最新話ネタバレ

最新話ネタバレ「なれの果の僕ら」66話:ジーキル博士とハイド氏

週刊少年マガジンで連載中「なれの果の僕ら」66話:ジーキル博士とハイド氏のあらすじをネタバレ解説します。

前回のあらすじ

坂本殺しと未来殺しは、葉月の落としたヘアピンでつながっていたのだ。
みきおを殺して、屋上へ避難していた未来は、落ちていたヘアピンから坂本殺しの犯人が葉月だと
気づいてしまう。
殺人犯同士。
正当防衛同士。
下へ戻ったみんなに話しましょう、という未来に、葉月は胸が締め付けられる思いだった。

最新話ネタバレ「なれの果ての僕ら」65話:夜と霧週刊少年マガジンで連載中「なれの果ての僕ら」65話:夜と霧のあらすじをネタバレ解説します。 前回のあらすじ 早乙女がなぜ葉月のために...

「なれの果の僕ら」66話:ジーキル博士とハイド氏のネタバレ解説

ここからは、結末、登場人物、あらすじ、感想と考察、まとめの順番「なれの果の僕ら」66話:ジーキル博士とハイド氏の解説をします。
時間がない人は、結末だけ読んでもらえれば、次回に置いてかれずにすみますよ!
あらすじを読む際は、ぜひ、登場人物を一読して、イメージ膨らませてから読んでもらえるとうれしいです。

「なれの果の僕ら」66話:ジーキル博士とハイド氏の結末

未来の遺体といっしょに銃がある。
そんな事実よりも、ネズはとにかく未来の最後の状況を知りたかった。
そして、知った上で、犯人である葉月を早く殺したかった。
追い詰められた葉月は、
未来を殺した夜の出来事を回想した。
未来を突き飛ばしてしまったこと。
未来が銃をもっていて、落とした銃を拾おうとしたこと。
なぜか、恐怖に駆られ、その未来を死ぬまで蹴り飛ばし続けてしまったことを、だ。

「なれの果の僕ら」66話:ジーキル博士とハイド氏の登場人物

残り17人。
あと2人が・・・ぬ。

死者候補

出席番号:名前、特徴
2:雨宮鈴子、元いじめられっこ。垢抜けた。
3:安藤いろは、おさげのメガネ。
5:犬飼陽一、野球部。ボウズ。
6:及川龍雄、ぬぼっとしてる。
8:梶原絃、美少年。
11:黒田大輝、坊や。
13:早乙女菊也、オラついてる。いいやつ。葉月が犯人だと知った上でかばっていた。
17橘公平、委員長。メガネ。
22:葉月依利奈、元長谷部の恋人。気丈。坂本殺し、未来殺しの犯人。
23:水野カイト、先生LOVE。
25:山口茉莉花、毒女。

事件解決後生存確認者

出席番号:名前、特徴
7:小山内彩、元いじめっこ。
10:倉本由美、元いじめっこ。
15:真田透、主人公。ネズ。正義感がこの実験で歪んでしまった。
20:月岡小紅、黒髪ロング。根暗。
24:溝口隼也人、気弱なおちびさん。

その他

夢崎亜夜子、首謀者みきおの母。サイコパスな心理学者。
桜庭橋子、先生。三十路独身。

「なれの果の僕ら」66話:ジーキル博士とハイド氏のあらすじ

桐島未来の遺体は、調理実習室にある。

葉月は言った。

自分がやったことの説明をするためにも、
遺体のある場所へ行ったほうがわかりやすい、と。

もっともらしい。

なにも不自然な提案ではない。

ネズは考えた。
乗るべきか、反るべきか。

巡らせていると、「行っちゃダメよ」と声。

みきおの母、夢崎亜夜子である。

ノートパソコンから音声で状況へ参加していた彼女は、なぜ葉月が調理実習室の、未来の遺体のところへ向かいたいのか、その理由を看破した。

銃。

みきおが持っていた小径のもうひとつの銃。

それを遺体に隠しているから。

だから、葉月は、この状況を打破するため、移動したいのだ、と。

ネズは夢崎亜夜子の助言には感謝したものの、協力関係は終わりだと告げた。

夢崎亜夜子はそれに反論した。
「復讐を特等席で見せてくれる約束だった」と。

ネズも、それに納得し、復讐を終えるまで、
協力関係の継続に納得した。

そして、すぐに犯人である葉月を殺して終わりにしたいところだが、未来の最後を知るまで、殺すことはできない、すこし生かしてやるから、早く話せ、と葉月に凄む。

葉月は、未来を殺した夜のやり取りを思い出す。
未来は、葉月が坂本を殺したことを知り、ほっとしたのだといった。
殺したのが自分だけでなくて、心強いと。

だから、葉月の手を取り、みんなのもとへ一緒に戻ろうとした。

が、しかし。
葉月は拒絶する。思わず力を込め、未来を突き飛ばしてしまう。

突き飛ばされた未来は、
落とした銃を拾おうと手を伸ばした。

その姿に恐怖に駆られ、未来を蹴り続けた。
何度も何度も蹴った。

内蔵破裂を疑われた相手の、女性の腹を蹴り続けた。

そして、未来は動かなくなったのだった。

「なれの果の僕ら」66話:ジーキル博士とハイド氏の感想と考察

未来が、葉月に坂本殺しを確認したのはなぜか。
今回答えがでましたね。
やはり、未来もみきお殺しで、しかたがなかったからとはいえ、
罪悪感にとらわれていたようです。

それを信頼できる友人である葉月と共有できるのならしたかったのでしょう。
実際、坂本殺しの件を知り、未来は「怖かったの」「あなたが一緒だから平気」と言います。

しかし、葉月は平気ではなかった。

社会的地位について、とかく気にしているような描写が多い葉月。
みんなが知らない、最近の彼女の人生はどんなものだったのでしょうか。

そこらへんも合わせて語ってほしいものですね。

「なれの果の僕ら」66話:ジーキル博士とハイド氏のまとめ

今回は、週刊少年マガジンで連載中「なれの果の僕ら」66話:ジーキル博士とハイド氏のネタバレをまとめました!
ぜひ、マンガでも読んでみてくださいね!
マンガを読んだ上でのコメントや、考察お待ちしてます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です