ニュース雑談

【海外ニュース】ウィンターペニス警告・・・だと?!

セックスの専門家であるアナベル・ナイトが、ウィンターペニス(冬チンコ)について警告しています。

【海外ニュース】ウィンターペニス警告・・・だと?!

大きさ:冬が男性のペニスに与える影響

寒くなった日は、ペニスの胴回りの長さは20-30%小さくなることが報告されています。

原因:冬が男性のペニスに与える影響

寒いと身体は体温維持のため、血流をコントロールし、付属器官、つまりは末端部位(指、足指、耳、ペニスなど)への血流を減らすそうです。

男性の陰茎が大きくなるためには、陰茎に多くの血が通っている必要があります。
勃起の仕組みと同じですね。

その血流がコントロールされてしまうため、相対的に小さくなってしまうということでした。

問題:冬が男性のペニスに与える影響

ウィンターペニス状態で性交渉した場合、男性はオーガズムを迎えるに、時間がかかるという研究結果があります。

解決:冬が男性のペニスに与える影響

温活。
特に末端を、足首や手首などを温めることで脳を騙し、血流を通常に戻すことができるそうです。
また、ウィンターペニスについて極端に気にする必要はありません。
温かい部屋に戻れば数分で回復するそうです。

ウィンターペニスの感想

ぎゅっと縮む感覚は男性なら、だれでも見に覚えがあるんじゃないでしょうか。
あの現象を定義づけて、研究しているひとたちがいるんですから、そういう思考のほうが、肉体的現象より、不思議ですよね。
また、問題として挙げられているオーガズムを遅らせる、という作用については、「それって早漏対策になるんじゃないの?」と思った人もいるかもしれません。
しかし、このウィンターペニス、冬チンコ状態の場合、そもそも血流不全の問題なので、勃起不全な状態である可能性が高く、オーガズムが遅れるというより、そういう状況に至るまで時間がかかるということじゃあないでしょうか。なので、解決策にはならんのではないかと思います。

ウィンターペニスのまとめ

今回は、「ウィンターペニス」について海外ニュースをまとめました。
みなさんの雑談のネタになることを祈っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です