最新話ネタバレ

最新話ネタバレ『黙示録の四騎士』7話:木霊の谷の悪魔

「七つの大罪」鈴木央先生の新連載!

週刊少年マガジンで連載中『黙示録の四騎士』7話:木霊の谷の悪魔のあらすじをネタバレ解説します。

前回のあらすじ

アーサーと世界を滅ぼす黙示録の四騎士のひとりはパーシバルであることが判明した。
きつねの「シン」に先導されパーシバルたちは、イロンシッドがいるキャメロットを目的地に定める。
キャメロットは現在地上に存在せず特別な方法でしか到達できない場所にある。
そこにいくためにはリオネス王国に行く必要があるということで、
まずは200マイル先、リオネス王国を目指すこととなったのであった。

最新話ネタバレ『黙示録の四騎士』6話:目指すべき場所「七つの大罪」鈴木央先生の新連載! 週刊少年マガジンで連載中『黙示録の四騎士』6話:目指すべき場所のあらすじをネタバレ解説します。...

『黙示録の四騎士』7話:木霊の谷の悪魔のネタバレ解説

鈴木央/講談社

ここからは、結末、登場人物、あらすじ、感想と考察、まとめの順番で『黙示録の四騎士』7話:木霊の谷の悪魔を解説します。
時間がない人は、結末だけ読んでもらえれば、次回に置いてかれずにすみますよ!
あらすじを読む際は、ぜひ、登場人物を一読して、イメージ膨らませてから読んでもらえるとうれしいです。

『黙示録の四騎士』7話:木霊の谷の悪魔の結末

竜の背骨を渡り終わり、ブリタニアの大地に降り立ったパーシバル。
木霊の谷に狩りでいくと、囚われた妖精がいた。
妖精を逃がすことに成功するパーシバルだったが、妖精を捕縛していた相手に睡眠薬で眠らされてしまうのだった。

『黙示録の四騎士』7話:木霊の谷の悪魔の登場人物

パーシバル、主人公。じいじの兜をかぶっている。

ドロレス、巨人尼。七つの大罪ディアンヌの親友?
ナシエンス、凶器の薬師(マッド・ハーバリスト)。

カッツ大道芸一座(聖騎士になれなかった人たち)
ドニー、念力使い。オールバックロング。

『黙示録の四騎士』7話:木霊の谷の悪魔のあらすじ

ドロレスが生きていた

@ブリタニアの大地
キツネのシンを仲間に加えたパーシバルたち。
竜の背骨を踏破し、リオネスにむけてブリタニアの大地に降り立った。
腹を空かせたパーシバルは、ドニーとシンに提案する。
「狩りの競争をしよー!」

そして、散り散りになって、狩りを開始するのだった。

ドニーとシンは弓で狩りをはじめる。
なかなかうまくいかないドニー。
弓術の腕前はそれほどでもないようだ。

一匹、二匹と獲物を逃している内に、流れ矢が女性に命中してしまう。
悲鳴の下にかけつけてみると、そこには巨人族のシスターがいた。

シスターの名は「ドロレス」。

そう、死んだはずのディアンヌの友人の名だ。

ドニーとシンがドロレスと会話をしていると、妖精が2人慌てた様子でとんでくる。

「木霊の谷に妙なガキが入っちゃった」

妙なガキがパーシバルであることにすぐ気づくドニー。
「木霊の谷はそんなにやばいのか?」確認する。

妖精は答える。
「少し前までは美しい場所だったけれど、いまではまるで地獄だ」
と。

凶器の薬師ナシエンス

@木霊の谷
一方、パーシバルは木霊の谷を満喫していた。
狂暴化し、襲いかかってくるうさぎをちぎってはなげちぎってはなげ。
狩って、狩って、狩った。

獲物のほうからやってくる。

「まるで天国だ!」

と妖精と真逆の感想をもつのだった。

気分良くしていると、小さな声が聞こえる。

「タスケテ」

助けを求める声。

その方向には、きのこの形をした家があった。

パーシバルが家のドアをあけると、そこには、ふたりいた。

ひとりは帽子にトレンチコートにシャツという、ギャングのような格好をした、まるでキングのような目をした男だ。

そして、その男に捕まっているのは、虫歯菌のような、悪魔のような生き物。

助けを求めているのは、虫歯悪魔のほうだった。

そして、パーシバルは虫歯悪魔を逃してしまう。

逃した虫歯悪魔が空を飛ぶところをみて、のんきに「妖精かぁ、はじめてみたー」としていると、後ろから男に睡眠薬を打ち込まれ眠ってしまう。

時を同じくして、木霊の谷に向かっていた、ドニーたち。
「木霊の谷でなにがあった?」
問いかけるドニーに、妖精は応えた。
「悪魔の仕業さ」

凶器の薬師(マッド・ハーバリスト)ナシエンスのせいで、みんな凶暴化してしまったのだ、と。

『黙示録の四騎士』7話:木霊の谷の悪魔の感想と考察

新キャラ出てきましたね!
彼がナシエンスなのでしょうか?
でも、森を悪くしているのがナシエンスなのだとしたら、
彼に捕まえられていた虫歯菌みたいな妖精っぽいなにかのほうがナシエンスなのかもしれませんね。
また、七つの大罪ではディアンヌが七つの大罪に加盟することになった事件の発端でもある、死んでしまったはずの親友ドロレスがでてきましたね。
尼になっていることからも、実は出家していた(させられていた)なのか、女神族に拝んでいることからも、復活させてもらえたのか、どちらなのかもしれません。

そして、新キャラに戻りますが。
目、キングですよね。
で、前髪の感じはディアンヌに似てます。

年齢もまだ少年といわれておかしくない年頃なので、
黙示録の四騎士でまだ確定していなかった、最後の1人。
キングとディアンヌの子どもかもしれません。

さてさて、予想はあたるでしょうか。
みなさんはどうおもいますか?

次回もたのしみですね!

ナシエンス

アーサー王物語に登場する騎士。
24騎士の一人で、ウェールズ語の作品では、円卓の騎士の1人。

『黙示録の四騎士』7話:木霊の谷の悪魔のまとめ

今回は、週刊少年マガジンで連載中!『黙示録の四騎士』7話:木霊の谷の悪魔についてまとめました。
あらすじを読んで気に入ってくれた方は、ぜひ、マンガでも読んでくださいね!
アーサー王の伝説について豆知識あればコメントくれるとうれしいです!

最新話ネタバレ『黙示録の四騎士』8話:パーシバル 実験台(モルモット)になる「七つの大罪」鈴木央先生の新連載! 週刊少年マガジンで連載中『黙示録の四騎士』8話:パーシバル 実験台(モルモット)になるのあらす...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です