最新話ネタバレ

最新話ネタバレ『逃げ上手の若君』5話:狩猟1333

週刊少年ジャンプで連載中『逃げ上手の若君』5話:狩猟1333のあらすじをネタバレ解説します。

前回のあらすじ

北条時行は、諏訪頼重が見せた奇跡に心打たれ、鍛錬から逃げることを辞め、精進することとした。

最新話ネタバレ『逃げ上手の若君』第4話:諏訪1333暗殺教室の松井優征先生の最新作! 週刊少年ジャンプで連載中『逃げ上手の若君』第4話:諏訪1333のあらすじをネタバレ解説します。 前回...

『逃げ上手の若君』5話:狩猟1333のネタバレ解説

ここからは、結末、登場人物、あらすじ、感想と考察、まとめの順番で『逃げ上手の若君』5話:狩猟1333の解説をします。
時間がない人は、結末だけ読んでもらえれば、次回に置いてかれずにすみますよ!
あらすじを読む際は、ぜひ、登場人物を一読して、イメージ膨らませてから読んでもらえるとうれしいです。

『逃げ上手の若君』5話:狩猟1333の結末

足利高氏は、後醍醐天皇の信頼と名を手に入れ、足利尊氏となった。
一方主人公の北条時行は、郎党(仲間)集めに勤しむことに。
その一環で、狩りに赴いた先、
巷で有名な魔獣、牛鬼「牡丹」と遭遇した。

『逃げ上手の若君』5話:狩猟1333の登場人物

北条時行、主人公。十歳で英雄になると予言された子。
諏訪頼重、信濃国の神官。未来が見える。
雫、諏訪の娘。巫女。
孤次郎、諏訪の部下。目つき悪い。へんなとこで髪結ってる。
亜也子、諏訪の部下。頭ひとつ分おねえさん。黒髪ロング。

足利尊氏、敵。南北朝時代の絶対的主人公。足利高氏から改名。
後醍醐天皇、北朝の天皇。

『逃げ上手の若君』5話:狩猟1333の用語

公家、貴族。
武士、元々は自警団が起源。だから公家のほうが偉い。
郎党、部下。

『逃げ上手の若君』5話:狩猟1333のあらすじ

足利高氏の支配

@朝廷
鎌倉幕府を倒した足利高氏は、後醍醐天皇から1字を賜り、
足利尊氏となった。

後醍醐天皇から、朝廷での仕事を進められるが、腰を低く、丁重に断り、その代わり自分の郎党へ、朝廷の仕事を与えてあげてほしいと、笑顔で願う。

その姿に、公家たちはほだされ、信用し、また帝と公家の天下がくることを確信した。

@尊氏私室
足利家執事の高師直は言う。
「殿の笑顔は、人間離れしてまいりましたな」

尊氏は笑顔で涙を流しながら
「戯言を申すな」と答えた。

その眼には、幾重にも重なった瞳が宿っていた。
正直、夢にでそうなくらい、
トラウマ級のイラストである。

こうして、足利尊氏の朝廷浸食は開始したのだ。

郎党と王道

すっかり諏訪の暮らしにもなれた時行。

諏訪は、郎党を増やすように進言する。
郎党とは、味方。
RPGでいえば、パーティーメンバー、あるいはギルド、クランメンバーといったところである。
けっしてFF11のリンクシェルメンバーではない。
なぜなら、主君のために命がけで闘う配下のことを「郎党」と呼ぶからだ。
まあ、ある意味において、HNMLSのメンバーは命がけであったが、
それは主君のためではなく、おのれの愉悦のためである。

時行も同じで、崩壊したLSのマスターのように
一族郎党を足利尊氏の手によって失ったので、1から作り直さなければならない。

いまはまだ同世代の3人だけが郎党である。
刀の使い手 孤次郎。
怪力便女(メイド) 亜也子。
巫女の雫。

みんなで郎党を増やすためなにをするか、会議した結果、狩りをすることになった。

魔獣狩り

兎追いしかの山。
弓をはずす時行。

孤次郎が刀で、亜也子が怪力でフォローするが、
うさぎ、なかなか仕留められず。

まさに生存本能の怪物!(ちがう

が、しかし。
うさぎ死亡。

時行が仕留めたのでも、孤次郎が切り裂いたのでも、亜也子が打ち砕いたのでも、雫が手なづけたのでもない。

穿たれた。

牙で。

巨大な獣がいた。
人の味を覚えた巨大な獣。

魔獣

牛鬼「牡丹」である。

孤次郎は言った。
「来るぞ・・・!」

『逃げ上手の若君』5話:狩猟1333の感想と考察

足利尊氏になった経緯について丁寧に描かれていましたね。
もともと足利高氏の「高」もやっぱり北条高時からもらった名なのでしょうか。

そして、唐突に魔獣あらわれましたね。
牛鬼といえば、源頼光を思い出しますね。

FGO好きな人にはたまらんのではないでしょうか。

諏訪は、信濃なので、いまでは長野県らへんらしいのですが、
この時代に信濃で牛鬼らしい伝説はぱっとでてきませんでした。

元ネタなんなんでしょうね?

床尾神社という長野県の神社の伝承には、
健御名方命が、「牛鬼」という賊を退治したというものがあるようです。

今回のは賊ではなくて、獣ですよね。
イラスト的には、「百怪図巻」の「うし鬼」より
「画図百鬼夜行」の「牛鬼」のほうが近いですね。

『逃げ上手の若君』5話:狩猟1333のまとめ

今回は、週刊少年ジャンプで連載中『逃げ上手の若君』5話:狩猟1333のネタバレをまとめました!
ぜひ、マンガでも読んでみてくださいね!
マンガを読んだ上でのコメントや、考察お待ちしてます!

最新話ネタバレ『逃げ上手の若君』6話:郎党1333週刊少年ジャンプで連載中『逃げ上手の若君』6話:郎党1333のあらすじをネタバレ解説します。 前回のあらすじ 足利高氏は、後醍醐天皇...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です