マンガ

【転スラ】魔王ギィ・クリムゾンの能力と強さをネタバレ解説!【転生したらスライムだった件】

アニメ2期2シーズン開始記念!
転スラ人物紹介解説シリーズです。

この記事を読むと、ギィ・クリムゾンについて以下のことがわかるようになります。

究極能力「傲慢之王(ルシファー)」
ヴェルザードという「女」について
「原初」の七柱たち

【転スラ】魔王ギィ・クリムゾンの能力と強さをネタバレ解説!【転生したらスライムだった件】

ギィ・クリムゾンは世界最古の魔王にして、転スラ世界において文句なしの最強キャラです。
その最強を支えるのは自身のアルティメットスキルと相棒であるヴェルザード、そして生まれ持った「原初の悪魔」という立場が挙げられます。

究極能力「傲慢之王(ルシファー)」

「赤」を司る原初の悪魔にして世界最初の魔王であるギィのアルティメットスキル「傲慢之王(ルシファー)」、その効果は「一度目にした能力やスキルはアルティメットスキルも含めてコピーできる」というものです。
しかもそのコピーした能力の調節および最適化も行えます。

実際に暴発するリスクがあることからミリムが奥の手にしているアルティメットスキル「憤怒之王」のコピーし、あまつさえ制御してみせました。

とはいえアルティメットスキル「傲慢之王」のコントロール能力は剣の技量も抜き出ているギィ自身にもよると思われます。

何しろギィは世界中で暴れまわっていたヴェルドラを殺してみせた実力者です。

まさに世界最初の魔王に恥じない性能ですが、元々アルティメットスキル「憤怒之王」はユニークスキル「傲慢者(プライド)」でした。
ユニークスキル「傲慢者」は捕食した対象を解析したり、対象を永遠に封印したり、周囲の人間の精神を操作したりなどその効果は多岐にわたります。
しかしギィは生まれた時からユニークスキル「傲慢者」を持っておらず、獲得したのは魔王になると決意した時からです。

転スラ世界において、ユニークスキルは自らの願望や欲望を具現化したような能力となります。
つまりギィは「魔王になる」という決意はそれほどまでに深かったわけです。
さて、そんなユニークスキルがアルティメットスキルに変化したのはヴェルザードと戦ってからとなります。

ヴェルザードという「女」について

ヴェルドラの姉であり、「白氷竜」の異名を持つヴェルザードはいわばギィの相棒です。
しかしヴェルザードとギィの最初の出会いは殺伐としたもので、むしろヴェルザードがギィに戦いを挑んできました。

その原因は『竜種』の長兄こと「星王竜」ヴェルダナーヴァにあります。
ギィが悪魔が住まう世界から転スラ世界に召喚されたのは数万年前です。
ギィは戦争のために召喚されましたが、自身を召喚した国とその敵国を滅ぼした後でそのままヴェルダナーヴァ相手に戦いを仕掛けます。

結果はギィの惨敗であったものの、ヴェルダナーヴァはギィの強さを認めて彼に世界と人間の管理をする「調停者」という役割を与えました

ギィはその役割を果たすことに応じ、以降、「魔王」と名乗ります
ヴェルダナーヴァもギィも納得しているやり取りですが、これに反発したのがヴェルザードです。
実はヴェルザードはとても嫉妬深い性格で、このやり取りに関しても「兄に認められた」ということでギィを妬みます。

この嫉妬心こそがヴェルザードがギィを襲った理由です。
しかしギィはこの戦いによって、ユニークスキルを自力でアルティメットスキルへと進化させて引き分けにさせました。
そこでヴェルザードは兄が認めた理由を悟り、以降はギィのことが気に入って現在に至るというわけです。
物語ではギィを襲ったことが嘘かと思うほどに彼に惚れており、ギィが興味を持った相手に対して嫉妬心を燃やしてしまいます。
しかしギィはヴェルザードの「女」としての一面には鈍感で、そのせいで少々厄介な事態に陥ってしまうのは別な話です。

「原初」の七柱たち

「原初の悪魔」とは七柱の悪魔たちで、悪魔たちの始祖です。
元々は闇の大聖霊があることがきっかけで7つに分かれてしまい、その分かれた7つの個体が「原初の悪魔」となります。
別名「原初」や「七君主」などと呼ばれている「原初の悪魔」たちは赤・黒・白・黄・紫・青・緑の七色で分類されており、それぞれ司っている色が髪や瞳の色となっているので分かりやすいです。
例えば「原初の赤」であるギィなら赤髪に赤い瞳、「原初の黒」であるディアブロは黒髪に白目の部分が黒くなっている異様な瞳です。

ヴェルドラたち『竜種』のように兄弟や姉妹、あるいは双子のような関係ではあるものの、だからといって仲が良いわけではありません。
「原初の悪魔」たちは互いに対立的あるいは中立的、例えばギィとディアブロは最強の座を賭けて熾烈な戦いを繰り広げていたそうです。
それは他の「原初」たちも同じですが、このうち「青」のレインと「緑」のミザリーはギィに敗れて従属しています。

作中では「赤」のギィがトップを誇り、それに従属した「青」のレインと「緑」のミザリー、「黄」と「白」、「紫」が三竦みで膠着し、そして「黒」が気まぐれという勢力図でした。

ところが「黒」ことディアブロがリムルに召喚されたことを皮切りに三竦み状態だった「黄」と「白」、「紫」がカレラとテスタロッサ、ウルティマという名付けもされてリムル側につきます。
これにより勢力図が一変し、ギィはリムルへ強い関心を向けるようになりました。

ちなみにギィは自身の配下になっているミザリーとレインに対しては「雑魚」と呼んでいるほど辛辣です。

まとめ

究極能力「傲慢之王(ルシファー)」
コピー能力。めだかボックスのめだかの「完成」や、刀語の鑢七実の「見稽古」みたいな能力。

ヴェルザードという「女」について
戦いで引き分けて依頼ギィに惚れている。

「原初」の七柱たち
3勢力+1であったが、現在はギィ(赤、青、緑)以外の四色(黒、黄、白、紫)はリムル陣営になり大きく勢力図が動いた。

「【転スラ】魔王ギィ・クリムゾンの能力と強さをネタバレ解説!【転生したらスライムだった件】」
楽しんでいただけましたでしょうか!
アニメも再開され、マンガ版に追いつくかもしれませんね。
ぜひ、事前にマンガも合わせせて読んだり、原作Web小説も読んでみることをおすすめします。
そうするとまた違う絵が見えてくることでしょう。
この記事が皆さんの雑談の種になることを、祈ってます。それではまた!

感想

転生したらスライムだった件の記事まとめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です