最新話ネタバレ

最新話ネタバレ「黙示録の四騎士」9話:調毒少年

「七つの大罪」鈴木央先生の新連載!

週刊少年マガジンで連載中「黙示録の四騎士」9話:調毒少年のあらすじをネタバレ解説します。

前回のあらすじ

ナシエンスに捕らえられたパーシバル。
ナシエンスがナゼ実験しているのか。
事情を知り、自ら実験台となるのだった。

最新話ネタバレ『黙示録の四騎士』8話:パーシバル 実験台(モルモット)になる「七つの大罪」鈴木央先生の新連載! 週刊少年マガジンで連載中『黙示録の四騎士』8話:パーシバル 実験台(モルモット)になるのあらす...

「黙示録の四騎士」9話:調毒少年のネタバレ解説

ここからは、結末、登場人物、あらすじ、感想と考察、まとめの順番で「黙示録の四騎士」9話:調毒少年を解説します。
時間がない人は、結末だけ読んでもらえれば、次回に置いてかれずにすみますよ!
あらすじを読む際は、ぜひ、登場人物を一読して、イメージ膨らませてから読んでもらえるとうれしいです。

「黙示録の四騎士」9話:調毒少年の結末

ナシエンスが実験をしていたのは、木霊の谷の異変から動植物を助けるためだった。
パーシバルが実験台になった結果、成功を核心し、ナシエンスは魔力「調合毒」(ミクスベノム)
で木霊の谷を救うのだった。

「黙示録の四騎士」9話:調毒少年の登場人物

パーシバル、主人公。じいじの兜をかぶっている。

ドロレス、巨人尼。七つの大罪ディアンヌの親友。
ナシエンス、凶器の薬師(マッド・ハーバリスト)。キングとディアンヌの子。
シン、キツネ。呪言玉をつかう。

カッツ大道芸一座(聖騎士になれなかった人たち)
ドニー、念力使い。オールバックロング。

聖騎士
イロンシッド、主人公の父。主人公の祖父を殺した。十字を切る技を使う。
ぺルガルド、黒の騎士。イロンシッドの同僚。

「黙示録の四騎士」9話:調毒少年のあらすじ

おたんちんとは

ナシエンスに捕まり、実験台にされそうになっていたパーシバル。
調合薬の実験台になることが、ナシエンスのためになるとわかると、自ら調合薬を飲み干し、実験台となった。

調合薬は毒。

苦しみだすパーシバル。
「失敗だったか」
ナシエンスが、吐き出すよう促すが、雄叫びを上げながらパーシバルは立ち上がる。

「体中に元気がみなぎってきたぞー!」

元気だけでなく、髪の毛も逆立つ。心なしか伸びている。
ゴンさんか。ゴンさんなのか。
そして、叫ぶ。
「おたんちーん!」
おたんちんとは愛知の方言で、「ばか」という意味らしい。

パーシバルとじいじであるバルガスが暮らしていたのは、どうやら愛知県だったという親切が生まれた瞬間であった。

ナシエンスの魔力「調毒」(ミクスベノム)

一連の騒動で打ち解けたパーシバルとナシエンス。
ナシエンスは、いままでの経緯を話し始めた。

木霊の谷には、オルドという老薬師が住んでいたということ。
群れからはぐれた巨人族の少女を家族としたこと。
谷に捨てられた赤子をナシエンスと名付け育てたということ。
そして、ある日オルドが谷から姿を消したということ。
その後、谷の植物や動物が弱ったり凶暴化したりしたこと。

だから、谷の妖精たちは、ナシエンスが悪さをしていると思っていること。

しかし、ナシエンスは悪さどころか、それらを直すために実験をしていたのだった。

自らも調合薬を飲んだナシエンスは、血清を作るように自らの体内で、それを更に生成・合成し霧状にして谷に散布するのだった。

ナシエンスの魔力「調毒」(ミクスベノム)

散布する技を「霧状化」(ミスティレイン)という。

霧状になった調合薬の効き目で、谷の動植物はみるみる回復していく。「毒を知らずして命は救えぬ」
これも育ての親のオルドの受け売りだということであった。

「もう一度会えたらいいね」と言うパーシバルに、「うん、もう一度あいたい」と頬を染めて素直に応えるナシエンスだった。

オルドの末路

一方そのころ。
ナシエンスに捕まっていた虫歯菌のような妖精は、悪巧みの最中だった。
谷で悪事を働いていたのは、こいつらしい。

そして、悪さをするために、利用していたであろう存在に声をかける。
「弟子の不始末は、師である貴様がつけるぞね」と。

「黙示録の四騎士」9話:調毒少年の感想と考察

ドロレスのイラストみましたか?
完全に前作のドロレス、その人でしたよね。
群れからはぐれたと表現されていましたが、はぐれさせられたんでしょね、わざと。
その経緯については、前作七つの大罪を読めばよくわかりますよ!
というわけで。
ドロレスは血のつながった姉ではなくて、前作にでていたドロレスってことですね。
にしても、せっかく心が通じたとおもったナシエンス。
じいじ、あいたいよ、じいじ。
からの、なかなか会えず、物語終盤で・・・というわけでもなく
いきなりの再会となってしまいそうですね。
じいじオルドを取り戻すために、パーシバルの聖杯の力が使われるのではないでしょうか!

あと気になったのは、ナシエンスが捨てられた、という節です。
キングとディアンヌがもし、ここに子を残していったのだとしたら、
それだけの理由があったとおもうんですよね。

いつ語られるのでしょうか、たのしみです!

「黙示録の四騎士」9話:調毒少年のまとめ

今回は、週刊少年マガジンで連載中!「黙示録の四騎士」9話:調毒少年になるについてまとめました。
あらすじを読んで気に入ってくれた方は、ぜひ、マンガでも読んでくださいね!
アーサー王の伝説について豆知識あればコメントくれるとうれしいです!

最新話ネタバレ「黙示録の四騎士」10話:心踏みにじりし者「七つの大罪」鈴木央先生の新連載! 週刊少年マガジンで連載中「黙示録の四騎士」10話:心踏みにじりし者のあらすじをネタバレ解説しま...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です