最新話ネタバレ

最新話ネタバレ『戦隊大失格』7話:平和と征服

「五等分の花嫁」春場ねぎ先生最新作!

週刊少年マガジンで連載中『戦隊大失格』7話:平和と征服のあらすじをネタバレ解説します。

前回のあらすじ

錫切夢子は、大戦隊本部に緊急招集されていた。
すべてのドラゴンキーパーは正一位だけでなく従一位まで集まった。
レッドキーパーが神具を盗まれたことを打ち明けると、レッド従一位がそれを糾弾する。
しかし、力及ばず、レッド従一位緋村仁は、レッド正一位赤刎創星に頭を砕かれ死亡するのだった。

最新話ネタバレ『戦隊大失格』6話:正義の鉄槌「五等分の花嫁」春場ねぎ先生最新作! 週刊少年マガジンで連載中『戦隊大失格』6話:正義の鉄槌のあらすじをネタバレ解説します。 前...

『戦隊大失格』7話:平和と征服のネタバレ解説

ここからは、結末、登場人物、あらすじ、感想と考察、まとめの順番で『戦隊大失格』7話:平和と征服の解説をします。
時間がない人は、結末だけ読んでもらえれば、次回に置いてかれずにすみますよ!
あらすじを読む際は、ぜひ、登場人物を一読して、イメージ膨らませてから読んでもらえるとうれしいです。

春場ネギ/講談社

『戦隊大失格』7話:平和と征服の結末

浮遊城にレッドキーパーとブルーキーパーがやってきた。
そして怪人たちを今後、戦隊員を常駐させ監視させるという。
抵抗を示した怪人ではあったが、力の差は歴然。従うこととなった。
一方、ブルーキーパーは戦闘員Dとの戦闘に違和感があった。
そして、その違和感は正しかった。
戦闘員Dは生きていた。
錫切夢子の爆弾で神具による攻撃より早く自ら爆砕し、逃げたのだ。
森の中、傷を癒やす戦闘員Dの下へ現れたのは、桜間日々輝だった。

『戦隊大失格』7話:平和と征服の登場人物

竜人戦隊ドラゴンキーパー正一位

レッドキーパー、リーダー。赤刎創星。
ブルーキーパー、寡黙。
イエローキーパー、おちゃらけ。
グリーンキーパー、豪快。
ピンクキーパー、紅一点。

竜人戦隊ドラゴンキーパー従一位

ピンク従一位 撫子益荒男(なでしこますらお)
イエロー従一位 錫切夢子(すずきりゆめこ)

竜人戦隊ドラゴンキーパー従三位

ブルー正三位、瑠璃真太(るりしんた)、短髪。無表情。
ブルー従三位、碧流亜嵐(へきるあらん)おとなしそう。いつも緊張で汗かいてる。

その他

桜間日々輝、さわやかなイケメン。いまの大戦隊に不満を持つ。ピンクキーパーと因縁?

『戦隊大失格』7話:平和と征服のあらすじ

飼いならされる怪人たち

ここは浮遊城。
いつもどおり、怪人たちは暇つぶしをしていた。

安穏とした時間。

長くは続かなかった。
「やつらがくるなんてめずらしいな」
ドラゴンキーパーたちが浮遊城に到着したのだ。

ヘリから浮遊城に降りてきたのは、レッドキーパーとブルーキーパー。
ブルー正三位の瑠璃真太
ブルー従三位の碧流亜嵐

のふたりも同行していた。

ふたりが同行した理由。
それは、戦闘員DやFのような裏切り者が今後でないように、
戦闘員たちを見張ることだった。

「本当にてを組んでるんだ・・・」
従三位の碧流亜嵐は驚きを隠せずにいた。

しかし、そんな感情の動きなど考慮されず話は進む。

「横暴だ!」
と、監視されることに遺憾の意を唱える戦闘院もいたが、正三位の瑠璃真太の拳一撃で頭を砕かれ黙らされる。

続けて、従三位の碧流亜嵐が言う。
「神具の一部の力をぼくらは使うことができるんです。使えば、殺しちゃうので抵抗しないでください・・・」
どうやら殺すことは本望ではないらしい。

結局。

戦闘員たちはレッドキーパーの申し入れを受け入れ、監視体制の中生きることを決めるのだった。

それぞれの思惑

一方、大戦隊本部では
ピンクキーパーと、その従一位、撫子益荒男に
錫切夢子が二次会へと誘われていた。

桜間日々輝もいっしょにどうか、と。

しかし、錫切夢子はその誘いを断り、「桜間くんでしょ」とピンクキーパーに耳打ちする。

「面倒臭いなあ、自分で言ったら?」

ピンクキーパーは白を切り「なんのことかしら?」
どうやらなにやら因縁があるらしい。
桜間だけに、姉弟なのだろうか。

場面は浮遊城に戻る。
そこでは、ブルーキーパーとブルー従三位の碧流亜嵐が話をしていた。
話の内容は、戦闘員Dを殺したときの話。
レッドキーパーの神具を強奪した、戦闘員Dに自身の神具で止めをさしたのは、ブルーキーパーだ。

違和感。

ブルーキーパーは言う。
「力を調整したはずなのに、なぜ大爆発が起こった?」

戦闘員D生存

そう。
あの大爆発を引き起こしたのは、神具ではない。
戦闘員Dが錫切夢子の爆薬を利用し、神具で殺される前に、自らを爆弾で粉砕したのだ。

ブルーキーパーもその可能性に行き当たった。

そして、従三位の碧流亜嵐を戦闘員Dの追手として差し向けるのだった。

一方、戦闘員Dは、森の中で洞窟を見つけ、再起のためカラダを休めていた。

そこに現れたのは、桜間日々輝だったのであった。

『戦隊大失格』7話:平和と征服の感想と考察

戦闘員Dいきてたーー!!!!
よかったよかった。
あの錫切夢子の目すらごまかせているのだから、たいしたものです。
成長したじゃあ、ないですか。
しかし、桜間日々輝と出くわしてしまいましたし、
碧流亜嵐もすぐ近くまできてますね。
でも、碧流亜嵐はかならずしも敵?ではない気もします。
もしかしたら、桜間日々輝と同じ一派かもしれませんね。

次週も楽しみです!

『戦隊大失格』7話:平和と征服のまとめ

「五等分の花嫁」春場ねぎ先生最新作!

今回は、週刊少年マガジンで連載中『戦隊大失格』7話:平和と征服のネタバレをまとめました!
ぜひ、マンガでも読んでみてくださいね!
マンガを読んだ上でのコメントや、考察お待ちしてます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です