マンガ

【転スラ】カレラの能力と強さをネタバレ解説!【転生したらスライムだった件】

アニメ2期2シーズン開始記念!
転スラ人物紹介解説シリーズです。

この記事を読むと、原初の黄カレラについて以下のことがわかるようになります。

アルティメットスキル「死滅之王(アバドン)」
重力崩壊(グラビティコラプス)
終末崩縮消滅波(アビスアナイアレーション)
究極贈与(アルティメットギフト)「刀身変化(とうしんへんげ)」

【転スラ】カレラの能力と強さをネタバレ解説!【転生したらスライムだった件】

「原初の白(ブラン)」ことテスタロッサに「原初の紫(ヴィオレ)」ことウルティマとともによく行動している「原初の黄(ジョーヌ)」カレラは気性が荒く、大雑把な性格をしています。
また一度「やる」と決めれば全力で取りかかり、その瞬間を最大限に楽しもうとする女性型の悪魔です。
武人のようなところはあるものの、刹那的快楽主義にして謙遜不遜な振る舞いから副官のアゲーラからいつも小言を言われています。
反対に同じ副官であるエスプリはカレラの太鼓持ちであるため、友だちのような関係です。
そんなカレラの能力や印象に残っているシーン、似たような能力を持つ他作品のキャラクターなどを挙げていきます。

アルティメットスキル「死滅之王(アバドン)」

アルティメットスキル「死滅之王(アバドン)」は近衛騎士団の団長にして「ひとけた数字(ダブルオーナンバー)」の序列1位に君臨する聖人・近藤達也との戦いの最中に獲得しました。

優位に立てていたものの、卓越した近藤の技量に追い詰められたカレラは死を予感します。
リムルから「絶対に死ぬな」と命令されていたのにそれを守れない不甲斐ない自分にカレラは殺意を覚えますが、同時にアルティメットスキルを持つ者に勝つためにはアルティメットスキルが必要であることを悟りました。
そのためにより深く自身の内面を向き合おうとした瞬間、カレラの脳裏に不思議な声が響きます。

するとカレラの荒ぶる力やそれを制御する力が統合されていき、その解放された力をカレラは「死滅之王」と名付けました。
「死滅之王」は破壊に特化したスキルで、このスキルに付与されている「次元破断」を攻撃時に使えば大抵の敵は倒せます。
しかし近藤に対してそれでは役不足だと判断したカレラは、アルティメットスキルの力によって今まで制御できなかった魔素のコントロールをしつつ、星すら滅ぼすという「終末崩縮消滅波(アビスアナイアレーション)」を行使しました。
作中ではまだ「死滅之王」の真骨頂はまだであるものの、今まで暴発しないように魔素に振り回されていたカレラがその制御に役立っているあたり、常識はずれを伺えさせます。

重力崩壊(グラビティコラプス)

東の帝国との戦争でカレラが放った核撃魔法です。
生み出した「黒炎核(アビスコア)」を抑えつつ、圧縮させることで発動します。
まず地上でありながらも超重力が発生し、範囲内にいた人間は自らの体重で押しつぶされてしまい、死に至ります。
万が一生き残っても、強大な重力によって身動きすらできないです。

そうして発生した超重力によりブラックホールが生まれ、範囲内の圧縮が臨界点に達すると大爆発し、全てを上空に巻き上げます。
この時天地を繋ぐほどの大きな漆黒の柱がそびえるのが特徴です。

【終末崩縮消滅波(アビスアナイアレーション)】
アルティメットスキル「死滅之王(アバドン)」を獲得したカレラが対峙していた近藤に放とうとした核撃魔法です。
ディアブロ以上の魔素を保有していたカレラが魔素を完璧にコントロールできるようになったことで行使できた魔法ではあるものの、その威力は「星すらも滅ぼす」とされています。
「重力崩壊(グラビティコラプス)でつくりだした重力場に奈落の底から呼び出したものを放り込み、究極のエネルギーを生み出すという魔法です。
この魔法は近藤に使う前まではカレラですら使いこなせず、「とっておきだ」と言っていました。

