ニュース雑談

【海外】地下でチンコに由来する巨大虫が発見される@台湾

台湾の地下で巨大な虫の巣が発見された。

2000万年前の穴は、科学者によって最近発見されたもので、木曜日に学術誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表されました。

“ボビット・ワーム”と呼ばれるこの虫(ゴカイ)は、長さ3メートルにまで成長する可能性があるという。

ボビット・ワームとは

ボビット・ワームの名前の由来

アメリカで起こったジョンとロレーナボビット事件から取られています。
ジョンとロレーナ・ボビットは、夫のジョンのペニスを妻のロレーナが切り取った事件です。

ボビット・ワームの摂食習慣

巨大なワームは恐ろしい摂食習慣を持っていた。記事によると、「彼らは、獲物を地面に引きずり落とす前に、彼らの強力な顎で、獲物をつかむまで穴に隠れている」という。

国立台湾大学の堆積物学者で研究の共著者であるルビング氏は、新たに発見された化石は「ミミズのような無脊椎動物が脊椎動物を食べていたことを示している」とワード誌に語った。

ボビット・ワームの姿

この特定の化石によると、このボビット・ワームの体長はわずか2メートルだった。

研究者たちは、2000万年前にボビットワームが広まっていた可能性があることを示唆して、イエリュウジオパークの砂岩に保存されている319個の穴を説明した。

専門家の助言

ボビット・ワームの専門家は語った。
「2000万年たっても、この穴が、昔のものか、今のものか判断するのはむずかしいです。少なくともシュノーケルを近づけることはおすすめしません」

ボビット・ワームの感想

誰だ、命名したの・・・( ゚д゚)

ボビット・ワームのまとめ

今回は、ボビット・ワーム、2000万年前から現れた台湾ペニスワームについて情報をまとめました!
あなたの雑談のネタになることを祈っています! それではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です