ニュース雑談

【海外】100日間黒い服だけ着続けた女「人生勝ち組になりました!」

みなさん、どれくらいの服を持っていますか?

仕事着が一週間分。
普段着は家着に、外着。
枚数はカウントせず、ほしいときにほしいものを買う。

さあ、出かけよう!

・・・なに着てこうかしら。

なんて悩んで30分。

そんな生活を送っていませんでしょうか。
今回お知らせするニュースは、そんな生活を激変させるチャレンジを行った女性についてです。

Why This Woman Wore The Same Black Dress For A 100 Days Straight
米国ボストン出身の52歳の女性は、同じドレスを100日間連続で着用するというユニークな挑戦に取り組み、インターネットで話題になっています。サラ・ロビンス-コールはファストファッションなしでは生きて、彼女の人生を簡素化するため昨年9月に100日のドレスのチャレンジに参加し毎日同じ黒メリノウールのドレスを着ていました。
サラはロウェナのスウィングドレスを着て仕事。彼女はそれを教会でも、クリスマスにも着ていました。途中で、彼女はカラフルなジャケット、スカーフ、スカートの助けを借りて、必要に応じてそれをドレスアップまたはドレスダウンしました。彼女は100日間、Instagramに自分のスタイルファイルを記録し、なぜ挑戦したのかについて話しました。

服を1着にするメリット・良い点

お金

まずお金がかかりません。
一着にするので、衝動買いをすることがなくなります。
クリスマスや年末年始のセールなど、
型落ち品を
「きゃー、これお得ー x割り引きですってー!」
みたいに、割引率にのせられて購入するなんてことがなくなります。

時間

先にお伝えしたとおり、服を選ぶという時間がなくなります。
これがでかいです。

服を選ぶということは、
判断するということ。

判断するということは人間の脳は大きな力を消費します。

判断の回数をいかに減らして
いかに大事なものだけ判断するかが生活を充実させる鍵なのです。

服を1着にするデメリット・悪い点

おしゃれしたい人には逆効果

サラ・ロビンス-コールさんもそうですが、
季節に合わせて、組み合わせを考察するとなると、
お金についてはマシになりますが
判断する、という行為は逆に増えてしまうかもしれません。

なので、目的によっては逆効果になるということです。

服を1着にする効果について参考になる動画

Daigoがわかりやすく早口で説明してくれます笑

まとめ

けっきょく目的次第ってこと?
そうだね、だけどわかりやすい判断基準はあるよ
教えなさい
なんか今日もよくわからないけど、一日すぎちゃったなああ、って後悔にすることが多い人はすぐに服を減らしたらいいんじゃないかな。脳がね、これ以上の判断はNoっていってるわけだから。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です