異世界転生

リアリスト魔王による聖域なき異世界改革

リアリスト魔王による聖域なき異世界改革」の1話をネタバレしつつ、あらすじ解説します。

内容紹介@U-NEXT
【原作小説が好評発売中の異世界魔王英雄譚、ついにコミック化!実力派の漫画家・鈴木マナツによる、緻密で大胆な作画に注目!】「小説家になろう」にて連載半年で1,000万PV数を記録し、電撃の新文芸より小説版が好評発売中の異世界魔王譚のコミカライズ版が始動!現実主義者の最弱魔王が、参謀のメイド魔族と混迷した世界を再構築する!◆あらすじ◆72の魔王が跋扈する混沌とした世界に、72番目の魔王として転生したアシュタロト。そんな彼の前に突如謎の女神が現れ、この世界を改革するようアシュタロトを導く。初めに召喚したメイド兼参謀の魔族・イヴを従え、現実主義者(リアリスト)魔王の伝説がはじまる!

ネタバレ前にU-NEXTで読む

U-NEXTは、他のマンガもラノベも小説も読めますし、色々な(エッチ含む)動画も見放題です。スマホでも見ることができるので、誰の目も気にせず読むことができます
31日間、無料期間中の解約は違約金なしです!

1分で『リアリスト魔王による聖域なき異世界改革』のあらすじネタバレ解説

いつの世も、人間は争うものです。

この異世界においても知的生命体が行き着く先は戦争です。

72人の魔王が君臨したこの世界で、覇が称えられるのでした。

「隠し部隊を後方に迂回させて挟み撃ちか…」アシュタロトは困った素振りを見せます。

「もうじき俺の部下どもがここになだれ込んでくるぞ、おまえのコアを破壊しにな!」獅子魔王が勝ち誇っています。

アシュタロトの城には塀がなく、一人の兵士もいませんでした。

彼の城は元より機能しておらず、陥落は目に見えています。

するとアシュタロトは手を上げ、獅子魔王の遠視をジャックしました。

空には最新映像が映っており、落とし穴に落ちた獅子魔王の兵士らの姿があります。

守りの手薄なところを攻めるのは常套手段であり、アシュタロトはわさと城の裏手の工兵を減らしていいました。

そして、そこに落とし穴を掘らせたわけです。

「まんまとはまってくれたな、Fランクの魔王殿!」アシュタロトは得意顔です。

そして彼は部下たちに命令し、コボルトらを蹴散らすように言います。

獅子魔王は、伏兵がいたことに驚きました。

それは、アシュタロトが残しておいた人狼部隊です。

しかも、率いているのは人間でした。

(何故これだけの軍勢を保有している?)獅子魔王は納得できません。

それは彼が、アシュタロトは生まれたばかりの最弱魔王だと思っていたからです。

場面は変わり、アシュタロト城でメイドのイヴがお茶を淹れています。

そこに「イヴ、早速戦略会議だ」とアシュタロトが戻ってきました。

戦略会議と言っても、イヴとアシュタロトの二人だけです。

「存分にお使いください、アシュタロト様」イヴは夜伽でも自害でも完遂する覚悟です。

「…挺身も厭わないか、その忠誠心さすがメイドだな」アシュタロトは感心します。

「だがけっこう、君は秘書官として注力してくれ」彼は先ず、城の拡張を図る考えです。

イブは素材を確保するため、城に農場を新設することを提案しました。

城下町を拡張して人口を増やし、税収を増やすことが肝心だからです。

そして軍隊を召喚して、素材を採取あるいは略奪させるのが常套手段だと彼女は続けました。

「よし略奪だ、それが手っ取り早い」アシュタロトが応えます。

現在、彼の城には二人しかいません。

軍団を拡張すれば城の防備も固められて、一石二鳥となります。

そこでイヴに召喚を指示しました。

召喚とは壺の中に素材を投入し、兵を作ることです。

(まるでゲームだな)と思いながら、アシュタロトは素材を投入しました。

すると、骸骨戦士たちが次々に現れ、ウッド・ゴーレムの戦士も出現しました。

「これで兵士は揃ったな」一部は城の中や城下町の警備に当たり、残りは手元に置いて戦力として活用します。

「さて、ほかの魔王の城に侵略するか、周辺を探索して情報と素材を集めるか…」アシュタロトは逡巡します。

「ところで、この世界には人間もいるのか?」

「はい、それぞれに王国を持っています」イブは、人間どもが力を合わせれば、自分たちが圧倒される恐れがあると答えます。

「この世界だと定番だが、勇者はいるのか?」

「はい、各魔王に【特攻】のスキルを持った勇者が72人存在します」

各魔王は自分の配下を各地に配置し、勇者狩りさせていました。

(勇者か…)アシュタロトの頭の中に、ある異世界のシーンが甦ります。

そこでは‟ゲーム‟と呼ばれる遊戯がありました。

ゲームの物語では魔王が悪役となり、勇者に倒されていました。

最強の力を持つ魔王が倒されるのは、魔王が「舐めプ」をしているからです。

魔王は、勇者の住む村の付近では弱い魔物を配置しています。

それは、まるで経験値を稼いでくれといっているようなものです。

それはアシュタロトにとって、愚策でしかありません。

その時彼は城の中に、勇者専用の装備が眠っていることに気づくのでした。

リアリスト魔王による聖域なき異世界改革』の感想と考察

人間はいつの世にも争うもので、それは異世界でも同じですね。

力を持つ者が覇権を広げようとする一方で、それを称える者たちも大勢いるわけです。

新に魔王となったアシュタロトも、覇権を広げている最中でした。

そこに獅子魔王が立ち塞がり、アシュタロトを挟み撃ちにしています。

彼の城には塀がなく、守る兵士も見当たりません。

将に絶体絶命のピンチにあると言えます。

それでも、何処かアシュタロトには余裕が見られました。

彼は獅子魔王の遠視をジャックし、最新映像を見せました。

獅子魔王の能力をジャックできるなんて、アシュタロトは只者ではありませんね。

空に映し出されたのは、巨大な落とし穴の映像でした。

獅子魔王は、一体何が起こったのか分かりません。

それだけ、自分の作戦に自信を持っていたからです。

ところが、アシュタロトの方が一枚も二枚も上手でしたね。

わざと守りを手薄にして、獅子魔王の兵士をおびき寄せたわけです。

城に戻った彼は、早速次の作戦会議を立てます。

新魔王にとっては、休んでいる暇はないのでしょう。

それにしても、召喚によって兵士がいくらでも手に入るのは大きな強みですね。

何より、メイドのイブの存在が力強い限りです。

まとめ

今回は『リアリスト魔王による聖域なき異世界改革』についてあらすじをネタバレしつつ、感想、考察をまとめました。
第一話を読んで『『リアリスト魔王による聖域なき異世界改革』』へ興味もってもらえたら、ぜひマンガで読んでみてくださいね。U-Nextならかんたんに続きを見ることができますよ!

この続きをU-NEXTで読む

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です