マンガ

【転スラ】魔王クレイマンの能力と強さをネタバレ解説!【転生したらスライムだった件】

アニメ2期2シーズン開始記念!
転スラ人物紹介解説シリーズです。

この記事を読むと、クレイマンについて以下のことがわかるようになります。

クレイマンのスキルと能力
中庸道化連
「死」に至るまでの経緯

【転スラ】魔王クレイマンの能力と強さをネタバレ解説!【転生したらスライムだった件】

ジュラ大森林に住む魔物たちを震撼させたオークの軍団やファルムス王国の侵略など、リムルたちにさまざまな謀略を仕掛けたのが魔王クレイマンです。
リムルの敵役であり、また「魔王」でありながらも身の丈の合わない言動ぶりから「小物」などと評されていますが、ここではクレイマンのスキルや「中庸道化連」との関係、そしてその最期についておさらいをしていきます。

クレイマンのスキルと能力

クレイマンのユニークスキル「操演者(アヤツルモノ)」は対象の心臓を奪い、奪った心臓に呪印を刻んで忠誠を誓わせることで強制的に対象を支配するスキルです。
心臓を奪われた対象はクレイマンに生殺与奪を握られている状態であるため、クレイマンの言いなりになるしかありません。

このユニークスキルをさらに強力にした秘奥義「操魔王支配(デモンマリオネット)」は心臓を奪わずに呪印を刻み、対象を支配することが可能です。
実際にクレイマンの部下である「五本指」の薬指ミュウランはクレイマンの命令でテンペストに侵入したものの、利用したヨウムに惚れてしまい、クレイマンの命令に躊躇します。

しかしクレイマンはミュウランに奪った心臓とヨウムへの危害をちらすかせて脅迫、結果ミュランはジュラ=テンペストを裏切って首都リムルに魔法無効領域の結界を張りました。
これによりファルムス王国に所属していた残忍な異世界人たちがシオンをはじめ、首都の住人たちや一部の幹部たちが殺害する事態に発展します。

ミュウランはまさにクレイマンの「操演者」がいかんなく発揮されたケースです。
のちにミュウラン以外にも「五本指」の1人である母指の九頭獣(3本の尾をもった狐)が支配されていることが判明しますが、この九頭獣の場合は駆けつけたリムルによってその場で支配から解放されています。
またミュウランも事情を察知したリムルによって、クレイマンの呪いから解き放たれました。
支配されるのが嫌でも、クレイマンの「操演者」の影響下に入ってしまうと目と耳が通じている状態になっているので情報が筒抜けです。

この状態を利用してクレイマンは情報を収集していましたが、「操演者」にしろ「操魔王支配」にしろ格上には通じません。
例えばリムルが覚醒魔王に進化したことにより「悪鬼」となったシオンや「星王竜」ヴェルダナーヴァを父に持つミリムには「魔王達の宴(ワルプルギス)」にてクレイマンのユニークスキルが通じないことが判明します。
実のところクレイマンは「魔王」に数えられてはいるものの、あくまで「魔王種」でしかないです。
「魔王種」とは魔族が十分に成長できたランクで、リムルのような「覚醒魔王」になるためには1万の魂に一定の条件を満たさなくてはなりません。

「魔王」たちのほとんどはこの「覚醒魔王」であるため、せいぜい「魔王種」でしかないクレイマンの強さは底が知れているというわけです。
またクレイマン自身は戦闘が不得意で、彼が本来属している「中庸道化連」のメンバーのなかでも最弱だったりします。

そんなクレイマンが「魔王」をしていたのはひとえに「生みの親」カザリームのためです。
カザリームの命令もあってテンペストを利用して「覚醒魔王」になろうと画策していたものの、クレイマン自身は己の戦闘能力のなさを気にしていた節がありました。
しかしクレイマンの能力は戦闘ではなく、軍団や貿易など指揮や内政といった後方支援に向いており、これはクレイマンの能力というよりもクレイマン自身の才能といってもいいかもしれません。

中庸道化連

「中庸道化連」とはいわゆる悪の組織です。
構成員はとても少ないものの、その情報力とフットワークは並々ならぬもので、転スラ世界に影響を及ぼしています。
豚頭帝(オークロード)ゲルドが引き起こした騒ぎにも暗躍しており、実際に構成員の1人・ラプラスが蜥蜴人族(リザードマン)のガビルの自尊心を煽ってリムルが率いるゴブリンたちとの協力体制にヒビを入れようとしたりなどしました。
そんな「中庸道化連」の構成は「ボス」であるユウキ・カグラザカを頂点に、側近もとい秘書をつとめる元魔王のカザリーム、構成員の「享楽の道化(ワンダーピエロ)」ラプラス、「怒った道化(アングリーピエロ)」フットマン、「涙目の道化(ティアドロップ)」ティア、そして「狂喜の道化(クレイジーピエロ)」クレイマンです。

