぐっての登場人物

残り17人。
あと2人が・・・ぬ。

死者候補

出席番号:名前、特徴
2:雨宮鈴子、元いじめられっこ。垢抜けた。
3:安藤いろは、おさげのメガネ。
5:犬飼陽一、野球部。ボウズ。
6:及川龍雄、ぬぼっとしてる。
8:梶原絃、美少年。
11:黒田大輝、坊や。
13:早乙女菊也、オラついてる。いいやつ。
17橘公平、委員長。メガネ。
22:葉月依利奈、元長谷部の恋人。気丈。
23:水野カイト、先生LOVE。
25:山口茉莉花、毒女。

事件解決後生存確認者

出席番号:名前、特徴
7:小山内彩、元いじめっこ。
10:倉本由美、元いじめっこ。
15:真田透、主人公。ネズ。正義感がこの実験で歪んでしまった。
20:月岡小紅、黒髪ロング。根暗。
24:溝口隼也人、気弱なおちびさん。

その他

夢崎亜夜子、首謀者みきおの母。サイコパスな心理学者。
桜庭橋子、先生。三十路独身。

『なれの果ての僕ら』55話:終焉をめぐってのあらすじ

外部へ連絡する手段

倉本と安藤は、ネズが犯人を特定するまえに、警察に連絡する方法を検討する。

安藤は、「外部にシグナルを送る」というキーワードで、利用できるものが思いついたようだった。

安藤は、ちらりと、教室の窓に目をやる。
(いける・・・!!)

未来殺しアリバイ調査

@教室
安藤が自分の計画の実効性について確信したところで、
「未来が殺されたのは21時半以降だ」と、ネズは断定した。

ネズは、
そのあと、クラスメイトたちにアリバイを聞いて回る。

水野は、自然死説を熱心に訴える。
その様子を疑うネズ。

ネズは、アリバイの中で特に次の時間を気にしていた。
ネズがみきおの死体を見つけてから、未来の死体を見つけるまでの時間だ。
「意味がないかも」
と小山は言った。

なぜなら、めまいがして、廊下で座り込んでいて、
ネズたちが屋上にあがるまでの間に、誰も屋上へ上がるのを見なかったからだという。
そして、倉本は、小山の介抱でいっしょにいたため、その発言は真だという。

するとネズは取り乱す。

「未来はたしかに殺されたんだ! そうでなきゃ辻褄があわない!」

それなら、と。

倉本がいった。
「屋上へ行ってみない?」
証拠が見つかるかも。

ネズは了承した。

@取調室
記者は確認したアリバイでは、未来は自然死のように思える。
しかし、ネズしかしらない情報が、自然死ではないという確信をネズにあたえていたのだと。

ネズは笑い、倉本を讃え人の変化に感心した。
「あんな度胸があるなんてな」

記者は、話を戻す。
ともあれ。
事件は終着点・・・
「夢崎みきおの実験が本当に終わる時へ向かい始めた」と。

『なれの果ての僕ら』55話:終焉をめぐっての感想と考察

見取り図もでてきて、ここにきて急にミステリーテイストが出てきましたね!
まだ、未来殺しの犯人も、動機も、方法もわからない状態なので、それぞれについて考察していけたらと思いますし、それをかんがえるとたのしくなりますね。

A班、B班、C班、D班。

みなさんはどの班に犯人がいるとおもいますか?

もし、これをミステリーだと考えるなら、
水野がいう、自然死、や、第三者の犯行はルール違反なので除外できます。

論理パズルみたいなものなので、
アリバイについては、ひとりひとり検証しても真か偽かはわからないので、
証言と証言の組み合わせで、判断するしかないわけですよね。

あるいは、まだ判断できない情報を整理することが大事だとおもいます。

たとえば、早乙女と小山の自分たちが廊下にいたから、
その間、廊下を通ったやつはいないということは、ほかの誰かが証明できることではないので、うのみにするのははやいです。

小山の話は、倉本が証明していますが、
倉本はネズを屋上につれていきたいという動機があるので、
ほんとうに介抱していたかという点で疑問がありますしね。

次回もたのしみですね!

『なれの果ての僕ら』55話:終焉をめぐっての考察用メモ

見取り図(西校舎)

渡り廊下(至る東校舎)

__________________5-4
女子トイレ
男子トイレ
手洗い_____________5-3
図書室_____________5-2
準備室倉庫
階段下り
階段屋上___________5-1
__________6-5
_________6-4
調理実習室_________6-3
準備室|手洗い
女子トイレ
男子トイレ
階段下り
階段_______________6-2

5-1→調理実習室→5-2(21時50分)
葉月+早乙女
調理実習室内、葉月
調理実習室外、早乙女「20分の間廊下を通ったやつはいない」

5-1→東校舎→バラバラ
水野・犬飼・溝口

21:50
A班+早乙女・葉月合流
そのあと
ネズ+黒田→東校舎(渡り廊下
遭遇
犬飼→西校舎(渡り廊下

そのとき
早乙女、B班の5-1に戻った
安藤、同意

山口「石井といっしょに5-2にいた」

水野、必死に自然死説を訴える。
小山、「ずっと廊下にいた。ネズたちの前後に屋上へいったひとはいない」
倉本、「ずっといっしょにいて介抱していた」

『なれの果ての僕ら』55話:終焉をめぐってのまとめ

今回は、週刊少年マガジンで連載中『なれの果ての僕ら』55話:終焉をめぐってのネタバレをまとめました!
ぜひ、マンガでも読んでみてくださいね!
マンガを読んだ上でのコメントや、考察お待ちしてます!

最新話ネタバレ『なれの果ての僕ら』56話:少年時代週刊少年マガジンで連載中『なれの果ての僕ら』56話:少年時代のあらすじをネタバレ解説します。 前回のあらすじ ネズは一通りのアリバイ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です