終末崩縮消滅波(アビスアナイアレーション)

東の帝国との戦争でカレラが放った核撃魔法です。
生み出した「黒炎核(アビスコア)」を抑えつつ、圧縮させることで発動します。
まず地上でありながらも超重力が発生し、範囲内にいた人間は自らの体重で押しつぶされてしまい、死に至ります
万が一生き残っても、強大な重力によって身動きすらできないです。
そうして発生した超重力によりブラックホールが生まれ、範囲内の圧縮が臨界点に達すると大爆発し、全てを上空に巻き上げます。
この時天地を繋ぐほどの大きな漆黒の柱がそびえるのが特徴です。

【終末崩縮消滅波(アビスアナイアレーション)】
アルティメットスキル「死滅之王(アバドン)」を獲得したカレラが対峙していた近藤に放とうとした核撃魔法です。

ディアブロ以上の魔素を保有していたカレラが魔素を完璧にコントロールできるようになったことで行使できた魔法ではあるものの、その威力は「星すらも滅ぼす」とされています。
重力崩壊(グラビティコラプス)でつくりだした重力場に奈落の底から呼び出したものを放り込み、究極のエネルギーを生み出すという魔法です。

この魔法は近藤に使う前まではカレラですら使いこなせず、「とっておきだ」と言っていました。

究極贈与(アルティメットギフト)「刀身変化(とうしんへんげ)」

カレラの副官アゲーラが使う能力で、アゲーラの肉体が刀となって所有者のレベルを上乗せします。
アゲーラの技量も行使でき、カレラは近藤との決着で「刀身変化」に全てを賭けました。

カレラが能力を使って印象に残ったシーン

「重力崩壊(グラビティコラプス)」は条約違反をした東の帝国への報復の一撃で印象深いものの、やはりカレラの能力で印象に残っているのは近藤との戦いです。

八門堅陣の戦いにてカレラは皇帝ルドラに忠実な軍人・近藤達也と対峙します。
朧心命流の技を達人レベルで使い、対象を思念思考を読み取るユニークスキル「解読者(ヨミトクモノ)」や近藤が保有するアルティメットスキル「断罪之王(サンダルフォン」の権能、さらには撃った対象に支配したり魔法を使用不可にしたりする弾丸など近藤のスペックは「原初の悪魔」であるカレラから見ても化け物でした。
持てる全ての力を惜しげもなく、なおかつ油断なく駆使する近藤を前にカレラは劣勢に立たされていきます。
自分の死を予感したカレラでしたが、「そんな自分は許さない」と怒りに燃えつつ、アルティメットスキルの保有者に勝つためにはアルティメットスキルを獲得するしかないことを理解しました。

そんな時、彼らの脳裏に「少しだけ手助けしましょう」という女性の声が響きます。
するとカレラの暴力的な力が解放され、カレラはその力に「死滅之王(アバドン)」と名付けました。
これによりアルティメットスキルを獲得したカレラは「終末崩縮消滅波(アビスアナイアレーション)」を放つことにします。

近藤はその魔法の威力を看破し、戦慄するものの、同時にカレラの本命は「終末崩縮消滅波(アビスアナイアレーション)」ではなく、アゲーラすなわち剣技であるのを見抜きます。
異界で戦っているとはいえ、「終末崩縮消滅波(アビスアナイアレーション)」の威力を考えればルドラに被害が及ぶかもしれません。
それを恐れた近藤は真正面から「終末崩縮消滅波(アビスアナイアレーション)」とカレラの剣技を受け止めます。
そうしてカレラの剣が近藤の軍刀を折り、ようやく「情報に巣食う怪人」と恐れられた男を地に伏すことができました。

