マンガ

転スラキャラクター紹介:リムル=テンペストの強さと最終スキル構成をネタバレ解説!

転生したらスライムだった件の無敵の主人公リムル=テンペスト!
転スラはスキルの数がひたすら多く、主人公のリムルに至っては数数えるのが大変なくらいです。
なので、どのスキルがどのスキルに統合されるなどわかりやすく整理してみました。

転スラキャラクター紹介:リムル=テンペストの強さと最終スキル構成をネタバレ解説!

最終的にスキルは大雑把にいえば、3つ、シエル、アザトース、シュブ・ニグラトとなるわけですが、どういう流れでそこに到達するのか、リムルの人物像や、元々所持していたユニークスキル、そこから進化したアルティメットスキルについてネタバレ解説します。

プロフィール

種族

スライム

進化

デモンスライム→アルティメットスライム

称号

魔物を統べる者→魔王→新星→真なる魔王→大魔王

ユニークスキル

大賢者
変質者
暴食者(捕食者+飢餓者)
心無者
操演者

マナス(神智核)

シエル

アルティメットスキル(究極能力)

虚空之神「アザトース」(ラファエル+ベルゼビュード+ヴェルドラ+ヴェルグリンド)
 智慧之王「ラファエル」(大賢者+変質者)
 暴食之王「ベルゼビュード」(暴食者+心無者)
 暴風之王「ヴェルドラ」
 灼熱之王「ヴェルグリンド」
豊穣之王「シュブ・ニグラト」(ラグエル+ウリエル)
 救恤之王「ラグエル」
 誓約之王「ウリエル」

人物

転スラの主人公にして、転生者。
大手ゼネコン勤めのサラリーマンだったが、死後にスライムとして転生。
大量の魔素がある洞窟に産まれたことが功を期して、膨大な魔素を持ったスライムとなる。

お気楽主義であったが、テンペストの代表となり、魔王となるまでの経緯から無慈悲な側面もあわせもつようになった。

外見は、青髪のロング。中性的な美少年少女。無性。
シズを取り込んで以来、人化するとシズの外見の色違いのような姿をとるようになった。

スキルと強さ

本編でも最強クラスであるリムルテンペストの能力は、分析、支配に分類されます。

分析系は大賢者から派生していき、支配系は捕食者からの派生です。
最終的な到達点として、分析系は、神智核のシエル支配系は虚空之神(アザトース)と豊穣之王(シュプ・ニグラト)となり、この3つを駆使して戦います。

シエルで世界の根源的情報にもアクセスできるようになり、本体と並列思考処理することが可能になります。
そして、その情報を元に、アザトースで魂すら喰らい打ち砕き、多次時空間からの干渉も防ぐ絶対的な防御と、スキルを作り出したり、与えたりすることも可能と、まさに神がごとき力を得ます。

転スラキャラクター紹介:リムル=テンペストの強さと最終スキル構成をネタバレ解説!

転スラの主人公リムルテンペストの強さとスキル構成について最後にまとめます。

リムルの強さを裏付けるスキルは大きく分けて分析と支配の2つがある。
最終的に分析はシエルに到達。支配は、アザトースとシュプ・ニグラトに統合される。
魂すら砕き、魂すら作る。そんな神のような強さを手に入れる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です