マンガ

終末のワルキューレ4話ネタバレあらすじ解説

終末のワルキューレ4話」をネタバレしつつ、あらすじ解説します。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
『終末のワルキューレ』(しゅうまつのワルキューレ、英題:Record of Ragnarok)は、梅村真也原作、フクイタクミ構成、アジチカ作画による日本の漫画。コアミックス(旧ノース・スターズ・ピクチャーズ)の月刊誌『月刊コミックゼノン』にて、2018年1月号より連載中。スピンオフ作品として、本作に登場する呂布奉先を主人公にした『終末のワルキューレ異聞 呂布奉先飛将伝』が、同誌にて2019年12月号から連載中。

人類滅亡を決めた神々と、それを覆そうとする戦乙女によって選出された人類の英傑たちによるバトル作品。連載開始直後から話題となり、2018年5月に発売された単行本第1巻は発売直後から品薄となったため、大量重版となっている。また、同年9月に単行本第2巻が発売された際には、アジチカが第1話をすべてTwitterで公開したことから、読者を大きく増やした。2020年12月時点で累計発行部数は500万部を突破している。

U-NEXTはこんなにお得!
  • 31日間の無料のお試しキャンペーンがある
  • 無料期間に600円分のポイントが使える
  • 57万冊以上のマンガや書籍もラインナップ

ネタバレ前にU-NEXTで読む

U-NEXTは、他のマンガもラノベも小説も読めますし、色々な動画も見放題です。スマホでも見ることができるので、誰の目も気にせず読むことができます
31日間、無料期間中の解約は違約金なしです!

1分で『終末のワルキューレ4話』のあらすじネタバレ解説

ビッグバン以来の興奮

トールのヤールングレイプル。
トールの最強の防具を、呂布の武器が打ち壊した。
人類初の神超え。
これもすべて
神器錬成(ヴェルンド)の力である。

ゼウスは興奮する
「謀反!」
「全宇宙創造以来の興奮じゃー!!!」

伝説の誤り

鉄の手套(ヤールングレイプル)を失い
ミョルニルを落とす、トール。

しかし、会場のほとんどの人、神は勘違いをしていた。

ミョルニルの力から、トールを守るために
鉄の手套をしていたのではないのだ。

トールの力から、ミョルニルを守るために、
必要だったのだ。

トールの手から離れたミョルニルは脈打ち、
大地を溶かす。

トールは言う。
「起きたか」

ミョルニルは覚醒し、真の力を取り戻した。
ここからが本番なのだ。
「死ぬなよ」
挑発するトールに、呂布は喜々とする。

エインヘリヤル(神殺しの13人)

13vs13
人類vs神々

とうとうその13人が出揃い開示される。

人類
 始皇帝
 レオニダス王
 ニコラ・テスラ
 佐々木小次郎(3回戦)
 ジャック・ザ・リッパー(4回戦)
 アダム(2回戦)
 雷電為右衛門(5回戦)
 沖田総司
 グレゴリー・ラスプーチン
 ミシェル・ノストラダムス
 呂布奉先(1回戦)
 シモ・ヘイヘ
 坂田金時

神々
 ゼウス(2回戦)
 釈迦
 ロキ
 アポロン
 ポセイドン(3回戦)
 スサノオノミコト
 ヘラクレス(4回戦)
 トール(1回戦)
 毘沙門天
 アヌビス
 オーディン
 ベルゼブブ
 シヴァ(5回戦)

終末のワルキューレ4話』の感想と考察

さあさあ、出揃いましたエインヘリヤル!
神13vs人13

2021年時点だと、まだ5開戦なのであくまで予想となりますが
最終戦は、神はロキなんじゃないでしょうか。

で、ラグナロクっていうのは
もともと巨人族との戦いのことなので、
ロキの裏切りから、神vs人ではなく
神+人連合軍vs巨人
に切り替わり、
最終的には、巨人のスルトの炎の剣で
世界は、プラチナエンド(最終回の全滅エンド)する・・・とか!

