マンガ

『黙示録の四騎士』の前作『七つの大罪』【第39話】積年の想い

『七つの大罪』【第39話】積年の想い

★七つの大罪、七つの掟その三「お互いの罪に干渉せず」
★カウンターバニッシュ初登場

喧嘩祭り、メリオダスvsケイン。

ケインはメリオダスに怒りを向け、炎の魔力で攻撃する。
しかし、メリオダスは「カウンターバニッシュ」で打ち消す。

一連のやりとりで、メリオダスはケインがダナフォール王国の生き残り「ケイン=バルザド」炎のバルザドであることを思い出す。

メリオダスになぜダナフォールを裏切った、仲間を殺した! と迫るケインに、メリオダスは裏切っていないことをケインに誓う。

ケインはその言葉に喜び、試合を棄権した。

こうして、決勝戦はメリオダスvsディアンヌとなった。

もう神器を手に入れられることは確定したので、適当に試合を終わらせることにしようとしたが、観客から黄色い声がメリオダスに届く。

それを聞いて激昂したディアンヌは、本気で浮気者と罵りながら、メリオダスに殴りかかるのだった。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です