マンガ

終末のワルキューレ6話ネタバレあらすじ解説

終末のワルキューレ6話」をネタバレしつつ、あらすじ解説します。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
『終末のワルキューレ』(しゅうまつのワルキューレ、英題:Record of Ragnarok)は、梅村真也原作、フクイタクミ構成、アジチカ作画による日本の漫画。コアミックス(旧ノース・スターズ・ピクチャーズ)の月刊誌『月刊コミックゼノン』にて、2018年1月号より連載中。スピンオフ作品として、本作に登場する呂布奉先を主人公にした『終末のワルキューレ異聞 呂布奉先飛将伝』が、同誌にて2019年12月号から連載中。

人類滅亡を決めた神々と、それを覆そうとする戦乙女によって選出された人類の英傑たちによるバトル作品。連載開始直後から話題となり、2018年5月に発売された単行本第1巻は発売直後から品薄となったため、大量重版となっている。また、同年9月に単行本第2巻が発売された際には、アジチカが第1話をすべてTwitterで公開したことから、読者を大きく増やした。2020年12月時点で累計発行部数は500万部を突破している。

U-NEXTはこんなにお得!
  • 31日間の無料のお試しキャンペーンがある
  • 無料期間に600円分のポイントが使える
  • 57万冊以上のマンガや書籍もラインナップ

ネタバレ前にU-NEXTで読む

U-NEXTは、他のマンガもラノベも小説も読めますし、色々な動画も見放題です。スマホでも見ることができるので、誰の目も気にせず読むことができます
31日間、無料期間中の解約は違約金なしです!

1分で『終末のワルキューレ』のあらすじネタバレ解説

方天戟(ほうてんげき)の先の先

呂布は、自然の脅威を眼にし、幼い頃から「天にはすげーやつがいる」と直感していた。

ついにそのすげーやつと対峙し、そいつに最高の一撃を喰らわせる機会がやってきた。

方天戟の先の先をもち、生前には、武器が壊れてしまい放つことができなかった最強の一撃を放つ。

方天戟vs覚醒雷槌

初めて最強と最強が全力をだした。
そしてぶつかりあい、天は割れた。

結果、呂布の体は砕け、方天戟もワルキューレが変身した神器も砕け散った

最期の一撃、呂布の上半身は消し飛び、
トールが勝利したのである。

終末のワルキューレ』のここまでの勝敗

トールvs呂布奉先

試合時間16分28秒(1話~6話)
決まり手:覚醒雷槌(ゲイルロズトールハンマー)
勝者トール

終末のワルキューレ』の感想と考察

結局、神の勝利でした!
やっぱり人は、神に勝つことができないのか!
まあ、冷静に考えたら無理だとは思いますけど、
神器錬成はそれを可能にしてくれると信じています!

殿!!!
空から見守っていてください!!!
(ってここ天界だから、ここより上はないんですかね?

まとめ

今回は『終末のワルキューレ』についてあらすじをネタバレしつつ、感想、考察をまとめました。
終末のワルキューレ』へ興味もってもらえたら、ぜひマンガで読んでみてくださいね。U-Nextならかんたんに続きを見ることができますよ!

U-NEXTはこんなにお得!
  • 31日間の無料のお試しキャンペーンがある
  • 無料期間に600円分のポイントが使える
  • 57万冊以上のマンガや書籍もラインナップ

この続きをU-NEXTで読む

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です