IT

セールスでAIに惨敗。人工無脳より人類無能?

セールスでAIに惨敗。人工無脳より人類無能?

今日も、AI上司に続いてAIの話題です。

AI上司が神すぎる! 人間の管理職不要論について第二回目の「人工知能(AI)と職場に関する意識調査」(Oracle社とFuture Workplace社) なんていう調査が行われたそ...

使ってますか? AI。
日本はAI後進国と、毛髪が後進している・・・失礼。本人が前進している日本一の経営者こと孫正義も言っていますが、まったくその通りなのでしょう。

でも、まったく使ってないか、というとそうでもなくて、LINEと連携したチャットボットなんてよく見かけますよね。
銀行のチャットボットで、

「口座残高は?」

と聞けば、

「120000000円です」

と返してくれるようなものです。

あれは、ディープラーニングしているわけではなくて、事前に教師データを基に教育したものです。
(教師データっていうのは、何が正解で、何が不正解かというような情報のリスト)

なので、みんなが想像するようなAI、つまりは囲碁世界チャンピョンになったアルファGOだとか、アニメの中に住む青ダヌキだとかとはちょっと違うわけです。

そういう人工知能と区別するために、人工無脳なんて言葉を使ったりしますし、揶揄して「人工無能」なんて言ったりします。

しかし、「Marketing Science」というサイトで公開された調査結果もそうですけど、その人工無脳にすら人間は勝てない、なんてことがあります。

人工無脳、チャットボットが、人工無能なのだとしたら。

それに勝てない人間はなんなんでしょうか。
人類無能なんでしょうか。

ともあれ。

調査結果によると、セールスの分野でも人類はAIに大敗したそうです。

残念なお知らせ

セールスでもAIに人間は勝てません。

セールスでAIに惨敗の理由:AIの得意分野と売上

人間をロボットに喩えたら、どんなタイプでしょうか。
それこそ、人工知能。ドラえもんに似たタイプだと思います。

「どういうこと?」
汎用型という意味です。

何かに特化したわけではなくて、いろいろなことができるように設計されているロボットです。

泳ぐより潜水艦。
走るより自動車。
考えるよりパソコン。

どれも、人間よりマシーンの方が優れていますよね。
ただ、人間は泳ぐことも、走ることも、考えることもできます。

こういうのを汎用型といいます。

チャットボットはどうでしょうか。

チャットボットは泳ぐことはできません。走ることもできません。人のように考えることもできません。
それだけ聞くと、人間より劣っているように聞こえるかもしれませんが、そんなことはありません。
これは優劣ではなくて特徴です。

チャットボットをはじめとするAIは、基本的に特化型です。
何か、一つのことをやらせるために、機能、性能を強化します。

今回の調査でいえば、セールスに特化したというわけですね。
その結果、調査では、人間より4倍もの売り上げを確保したそうです。

セールスというのは、臨機応変な対応が求められるように思えますが、実はそうでもなく、パターンの学習でどうにかなる場合が多いです。

例として、某ネットワークビジネスの場合、素人でも勧誘できるように、超絶なマニュアルが存在します。

Aと言われたら、X。

Xに対して、Bと言われたらYで、Cと言われたらZ。
BでもCでもなければ、P。

と言った具合にです。

こうやって契約まで持っていくってわけですね。

「素人でもできる」

というのが重要なところで、つまりは、人間として、コミュニケーションが卓越していなくても、成り立つということです。
こういう特化した作業に対して、人間がAIに勝てる余地はほぼありません。

セールスでAIに惨敗の理由:AIのメンタルヘルスと経費

セールスとコールセンター業務はとてもストレス値が高いことで有名です。
離職率も高い業務ですよね。
それに、本心から「これはいい製品だ!」と思えない限り、善意が咎めてしまったりもするでしょう。

そういう良心の呵責みたいなものがAIにはありません。

必要だからやっているだけです。その結果・・・

この人は不幸になるかな、幸せになるかな。
この商品は自分がお金を出してまで欲しいかな。
自分が20万円で買いたいと思わないものを、この人に50万円で売り付けていいものだろうか。

なんて悩みはありません。

コールセンターには、リフレッシュルームやマッサージが併設されていることも、そのストレス値の高さを物語っています。

が。

「マッサージして欲しいです!」

なんていうAIはいません。

余計に経費もかかりません。

セールスでAIに惨敗の理由:まとめ

今日は、「セールスでも人間はAIに勝てない」という話をお伝えしました。
理由は、大きく2点あります。

  1. 売上UP:セールストークを強化学習させれば、AIでも物を売れる。
  2. 経費削減:物を売る、拒絶されるということでAIはメンタルを損なわない。

今ではそれらに加えて、導入コストも安くなってきていますしね。
セールスはきっとどんどんAIに置き換えられていくことでしょう。

なぜなら、AIは型にハマったことが得意だからです。

パターン通りに契約させることを「型に嵌める」って言いますしね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です