マンガ

回復術士のやり直し3話ネタバレあらすじ解説

回復術士のやり直し3話」をネタバレしつつ、あらすじ解説します。

内容紹介@U-NEXT
【癒】の勇者ケヤルは、ある日【回復(ヒール)】が最強に至る魔法だと確信する。そして世界そのものを【回復】して四年前に戻り、自分の人生を弄んだ者たちへ復讐することを誓うのだった。「小説家になろうの」人気作が完全コミック化!!

ネタバレ前にU-NEXTで読む

U-NEXTは、他のマンガもラノベも小説も読めますし、色々な(エッチ含む)マンガ・動画も見放題です。スマホでも見ることができるので、誰の目も気にせず読むことができます
31日間、無料期間中の解約は違約金なしです!

1分で『回復術士のやり直し3話』のあらすじネタバレ解説

登場人物

ケヤル、主人公。癒の勇者。
フレア、王女。術の勇者。
クレハ、剣聖。
メイド、床上手。女戦士。
ジオラル王、化物。
兵士、いまのケヤルよりは強い。

勇者

この世界には10人しか勇者は存在しない。
その勇者が勇者たる所以は、4つの能力である。

クラス能力の強化
レベル上限の開放
パーティーメンバーの経験値上昇
他者のレベル上限上昇

この4つをもった特殊なクラスが勇者である。

その中でも復讐の相手である術の勇者フレアの才能はずばぬけていた。

翡翠眼によって、
鑑定紙でも見ることができない素質を見抜けるようになったケヤル。

さっそくフレアの素質を鑑定する。

並の人間は合計が300半ば。
フレアは580で人類最高峰であった。

接触

「あなたがわたしの仲間ですね?」
とつぜん、ケヤルに声をかけてくるフレア。

理由を知っているけれど、
ケヤルは前世とおなじく驚いたフリをする。

勇者の勉強のために王都へ行く必要があると、フレアに告げられ、手をつながれたケヤルは、前世を思い出しおもわず拒絶するカラダを必死で抑えた。
(おまえのすべてを奪ってやる・・・)

王都に移動中、ケヤルの鑑定をするフレア。
結果
ケヤルのクラスは回復術紙。

回復はエリクサーで代用できると考えている王女フレアはケヤルに失望する。

2周目のケヤルからすれば、その失望も想定内だ。

そして、ケヤルは王都ジオラルへ到着する。

王都ジオラル

人類最南端。魔神領と接触しているジオラルは要塞都市だった。
なかは人々でにぎわいでいる。
「このきれいな街とみんなの笑顔を守るため、わたしたちは戦っているんです!」
笑顔で告げるフレア。

しかし、ケヤルはそれがニセものであることをしっていた。
この綺麗な都市のすべてが偽物なのだ。

土地は亜人から奪ったもの。
そして、亜人たちを奴隷として作り上げた街。
それがこの王都ジオラルなのだ。

「まるでフレアさんそのものですね」と、ケヤルはいった。
「うれしいわたしの自慢の街なのです」フレアは笑顔で答えた。
ケヤルの真意も知らず。

略奪(ヒール)

城につく道すがら、前世を反芻するケヤル。
翡翠眼の力で、兵士や王の力も測っておく。

兵士にもいまでは遠く及ばず、
王はまったく次元の違う化物であることを再確認し、
王不在のときに狙いを定めることにした。

到着から一週間後。
はじめて回復を使わされる。
相手は、剣聖クレハ・クライレット。

それまで、夜な夜なメイドに扮した女戦士と
めっちゃエッチした。
ついでに略奪(ヒール)して経験値をゲットした。

そして、運命の日。
回復を使う初めての相手、クレハが頭を垂れる。
「どうか、あなたさまのお力で、私に再び剣をお与えください」

回復術士のやり直し3話』の感想と考察

第三話!
とうとう本格的に現世が動きはじめました。
最近の異世界転生系にしてはめずらしく、前世から、こうなるまでの経緯にたっぷりと2話つかってきたぶん、世界観についてもはっきりしましたね。
略奪(ヒール)もあるなんて、なんてチート。
まあ、前世でもそれでけっきょく魔王とやり合うまでに成長したわけですもんね。

王様バケモンってケヤルがいってたですけど、
魔王とどっちが強いんですかね?

KADOKAWA

まとめ

今回は『回復術士のやり直し3話』についてあらすじをネタバレしつつ、感想、考察をまとめました。
第一話を読んで『回復術士のやり直し』へ興味もってもらえたら、ぜひマンガで読んでみてくださいね。U-Nextならかんたんに続きを見ることができますよ!

この続きをU-NEXTで読む

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です