最新話ネタバレ

最新話ネタバレ「黙示録の四騎士」16話:戦慄のシスタナ

「七つの大罪」鈴木央先生の新連載!

週刊少年マガジンで連載中「黙示録の四騎士」16話:戦慄のシスタナのあらすじをネタバレ解説します。

前回のあらすじ

パーシバルたちから常闇の棺の欠片を奪おうとしたのは、システナの令嬢アン(アングハルハッド)だった。
パーシバルたちをイロンシッドの仲間だという勘違いがとけ、パーシバルはアンから常闇の棺の欠片を預かることとなった。
そして、その夜町にはイロンシッドが現れ、常闇の棺の欠片を町人に見せるのだった。
厄災と救済の話があると言って。

最新話ネタバレ「黙示録の四騎士」15話:夢見るアングハルハッド「七つの大罪」鈴木央先生の新連載! 週刊少年マガジンで連載中「黙示録の四騎士」15話:夢見るアングハルハッドのあらすじをネタバレ解...

「黙示録の四騎士」16話:戦慄のシスタナのネタバレ解説

ここからは、結末、登場人物、あらすじ、感想と考察、まとめの順番で「黙示録の四騎士」16話:戦慄のシスタナを解説します。
時間がない人は、結末だけ読んでもらえれば、次回に置いてかれずにすみますよ!
あらすじを読む際は、ぜひ、登場人物を一読して、イメージ膨らませてから読んでもらえるとうれしいです。

「黙示録の四騎士」16話:戦慄のシスタナの結末

イロンシッドに常闇の棺の最後の欠片を奪われてしまったパーシバルたち。
常闇の棺は完成した。
発動を防ぐためには、システナの町人が殺される前に、常闇の棺の破壊、もしくはひとつでも欠片を奪取する必要がある。
パーシバルたちは、システナの令嬢アングハルハッドを仲間に加え、作戦を開始するのだった。

「黙示録の四騎士」16話:戦慄のシスタナの登場人物

主人公たち

パーシバル、主人公。じいじの兜をかぶっている。
ナシエンス、凶器の薬師(マッド・ハーバリスト)。キングとディアンヌの子。
シン、キツネ。呪言玉をつかう。
ドニー、念力使い。オールバックロング。カッツ大道芸一座の一員。

木霊の谷

ドロレス、巨人尼。七つの大罪ディアンヌの親友。
オルド、ナシエンスのじいじ。

聖騎士

イロンシッド、主人公の父。主人公の祖父を殺した。十字を切る技を使う。
ぺルガルド、黒の騎士。イロンシッドの同僚。
タリスカー、琥珀の騎士。アーサー王の配下の聖騎士。

その他

カルデン公、システナの公爵。
アン、カルデン公の娘。嘘を見抜く能力がある。
バルギス、パーシバルの祖父。

「黙示録の四騎士」16話:戦慄のシスタナのあらすじ

システナの町。

イロンシッドは町人を集め、常闇の棺の生贄にしようと画策していた。
なぜか。
狐のシンは語る。

常闇の棺。
魔神族を封印するために作られた魔法具。

それを起動するためには、
女神族が自らを犠牲にする必要。

しかし、女神族を犠牲にせずに常闇の棺を起動する方法がある。

それに匹敵するほどの生贄を準備すればよいのだ。

イロンシッドはシステナの町人全員を生贄に、目的を達成しようと考えているのだ。

建物の影に隠れていたパーシバルたちであったが、
「すぐにぶっ飛ばそう!」パーシバルはイロンシッドに向かって飛び出そうとする。

「てめえじゃ太刀打ちできねえぞ」と狐のシンは止めた。

パーシバルは狐のシンがいう「人の命が優先だ」という言葉になんとか踏みとどまった。

まだイロンシッドは町人を殺すことはできない。
常闇の棺の欠片のひとつを、パーシバルたちがもっているからだ。

常闇の棺はすべてが揃わなければ機能しないのだから。

イロンシッドは、町人たちに語り続けた。
内容はこうだ。

悪のリオネス王が、黙示録の四騎士とブリタニアを滅ぼそうとしている。

町人たちに動揺が走る。

それを打ち消すように声をあげたのは、アンだった。

「こいつの言葉はほとんどがウソよ」

子どもの盲言ということで、やり過ごそうとするイロンシッドであったが、アンは言った。
「わたしは真実とウソを見破ることができる魔力をもっている」と。

「だとしたら見逃せんな」イロンシッドは「全く躾ができていない」と、アンの腕を強く掴んだ。

それを見て、パーシバルは見過ごすことができず、イロンシッドの前に姿を現す。

自分で殺したはずのパーシバルが、目の前に出現し、驚くイロンシッド。

混乱に乗じて、パーシバルは魔力で作った子パーシバルを利用、イロンシッドの視界を塞ぎ、その間にアンを連れて逃げ出すのだった。

一方、狐のシン、ドニー、ナシエンスの3人はレリーフを回収することを優先し、保管場所へと急いだ。

時既に遅し。

イロンシッドの使いのものが、常闇の棺の最後の欠片を持ち去ってしまったあとだった。

こうなってしまった以上はしかたない。

狐のシンは指揮を取る。

イロンシッドが町人を殺す前に、常闇の棺を壊す、あるいはひとつでも欠片を回収する、それがおれたちの勝利条件だ、と。

パーシバル、ドニー、ナシエンスにアンを加えて、とうとうイロンシッドとの戦いが始まるのだった。

「黙示録の四騎士」16話:戦慄のシスタナの感想と考察

三幕構成という舞台の理論がありまして、こういうピンチな状態を迎えた場合、
ピンチを打ち破ることができた! と見せかけて、そこからもっと最悪な状況へ向かうという
構成の基本があります。

となれば、
今回の場合では、常闇の棺の発動を防ぐことができないエンドになるんじゃないかと思います。

ただそこまでの流れで、
良い方向へ向かうとしたら、壊すではなくて、ひとつでもいいという表現から
七つの大罪の主人公メリオダスが持っていた剣の柄パーツを奪取する流れが一度あるかと思います。

そこからはいくつかかんがえられるかとおもますが
読者を驚かせたいのなら、リオネスについた後に邂逅するとかんがえていたメリオダスを
ここでもう出しちゃうってのもありかもしれませんね。

メリオダスとメリオダスの剣。

もう安泰!

としてからの、常闇の棺が発動!
シンたちが把握していなかったルールの存在があってもいいかもしれません。

あくまで、いまの作戦はシンの見立てでしかなく、
イロンシッドの語りではないので、イロンシッドが別の手段を持っている可能性はあります。

で、せっかくでてきたメリオダス封印されちゃう、みたいな。

妄想が付きません( ̄ー ̄)

「黙示録の四騎士」16話:戦慄のシスタナのまとめ

今回は、週刊少年マガジンで連載中!「黙示録の四騎士」16話:戦慄のシスタナになるについてまとめました。
あらすじを読んで気に入ってくれた方は、ぜひ、マンガでも読んでくださいね!
アーサー王の伝説について豆知識あればコメントくれるとうれしいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です