ドラマ

Netflixウィッチャー人物紹介 ヴィセンナ(ゲラルトの母)

ゲラルトの母にして、魔法使いヴィセンナについてまとめます。

キャスト


ゲラルトの母。魔法使いヴィセンナのキャストを紹介します。

名前

フリーダ・グスタフソン

生年月日

1993年6月6日生まれ。

出身地

スウェーデン

初登場

シーズン18話「運命を超えて」

ウィッチャーNetflixドラマ版8話(最終話)結末あらすじネタバレ考察!こんにちわ! ーー2度の驚きの法で結び付けられるゲラルトとシリラの運命に感動を覚えながらも、「驚きの法ってけっこうあちこちで乱発されて...

所属国

ライリア

国旗

職業

魔法使い(ドルイド)

活躍

by Netflix

Netflix版ウィッチャーライリアの魔法使い、ゲラルトの母ヴィセンナの活躍をまとめます。

8話「運命を超えて」

グールにやられ、うなされているゲラルト。
夢の中では幼い日の楽しい記憶。
バケツを被り、棒切れを剣に、ドラゴンキラーになることを夢見る少年ーーゲラルト。
ヴィセンナは食事を用意しながら、「我々はお互い生かし、生かされるの」とドラゴンと共生することをゲラルトに教える。
食卓の上には、豪華な食事が並んだ。
父親はない。
それでも、ゲラルトは幸せそうだった。

少年ーーゲラルトは、ある日ヴィセンナと荷馬車でお出かけをした。
魔法のように出てくるりんご。
それもそのはず。
ゲラルトの母ヴィセンナは魔法使いなのだから。
ヴィセンナはいう。「ゲラルト、水を汲んできて」
「うん!」ゲラルトは元気にお気に入りのバケツを手に、水汲みに走る。
(褒めてもらえるに違いない)
ゲラルトは母親からの賞賛を期待した。
英雄の凱旋のような気分で荷馬車の場所へ戻ると、ヴィセンナの姿はなくなっていた。
こうして、ゲラルトはウィッチャーヴェセミルに引き取られることとなる。

ウィッチャーになるためには、過酷な訓練だけでなく、草の試練を乗り越えなければならない。
その変異に耐えられず10人のうち助かったのは3人だと、ゲラルトは夢の中の母に訴える。
「それを知ってたのか、あなたは」怒りながら「ウィッチャーの眼がなぜこんな色か知っているか、何をされてこんな色になるのか・・・」
ヴィセンナは答えない。
そこにはーーそしてどこにもーーいないのだから。

ウィッチャーNetflixドラマ版8話(最終話)結末あらすじネタバレ考察!こんにちわ! ーー2度の驚きの法で結び付けられるゲラルトとシリラの運命に感動を覚えながらも、「驚きの法ってけっこうあちこちで乱発されて...

Netflixウィッチャーのヴィセンナ考察

ヴィセンナの謎について考察します。

なぜ魔法使いなのに子どもを授かれたのか

これは魔法使いじゃないから、が答えだと思われます。

職業:魔法使いと矛盾するじゃないか!

という声が聞こえてきているような、きていないような。
しかし、それは正しくて正しくありません。

ヴィセンナですが、一般人から見れば魔法使いで、変わりないのですが、魔法使い業界では違いがあるようです。
イェネファーたちはメイジだとかソーサラーといわれるタイプの魔法使い。混沌を扱う魔法使いです。

しかし、ヴィセンナはドルイド。
自然の力を利用する魔法使い、というわけです。
なので、アレツザ出身でもなく、子宮も取り除いていないため、子どもを宿すことができたとうことです。
ちなみに、父親の名前はコリーンで、キキモラみたいなモンスターと戦い死んだそうです。

Netflixウィッチャーまとめはこちらから

Netflixウィッチャー世界地図はこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です