マンガ

蜘蛛ですがなにか?主人公蜘蛛子は『神』にまで進化する!

蜘蛛ですかなにか? の楽しみといえば、主人公蜘蛛子こと、「私」の進化にあるのではないでしょうか。
小型高火力! まるでガンダムならF91のような進化を遂げたからこそ、たどり着く最終進化系は、「アラクネ」ではありません。

まあ、モンスターとしての最終進化はアラクネなので、最終進化がアラクネといえばアラクネなのかもしれませんが。

とはいえ。

作中で明かされている最終進化について、それぞれの進化についてもまとめつつ、ネタバレ解説しようとおもいます!

蜘蛛ですがなにか?主人公蜘蛛子は『神』にまで進化する!

小さな公式にシステムから「よわい」と判定された主人公ですが、アラクネになり半分人型を取り戻します。
その後、神化で、完全な人型を取り戻します。

主人公の種族

タラテクト。魔王アリエルの眷属です。
主人公は、エルロー大迷宮に住む「クイーンタラテクト」である「マザー」のスキル「産卵」で生を受けました。

主人公の前世

教室にいた蜘蛛。若葉姫色であると本人は自覚しているが、それは「管理者D」から植え付けられたニセの記憶である。

ホンモノの若葉姫色は「管理者D」その人である。

主人公の進化

スモールレッサータラテクト→スモールタラテクト→スモールポイズンタラテクト→ゾア・エレ・→エデ・サイネ→ザナ・ホロワ→アラクネ→白織(神)

白織の強さ

空間魔法が得意。FFでいうところのメテオがつかえる。
ほかにも応用で、攻撃を遮断したりと、やりたい放題である。

だって、神だもの。

産卵だけでなく、分体をつくることができ、クイーンタラテクトクラスの戦闘能力を持つ。
分体を使ったチート技として、百万体の分体を使って攻撃するなんてこともある。

まとめ

主人公は最終的に「神」になる。
そのとき、完全な人型を取り戻すが、実は前世は「蜘蛛」であり人ではないため、
正確には人の姿を取り戻したわけではない。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です