最新話ネタバレ

最新話ネタバレ『黙示録の四騎士』8話:パーシバル 実験台(モルモット)になる

「七つの大罪」鈴木央先生の新連載!

週刊少年マガジンで連載中『黙示録の四騎士』8話:パーシバル 実験台(モルモット)になるのあらすじをネタバレ解説します。

前回のあらすじ

竜の背骨を渡り終わり、ブリタニアの大地に降り立ったパーシバル。
木霊の谷に狩りでいくと、囚われた妖精がいた。
妖精を逃がすことに成功するパーシバルだったが、妖精を捕縛していた相手に睡眠薬で眠らされてしまうのだった。

最新話ネタバレ『黙示録の四騎士』7話:木霊の谷の悪魔「七つの大罪」鈴木央先生の新連載! 週刊少年マガジンで連載中『黙示録の四騎士』7話:木霊の谷の悪魔のあらすじをネタバレ解説します。...

『黙示録の四騎士』8話:パーシバル 実験台(モルモット)になるのネタバレ解説

ここからは、結末、登場人物、あらすじ、感想と考察、まとめの順番で『黙示録の四騎士』8話:パーシバル 実験台(モルモット)になるを解説します。
時間がない人は、結末だけ読んでもらえれば、次回に置いてかれずにすみますよ!
あらすじを読む際は、ぜひ、登場人物を一読して、イメージ膨らませてから読んでもらえるとうれしいです。

『黙示録の四騎士』8話:パーシバル 実験台(モルモット)になるの結末

ナシエンスに捕らえられたパーシバル。
ナシエンスがナゼ実験しているのか。
事情を知り、自ら実験台となるのだった。

『黙示録の四騎士』8話:パーシバル 実験台(モルモット)になるの登場人物

パーシバル、主人公。じいじの兜をかぶっている。
ドロレス、巨人尼。キングとディアンヌの子。七つの大罪ディアンヌの親友と同じ名前。
ナシエンス、凶器の薬師(マッド・ハーバリスト)。キングとディアンヌの子。
シン、キツネ。呪言玉をつかう。
カッツ大道芸一座(聖騎士になれなかった人たち)
ドニー、念力使い。オールバックロング。

聖騎士
イロンシッド、主人公の父。主人公の祖父を殺した。十字を切る技を使う。
ぺルガルド、黒の騎士。イロンシッドの同僚。

『黙示録の四騎士』8話:パーシバル 実験台(モルモット)になるのあらすじ

ドロレスとナシエンスは姉弟

「ここが木霊の谷か」
ドニーは言った。

妖精たちの案内で、
ドニーは、キツネのシン、巨人の尼ドロレスとともに、パーシバルがいるという木霊の谷に着いた。

ナシエンスの癖

一方、パーシバルは、ナシエンスに捕らえられていた。
服を脱がされ、縄をかけられ、椅子に縛られている。

実験台には清潔であってもらわなければならないと、兜とマント以外、衣類は処分したことを、ナシエンスから伝えられた。

カブトとマントはレアな魔法具であるそうだ。

ナシエンスと会話をするなか、パーシバルはナシエンスのことを誤解していることを理解した。

ナシエンスが捕らえていた妖精は、不法侵入し、ナシエンスを襲ってきたところを返り討ちにしたということ。

口から血を滴らせ、悪人めいた発言をするのは、ただの昔からの癖であるということ。

また、その癖については、姉(ドロレス)にもやめるよう昔からよく言われているということを、だ。

災害指定地団駄ドロレス

場面は、ドニーたちに戻る。
ドニーたちは追われていた。
何に。
木に。
ドラゴンクエストの不思議な踊りをする人面樹のようなモンスターに、襲われているのだ。

妖精たちは言う。
「すべてナシエンスのせいだ」
それを聞いて、ドロレスは地団駄を踏んだ。
「ナシエンスはそんなこじゃないの!」
巨人の地団駄。
災害レベルである。

パーシバル対ナシエンス

一方、ナシエンスの家では、
パーシバルはナシエンスと会話を続けていた。

「次の調合薬で実験は終わりです」
ナシエンスは手を震わせながら言った。

どうやらなにか深い理由があるようだった。

失敗すれば死ぬ。

と、告げるナシエンスに、パーシバルは「まだ死ぬわけにはいかない」と捕縛した縄を引き裂き、拘束から脱出する。

逃がすわけにはいかない、と魔力を行使するナシエンス。

麻痺毒(ヒヨス)、睡眠毒(ベラドンナ)

どうやら、ナシエンスは魔力で毒を生成できるらしい。

毒を付与した短刀を持つナシエンスと、パーシバルは戦い始めた。
「困っているなら力になる!」
と申し出るパーシバルに「白々しい!」と信じないナシエンス。

薬を完成させなければ、谷を救えない。
しかし、自分で試して、自分が死んでしまえば、やはり谷を救えない。
ナシエンスは葛藤しているようだった。

それを聞きパーシバルは、調合された薬を一気飲みする。

「だったら、ボクが試す」と。

『黙示録の四騎士』8話:パーシバル 実験台(モルモット)になるの感想と考察

ドロレスって、ドロレス本人ではなく、キングとディアンヌの子どもでしたね!
ただ、ナシエンスが黙示録の四騎士だとすると、なんかひとりだけメジャーじゃない円卓の騎士ですね。
どんな話にどんなふうに登場するのか、調べてみたいとおもいます!

『黙示録の四騎士』8話:パーシバル 実験台(モルモット)になるのまとめ

今回は、週刊少年マガジンで連載中!『黙示録の四騎士』8話:パーシバル 実験台(モルモット)になるについてまとめました。
あらすじを読んで気に入ってくれた方は、ぜひ、マンガでも読んでくださいね!
アーサー王の伝説について豆知識あればコメントくれるとうれしいです!

最新話ネタバレ『黙示録の四騎士』8話:パーシバル 実験台(モルモット)になる「七つの大罪」鈴木央先生の新連載! 週刊少年マガジンで連載中『黙示録の四騎士』8話:パーシバル 実験台(モルモット)になるのあらす...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です