ドラマ

ナイジェル(呪われた男)ウィッチャーシーズン2の人物解説

シーズン2の登場人物として、ナイジェル(二ヴェレン)が登場することが判明しました。
俳優は、ゲームオブスローンズのトアマンド・ジャイアンツベイン役立った、クリストファー・ヒヴュ(発音しにくい)です!
美女と野獣のようなハートフルな物語が展開することでしょう。
Netflixドラマの続きだと、ウィッチャー1エルフの血脈のはずなのですが、そこには時系列的に本来は入らない物語です。
原作小説は、The Last Wishに掲載されているA Grain of Truthです。

前日譚として挿入されるのか、あるいはゲラルトが、イェネファー、シリラと別行動している間の物語として描かれるのか、どちらにしても楽しみですね!

キャスト

名前

クリストファー・ヒヴュ

出身

ノルウェ

初登場

シーズン2

所属国

レダニア

職業

元ギャング

活躍

シーズン2

登場し次第記載。

原作小説

若い頃の悪行から頭を獣に変えられてしまった男。
恋人のヴェリーナ(ラミア)は命と引き換えに、ナイジェルの呪いを解いたのでした。

豆知識・うんちく

ナイジェルの物語は、美女と野獣の物語にインスピレーションを得ていると考えられています。(原作小説)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です