第1話ネタバレ

聖女二人の異世界ぶらり旅1話 ネタバレあらすじ解説

聖女二人の異世界ぶらり旅』の1話をネタバレしつつ、あらすじ解説します。

内容紹介@U-NEXT
聖女として異世界に召喚された仲良しOL、真紀と千春。各地の浄化を頼まれた二人は……ご当地のお酒に美味しい料理、それから温泉! 聖女のお仕事も頑張りつつ、特産物を目当てに異世界観光の旅に出る!

U-NEXTは、他のマンガもラノベも小説も読めますし、色々な動画も見放題です。スマホでも見ることができるので、誰の目も気にせず読むことができます
31日間、無料期間中の解約は違約金なしです!

U-NEXTはこんなにお得!
  • 31日間の無料のお試しキャンペーンがある
  • 無料期間に600円分のポイントが使える
  • 57万冊以上のマンガや書籍もラインナップ
そしてなんと! 
購入した書籍にかかったポイントの最大40%! ずっと還元!

ネタバレ前にU-NEXTで読む

1分で『聖女二人の異世界ぶらり旅』のあらすじネタバレ解説

ある日会社の同僚である千春と真紀は仕事帰りに待ち合わせをして食事へ。

丁度ふたりとも彼氏に振られてしまっていてやけ酒やけ食い状態。

でもたらふく飲んで食べて悪口さんざん言ったおかげですっきりした2人は、気分良くお店を後にするも2人を待ち構えていたのは、異世界への入り口でそこにへ飲み込まれてしまった。千春と真紀は日界と呼ばれる異世界へ召喚されてしまった。

日界は、人間・獣人・エルフ・鳥人が住んでいる世界だが闇界からあふれ出る瘴気に苦しんでいた。ダンジョンからは魔物も出てくる為、危険な状態で瘴気が厳しくなるとなぜか地球の日本から女性を召喚していた。ただ今回は2人が召喚。長年召喚されていなかった。今まで召喚されてきた女性たちは、日本がまだ戦争をしている最中かその前位の時代の女性のせいか、人間以外は受け入れてもらえず、王国だけの浄化作業だったが、酔っぱらっていた二人は、獣人がもふもふで真紀は実家にいる犬を思い出し大喜びな様子をみて簡単に受け入れてくれたことにびっくりをしていた。

召喚された千春と真紀は、しこたまお酒を飲んでいた状態で召喚された為、案の定吐いて寝てしまった。寝てしまった二人の前髪をあげ額に聖女の印を確認された。王に二人とも聖女であることを告げ早く瘴気浄化へと提言する家臣をおさえしばらく落ち着くまで待つことになった。朝起きて味噌汁が出されたことで自分たち以外にも召喚された人がいたことを真紀と千春は思った。そして侍女たちが緑茶の話をしていたら真紀がちょっとだけ知っていた緑茶の作り方を教えたことで特許料が入ってくるようになった。

その後王と話をした二人は召喚を受け入れ国の内情や歴史を勉強することにした。移動に飛行船を使うことも飛行機に乗ったことがあるふたりは快く承諾した。

たまに子供の頃から町に遊びに行っていたエドウィンに案内され街にでかけたり町の人達と知り合ったりした。

生活費などは国が出してくれることになっていたが、もともと社会人だった二人は、自分たちで稼ぐことを選んだ。聖女の印である魔石を売ったり真紀が提案した緑茶の作り方の特許やエドウィンを通して知り合った飲み屋のおかみを通じてバイトをしたりして貯金を頑張った。その貯金も1000万まで調達ができた

真紀と千春がきたことで王がいる国は、瘴気から浄化されていた。

王と話をしているところに鳥人がきた。二人いるからと千春をさらおうとしたが、真紀に思いっきりキックをされ、鳥人の国にもいつか行くことを約束した2人。翌日聖女みたさに鳥人がたくさん集まりみな喜んでいた。長は真紀をかかえて空をとんだ。聖女と一緒に空を飛びたいと願って。

そしてお披露目会を開催することで各国から客が集まるも、もともと聖女をよく思っていない内陸の王族は、ついたその日に千春と真紀に悪態をついた。南国の姫と遊んでいる際に額から落ちた魔石は汚れているとさらにののしり、お披露目会の際にも汚れた存在と大勢がいる前でののしった。真紀から自分たちは働けばなんでも買える自由な国から来た事。そして自分たちの意志できたわけでなかった事、そして自分たちの家族を返してほしいと内陸の王族に訴えた。そして聖女を罵ったことで交流不可を各国から言い渡されてしまった。

瘴気がもともと少ない内陸の国だが、交流不可は流通が止まってしまうことをわかっていない二人を王は心配していたが、この国々にとって聖女がいないと瘴気を浄化できないので、これはしょうがないと。王族の二人がその意味を気が付いてほしいと思った。

そのころ真紀と千春は鳥人の協力のもと瘴気浄化の旅にでた。

聖女二人の異世界ぶらり旅』の感想と考察

この作品の作者はカヤさんという方が書いています。カヤさんの作品で「転生幼女はあきらめない」と出会ったことでカヤさんにはまりました。その後カヤさんの作品もとめて色々読んでいます。この作品も大好きでこの漫画の原作も小説を読もうに投稿されていていますのでずっと読んでいました。

内容とかその後どうなるかも知っているんですが、漫画で読むのもとても楽しいです。コミックの1巻もメチャコミで買って読んでました。

第1巻は、召喚される前の真紀と千春が召喚されて結局二人で旅たちをしてしまう前のことがメインで書かれています。

もう二度ともといた世界に戻れないと分かった二人は、お金がしっかり支給されるのに手を付けずに自分たちで稼いだり特許をもらったりしっかり貯金までしていました。

その金額も1000万までためたのには驚きました。

行動力ある真紀とちょっと天然が入った千春はコンビ的には最高で読んでいてハラハラする部分もあるけれど、安心して読める作品なんですよね。

結局内緒で旅たちをしてしまって迷惑をかけてしまうのですが、もともと好きで来たわけではないし、お酒とおいしい食べ物を求め瘴気浄化の旅にでた真紀と千春の楽しい異世界ライフに目がはなせません。

まとめ

今回は『聖女二人の異世界ぶらり旅』についてあらすじをネタバレしつつ、感想、考察をまとめました。
第一話を読んで『聖女二人の異世界ぶらり旅』へ興味もってもらえたら、ぜひマンガで読んでみてくださいね。U-Nextならかんたんに続きを見ることができますよ!

この続きをU-NEXTで読む

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です