マンガ

【転スラ】ユウキ・カグラザカの能力と強さをネタバレ解説!【転生したらスライムだった件】

アニメ2期2シーズン開始記念!
転スラ人物紹介解説シリーズです。

この記事を読むと、ユウキ・カグラザカについて以下のことがわかるようになります。

ユウキのスキルと能力
ユウキの正体
地球にいた頃のユウキ

【転スラ】ユウキ・カグラザカの能力と強さをネタバレ解説!【転生したらスライムだった件】

シズの心残り、教え子たちを救うことを果たすためにイングラシア王国に向かったリムルが協力者として仰いだ人物こそがユウキ・カグラザカです。
最初こそはリムルと衝突したものの、すぐに和解し、自身が立ち上げた組織「自由組合」の「自由組合総帥(グランドマスター)」という立場を活用してリムルの要望に便宜を図ってくれました。
しかしそんなユウキには裏の顔があり、その裏の顔にはスキルや地球にいた頃の出来事が密接に関わっています。

ユウキのスキルと能力

ユウキは自由組合の本部でリムルと対面した際に「自分はこの世界に来た異世界人だが、スキルは獲得できなかった」と証言していますが、これは嘘です。

本当はちゃんとユニークスキルを獲得しており、1つは「創造者(ツクルモノ)」、もう1つは「封殺能力(アンチスキル)」と言います。

正確に言えば転スラ世界に召喚された直後は「創造者」だけしかありませんでしたが、このユニークスキルの能力によって「封殺能力」を生み出し、ユウキのスキルとして保有している状態です。

そもそもユニークスキル「創造者」とはユニークスキルを生み出すというスキルで、その気になれば転スラの登場人物たちが獲得しているスキルを全て生成できます。

このユニークスキルを使い、ありとあらゆるスキルに魔法攻撃、防御や攻撃全てを無効にする「封殺能力」をユウキは生み出しました。

またユウキの意志で「封殺能力」の効果をオンオフにできるため、誰にも悟られずに隠し持てるうえに格上の相手には発揮できないものの、対象のスキルを奪えるのも「封殺能力」ならではの特徴です。

ユウキはこの「対象のスキルを奪える」という効果を利用し、シルトロッゾ王国という国に属していたマリアベルという人物のユニークスキル「強欲者(グリード)」を自分のものにしました。
この事態に関してはユウキは例外的なケースだと認めており、「このユニークスキルが自分を選んだ」とも言っています。

実はユニークスキル「強欲者」は人間の欲望に干渉することでその人間を操るというスキルで、元の保有者であるマリアベルは本能を弱体化させて対象を衰弱させることもできました。

「強欲者」の獲得したユウキはある魔王との戦いで挫折を味わい、その無力感と悔しさからアルティメットスキル「強欲之王(マモン)」へと進化させます。
アルティメットスキル「強欲之王」は強奪に特化したスキルで、スキルやエネルギー、命さえも奪取することが可能です。

支配能力もさらに強化されており、感情や記憶といったメンタル的な部分にも干渉し、思いのままに書き換えて支配することもできるようになりました。
至れり尽くせりなスキルぶりで、戦闘技術も申し分ありませんが、ユウキ自身の能力も侮ってはならないです。
そもそもユウキが「創造者」で「封殺能力」を生み出したのは召喚した魔王カザリームに身体を奪われないためでした。

当時カザリームは魔王になったレオンを襲って返り討ちにあってしまい、魂だけの状態になったカザリームは何とか復活しようとしていました。
その器として召喚された異世界人がユウキというわけですが、ユウキは「封殺能力」でカザリームを圧倒してそのまま丸め込めます。
こうして元魔王とその配下たちを率いることになったユウキは自分の野望を達成させるために暗躍、自由組合を立ち上げたのもその一環に過ぎないです。
「中庸道化連」と「自由組合」、おまけに犯罪組織「三巨頭」のリーダーもしています。
表と裏の顔、それを使い分けてきた才能もユウキの恐ろしいところです。

ユウキの正体

単刀直入に言ってしまえば黒幕です。
リムルとは完全に敵対しており、世界をひっかきまわしているトリックスターといっても過言ではありません。
何しろユウキは表向きは冒険者を支援している「自由組合」の総帥ですが、裏では世界中で暗躍している「中庸道化連」のボスもしています。

そのためユウキは「自由組合」の総帥として、またシズの元弟子としてリムルに惜しみない援助をしていたものの、「中庸道化連」のボスとしてリムルを抹殺しようとしました。
例えばファルムス王国の侵略が始まる前にリムルはヒナタと激しく衝突しましたが、あれはユウキが意図的に「シズはリムルに殺された」という思わせぶりな情報をヒナタに与えたからです。

ユウキは自分の野望のため、邪魔になりそうな2人が衝突してあわよくば相打ちになってくれれば良かったのですが、双方ともに生き残り、そのうえ後日「智慧之王(ラファエル)」によってその正体を看破されます。
「自由組合」の総帥としても「中庸道化連」のボスとしても、人懐っこい笑顔を絶やさないユウキですが、あるシーンで「世界は自分の遊び場だ」と豪語しました。

実際にユウキは大きな組織のトップに立っており、その豪語にふさわしい天才的な頭脳を証明しています。
つまるところ常人とはかけ離れたセンスの持ち主というわけです。
その証拠にユウキの野望は世界征服であり、その野望のために「中庸道化連」のメンバーも動いています。
何故ユウキが世界征服という壮大すぎる野望を掲げているのか、それはユウキが地球にいた頃の出来事が原因です。

地球にいた頃のユウキ

転スラ世界に移転してきた地球人たちは個性豊かです。
リムルこと三上悟は童貞のサラリーマンですが、皇帝ルドラが率いる東の帝国には近藤達也という騎士団の団長は元は異世界の軍人で、妖魔族に占拠された敵艦隊に特攻した直後、転スラ世界に転生しました。
つまり異世界人とはいえ、ごくごくありふれた民間人とは限らないというわけです。

何故そんなことを前置きするのかと言えば、それはユウキが超能力者だからに尽きます。
ユウキが自分の世界もとい地球にいた頃、天才的な頭脳だけでなく、念動力なども有した超能力者でもありました。
そんな才能に恵まれたユウキでしたが、中学生になった頃に不幸に見舞われます。
ユウキの両親が居眠り運転の車が起こした事故に巻き込まれて死んでしまったのです。
この事件で人間社会の理不尽さを思い知ったユウキは怒り、大勢の人間を巻き込むほどの社会への報復を真剣に考えます。

しかし見知らぬ人たちを巻き込むことに対して踏ん切りがつかず、「政治家となって社会を改善していこうか」と検討していた矢先、カザリームによって召喚されました。
魔法と剣、勇者と魔王、地球とは全く異なる世界を目の当たりにしたユウキは諦めようとしていた欲望に火がつき、「自分世界を正しい方向に導く」と決意します。
それが世界征服を目指す理由ですが、ユウキの「世界は自分の遊び場」とい発言を踏まえれば「頭のいい自分が皆の面倒をみなくちゃ」という傲慢に過ぎないと思われます。

まとめ

【転スラ】ユウキ・カグラザカの能力と強さをネタバレ解説!【転生したらスライムだった件】
楽しんでいただけましたでしょうか!
アニメも再開され、マンガ版に追いつくかもしれませんね。
ぜひ、事前にマンガも合わせせて読んだり、原作Web小説も読んでみることをおすすめします。
そうするとまた違う絵が見えてくることでしょう。
この記事が皆さんの雑談の種になることを、祈ってます。それではまた!

転生したらスライムだった件の記事まとめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です