まとめ

今回は『終末のワルキューレ4話』についてあらすじをネタバレしつつ、感想、考察をまとめました。
終末のワルキューレ4話』へ興味もってもらえたら、ぜひマンガで読んでみてくださいね。U-Nextならかんたんに続きを見ることができますよ!

U-NEXTはこんなにお得!
  • 31日間の無料のお試しキャンペーンがある
  • 無料期間に600円分のポイントが使える
  • 57万冊以上のマンガや書籍もラインナップ

この続きをU-NEXTで読む

登場人物

ワルキューレ13姉妹

 ブリュンヒルデ、戦乙女13姉妹 長姉

声 – 沢城みゆき
戦乙女の長姉。かつて身体を人間にまで落とされた経験から人類との繋がりが深く、神々にラグナロク開催を提唱する。普段は凛とした佇まいをしているが、感情が高ぶると粗暴な表情や口調を見せ、動揺すると特製のサルミアッキパイをやけ食いする。
ラグナロクでは人類代表の闘士達の出場の出番や、彼らの相棒となる戦乙女達の采配を行う。戦乙女達の消滅を見ても哀しみをあらわにすることは無く冷酷なまでに振る舞うが、一方で1人になると消滅した闘士やヘラクレスを思い涙する一面を見せる。

 ゲル、戦乙女13姉妹 末妹

声 – 黒沢ともよ
戦乙女の末妹で、見習い戦乙女。長姉であるブリュンヒルデに付き従っている。ボクっ娘で、語尾に「っス」とつける特徴がある。

 ランドグリーズ、戦乙女13姉妹 四女

戦乙女の四女。初戦がトールであると思ったブリュンヒルデの命によって呂布の方天戟に神器錬成し、「盾を壊す者」の名の通り、ヤールングレイプルの片方を砕く力を発揮するが、トールの覚醒雷槌によって破壊され、呂布と共に消滅した。

ギリシャ

 ゼウス、ヴァルハラ評議会議長

声 – 高木渉
ギリシャ神話の最高神で、神々の中でも屈指の権力を持っており、ヴァルハラ評議会の議長も務めている。「全宇宙の父(ゴッドファーザー・オブ・コスモス)」という異名を持つと同時に神々の中でも一二を争う戦闘狂であり、「戦闘愛好嗜虐変態神(エロジジイ)」とも呼ばれてる。
本来は最後の試合に出場予定だったが順番を待ちきれずに出場予定だったシヴァに駄々をこねて譲ってもらい第二回戦に出場した。 アダムとの戦いの後は死闘のダメージが濃く残っていたため療養していたが、ポセイドンの消滅後に来たロキとシヴァに対して、アレスとヘルメスらと共にポセイドンの敗北を自身らで返したいからと、4回戦にギリシャ神を出させて欲しいと頼んだ。
普段は細身で小柄の老人だが、戦闘時は筋肉が肥大し見上げるほどの巨漢へと変貌する。武器は使用せずに自身の身体のみで闘い、その拳は音速を超える。肥大化した筋肉を自ら絞り上げ、極限まで圧縮することにより「阿陀磨須」という最終形態になれる。
大昔の神々によるテーバイへの進軍時には、ヘラクレスとアレスの戦いを自ら乱入して止め、ヘラクレスを地上に置いておくと面倒であることと、ヘラクレスが正しき者の味方でいたいという2つの理由から、ヘラクレスに対して神になるよう提案をした。

 ヘルメス、オリンポスの12神がひとり。

神々の伝令使、とりわけゼウスの使いであり、旅人、商人などの守護神である。能弁、境界、体育技能、発明、策略、夢と眠りの神、死出の旅路の案内者などとも言われ、多面的な性格を持つ神である。