まさに紙一重の勝利です。

カレラの能力の疑問点

アルティメットスキル「死滅之王(アバドン)」に「重力崩壊(グラビティコラプス)」、「終末崩縮消滅波(アビスアナイアレーション)」、そしてアゲーラの究極贈与「刀身変化」を全てまとめたのがカレラの能力となります。
究極贈与「刀身変化」はともかく、カレラの破壊力は転スラ世界もとい「世界」はどこまで許容しているかが疑問です。
リムルが覚醒魔王に進化する際、「世界の言葉」というものをテンペストの住民や幹部たちは聞きました。
まだ断定はできないものの、星王竜ヴェルダナーヴァによって生まれた転スラ世界はある程度制限がかかっています。

例えば現実では生物種が進化する場合、長い時間をかけて環境に適応していきつつ、体の部位や器官が発達していくのが普通です。
けれど転スラ世界ではどんなに時間をかけても進化はもたらされず、強者による「名づけ」によって初めて生物種として前へ進めます。

つまるところ転スラ世界は個を重視している世界であり、その世界が崩壊させないために魔王ギィが調停者をしていますが、一歩でも誤れば世界を滅ぼしかねないカレラの破壊力に対して「世界」がどう思っているか気になるところです。

似たような能力を持つ他作品のキャラクターといえば?

名前:サイタマ
登場作品:ワンパンマン
能力:一撃で倒す
似ているポイント:並外れた威力

あらゆる敵を一撃で倒す最強のヒーローが主人公をしている「ワンパンマン」、その主人公こそがサイタマです。
フリーダムで社交性は欠けており、ヒーロー活動も「本気の趣味」と断言しているものの、「ヒーローはたとえ孤独で勝ち目がなくても民衆のために戦うもの」という信念を持っています。
とはいえ知能が低かったり無駄な動きが多かったりなど周囲の人間が認めるポイントがズレているため、活躍しても「街を壊した張本人」など勘違いされがちです。
また見た目と覇気のなさから雑魚扱いされるうえに、その強さを説明しても目撃者以外は信じてくれないので過小評価されています。
しかし本人は気にすることなく、悠然としているのはメンタルも最強だからです。
その最強ゆえに怪人に奮闘するヒーローたちが追い込まれ、勝利を確信した怪人のもとに現れるパターンも多いですが、怪人にとっては完全に死亡フラグの塊だと言えます。
カレラの能力と比べたら「似ている」とは言い難いかもしれませんが、純粋なパワーは共通しているはずです。

名前:ミラボレアス
登場作品:モンスターハンターシリーズ
能力:古龍すらも滅ぼす災厄
似ているポイント:単純に強い

「禁忌のモンスター」という古龍のなかでも最も危険なモンスターの代表格、黒龍ミラボレアスです。
シリーズ初期から登場しているモンスターで、最近では「モンスターハンター:ワールド アイスボーン」にて行われた無料大型のタイトルアップデートで復活を果たしました。
その最強ぶりに涙を浮かべたプレイヤーは数多いと言います。
ゲーム的に言えば単純な攻撃を受けるだけで体力がゼロとなり、ましてや制限時間30分以内に「モンスターハンター:ワールド アイスボーン」のラスボスを上回るミラボレアスの体力を削らなくてはなりません。
ゲームのムービーでは「くろがねを溶かす者」という名を発揮していました。
まさにかすり傷ですら命取りですが、設定的にもミラボレアスは別格です。
人間が繁栄を極めていた頃にあったというシュレイド王国、その王国を一夜で滅ぼして根城にしたミラボレアスが住まう土地はあらゆる生物が立ち入ろうとしません。
古龍ですらも近づかず、調査のために入っていた人間は失踪または狂死してしまいます。
存在自体が災厄であるミラボレアスはカレラのアルティメットスキル「死滅之王」に近いものがあると思います。

まとめ

【転スラ】カレラの能力と強さをネタバレ解説!【転生したらスライムだった件】
楽しんでいただけましたでしょうか!
アニメも再開され、マンガ版に追いつくかもしれませんね。
ぜひ、事前にマンガも合わせせて読んだり、原作Web小説も読んでみることをおすすめします。
そうするとまた違う絵が見えてくることでしょう。
この記事が皆さんの雑談の種になることを、祈ってます。それではまた!

転生したらスライムだった件の記事まとめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です