つまり魔王クレイマンは「中庸道化連」の構成員だったというわけです。
とはいっても「中庸道化連」の構成は少々特殊で、「ボス」ことユウキは新参者で、元々はカザリームをトップにしたメンバーでした。
そもそもカザリームは現在見目麗しいエルフの女性ですが、魔王だった頃は醜い姿をした妖死族の男だったそうです。
しかし少々ややこしくなるものの、それも本来の姿ではなく、元は風精人(ハイエルフ)の美しい姫君でした。
ところがカザリームが生まれた国を統べていた大帝ジャヒルは狂っており、何と実の娘であるカザリームを殺して妖死族の醜い男として蘇生させます。
その後ジャヒルの欲望がミリムに向けられたことで国は滅び、カザリームは復興を目指したものの、それも失敗してしまいました。

カザリームは「国が滅ぼされた屈辱を忘れないように」と禁忌の呪法によって、同郷の者を死体に宿らせます。
それがラプラス・クレイマン・フットマン・ティアの正体です。
クレイマンたちは生前の記憶や人格は引き継いではいないものの、「中庸道化連」の絆は深く、また途中で参入したユウキに対しても魂だけの状態になっていたカザリームを助けたことや策謀を完成させるために命を懸けていることなどから信頼しています。

クレイマンもそれは同様で、魔王としての配下である「五本指」に対しては冷ややかであるものの、本来の仲間である「中庸道化連」に対しては心配したり優しげだったりなど普段の彼からはうかがえない意外な一面を見せてくれました。
仲間たちからはクレイマンの策略家としての才能は高く評価されていますが、戦闘能力の低さやメンタルの脆さは心配されています。
特にこの数十年においては情緒不安定気味も重なり、ラプラスたちは気にしていました。
それには理由がありますが、いずれにしてもその脆さがクレイマンの命を奪う原因になります。
「中庸道化連」はクレイマンの死後、彼を忘れることはなく、クレイマンに対する感情を背負ったまま暗躍していくのでした。

「死」に至るまでの経緯

クレイマンの死、それは「魔王達の宴(ワルプルギス)」でリムルに敗北してリムルのアルティメットスキル「暴食之王(ベルゼビュート)」によって魂ごと喰われたことによる完全な「死」です。
転スラ世界ではたとえ殺されても魂が無事であれば復活や転生するチャンスがありますが、その魂が吸収されてしまっては元も子もないです。
では何故クレイマンはこのような死を迎えることになったのか、それは豚頭帝(オークロード)の騒ぎにまで遡ります。

元々クレイマンはカザリームからの命令もあって自身が「覚醒魔王」に進化するための手段を模索していました。
豚頭帝の騒ぎはそのステップアップで、あわよくば豚頭帝を擁立してその力を支配しようと企みます。
しかしリムルたちの活躍によってその企みは失敗しますが、ここでクレイマンは仕切り直していきました。
カリュブディスに悩むフレイにフットマンとティアを差し向け、丁度良くミリムに恨みを抱いてたフォビアを依り代にしてカリュブディスを復活させ、ミリムに退治させるように仕向けたのです。
思惑は成功し、フレイに貸しをつくれたクレイマンは今度はミリムに矛先を向けました。
フレイを使ってミリムを支配下におけた(と勘違いした)ことで、いよいよ策士としての慎重さを忘れてしまい、調子に乗ったクレイマンは自分の痕跡を残すような真似をしていきます。
その最たる例がミュウランです。

ミュウランの証言もあってリムルたちはクレイマンの策謀を確信し、クレイマンとの対立を決意します。
一方でクレイマンもファルムス王国の侵略によって獲得するはずの「覚醒魔王」に進化するための1万人の魂をリムルに横取りされるかたちとなってしまい、目障りに思っていました。
そこでクレイマンは「魔王達の宴」でリムルに濡れ衣を着せて陥れようとしますが、同席した魔王達には通じず、結果クレイマン陣営とリムル陣営が戦う展開になっていきます。

クレイマン自身もシオンと対峙しますが、ボコボコにされて歯牙にもかけられません
自身の陣営も自分以外を残して敗北、追い込まれたクレイマンは魔王としてではなく、「中庸道化連」の「「喜狂の道化(クレイジーピエロ)」としてリムルと一騎打ちをします。
しかし圧倒的な力の差を前に打つ手がなくなったクレイマンはカザリームの存在を口に出し、そして死に至ったというわけです。
まさに道化らしく滑稽な最期を披露したクレイマンが思ったこと、それは心配してくれた「中庸道化連」の仲間たちの謝罪と忠告に耳を傾けなかった後悔でした。

まとめ

クレイマンのスキルと能力
操る能力で、心臓を媒介にするパターンと呪紋の秘奥義パターンがある。

中庸道化連
元魔王カザリームとその配下を基礎とした団体。ボスは転生者のユウキ。

「死」に至るまでの経緯
リムルにワルプルギスの夜にて、一騎打ちの末、魂まで捕食されつくし消滅。

「【転スラ】魔王クレイマンの能力と強さをネタバレ解説!【転生したらスライムだった件】」
楽しんでいただけましたでしょうか!
アニメも再開され、マンガ版に追いつくかもしれませんね。
ぜひ、事前にマンガも合わせせて読んだり、原作Web小説も読んでみることをおすすめします。
そうするとまた違う絵が見えてくることでしょう。
この記事が皆さんの雑談の種になることを、祈ってます。それではまた!

転生したらスライムだった件の記事まとめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です