北欧

 ヘイムダル、終末の番人。レフリー役。

「終末の番人」と謳われる北欧神話の神。闘士の紹介と試合の司会進行を務める。彼の吹くギャラルホルンが試合開始の合図となる。

 トール、雷の狂戦士(バーサーカー)。

声 – 緑川光
オーディンの息子で、北欧神話最強と謳われる戦神にして「雷の狂戦士」の異名を持つ雷神。武器は身の丈を上回る巨大な戦槌・ミョルニル。普段はヤールングレイプルを身に着けて使用しているが、これは彼自身の力を抑え、覚醒する前のミョルニルを握り壊さないための役割を果たしている。かつて故郷アースガルズに侵攻した66体もの霜の巨人の侵略軍を独力で殲滅した功績を持つが、当の本人はそれすらも退屈と感じていた。戦いに飢えているがその圧倒的な実力を揮う機会が得られずにいた。それ故にラグナロクが決まった時にはブリュンヒルデへ「楽しませろさもなくば殺す」と脅した。ラグナロクの初戦に出場し、自身と互角に戦う呂布の強さの前に自身の好敵手と認め、彼の強さに喜びを見せ人間にするには惜しいとまで評価し、全力を出す時は初めて呂布を名前で呼ぶ。そして呂布に「死ぬなよ」と頼み、「覚醒雷槌」を受けてもなお立ち上がった呂布に笑みを出した。呂布に勝利した後、乱入した陳宮や赤兎馬ら呂布軍の兵士達が挑んできた時には、自身が友と認めた呂布への手向けとするために全力で迎え撃ち葬った。

中国(人類)

 呂布奉先、中華最強

声 – 関智一/ 津田健次郎(三国志大戦)
個の強さでは三國時代最強と謳われる「中華最強の英雄」。ブリュンヒルデ曰く、自身が戦場であった中で最強かつ最恐の武人。武器はランドグリーズが神器錬成した方天戟。幼少期から最強を求め、愛馬の赤兎と共に強者との闘いを欲しユーラシア大陸を駆け巡り、立ち塞がる多くの猛者や野獣を討ち取り勝利を収めてきた。次第に立ちはだかる者は居なくなり、最強を求めて30余年のおよぶ旅路の果てに己の時代で己が最強になったと気付く。天下において己の最強を悟り、退屈になってしまい絶望。退屈になってしまった人生に終止符を打つため曹操孟徳に敗れ、処刑される。生前に己が時代最強だと悟るも、いずれ出逢うであろうまだ見ぬ最強の敵との邂逅を信じ、さらなる強さを求め続け「天喰」を完成させた。神器錬成のよって作られた自身の全力を出しても壊れない武器、全身全霊で戦える相手が揃ったラグナロクに歓喜している。

 陳宮公台、呂布軍の軍師

第一回戦観戦者。呂布軍軍師。楽しそうに戦う呂布の姿に涙を流し喜んでいた。呂布の敗北後、後を追うために赤兎馬や軍を率いてトールに戦いを挑み消滅した。

 劉備玄徳、王朝の血を引いていると言われている。

第一回戦観戦者。張飛の義兄であるが、一般的な細身の体格。身軽な人物。三国志最強は関羽雲長ではないかと当人に問いかける。

 関羽雲長、劉備の義兄弟。後世では神としても祀られている。

第一回戦観戦者。關聖帝君という神として祀られるが、人類側についている。張飛を凌ぐ体格をもつ。軍略など総合的に見れば三国志最強であると自負するが、純粋な武人としては呂布が最強であると評価している。呂布が赤兎馬に跨った時には、自身もかつて愛馬としていた赤兎馬の背中には呂布が相応しいと述べた。

 張飛益徳、劉備の義兄弟。力自慢。

第一回戦観戦者。一般人よりも大柄な体格で、身の丈ほどのある酒樽を片手で持つ。人類の存続が掛かった戦いを酒の肴と言い張る豪胆な人物。呂布の消滅を見届けると、呂布の最期を呂布らしいと言い、劉備らと共に消滅した呂布へ献杯していった。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です