最新話ネタバレ

血と灰の女王128話 ネタバレあらすじ解説

血と灰の女王128話」をネタバレしつつ、あらすじ解説します。

内容紹介@U-NEXT
真祖二人が相まみえ、死闘の幕が上がる!燦然党との激戦のさなか、善は“先生”こと堂島正と再会する。数々の非道に憤る善に、堂島はいまや歪み捻れた信念を叫ぶ。言葉を失った善の隙をつく一撃を受け止めたのは…?深手を負いながらも燦然党党首・日ノ元の捕捉に成功したドミノ。ついに真祖二人が相まみえ、想像を絶する死闘の幕が上がる!そして、第三の真祖・ユーベンは静かにその時を待っていた…互いの死力を尽くした戦いは、敵味方とも多大な犠牲を生んでいく…

ネタバレ前にU-NEXTで読む

U-NEXTは、他のマンガもラノベも小説も読めますし、色々な(エッチな)マンガ・動画も見放題です。スマホでも見ることができるので、誰の目も気にせず読むことができます
31日間、無料期間中の解約は違約金なしです!

1分で[血と灰の女王128話]のあらすじネタバレ解説

ドミノとアキラは一緒に料理をしている。
「料理できたんだ」というアキラに、
ドミノはシェフ顔負けの手際を披露した。

将来

アキラは、決戦直前に
料理なんかしているドミノに苦言を呈する。
しかし、「もう作戦なら立てた」とドミノ。

ドミノはアキラを気にしていた。
料理もできないで、将来どおするの?

決戦のあとの話である。
いい人いないの? というドミノに
アキラは「善がいいな」と照れて答える。

父親

アキラは寝る前にカラダを動かす。
決戦の前、敵である父を思い出す。

「わたしは公人だ、迷いはない!」
と宣言するアキラの前に
敵である叔父が現れた。「降りる気はないか」

「ない!」アキラはきっぱり断った。

家族はみんな敵。
かわいそうなアキラである。

そんなアキラにアキラの叔父は提案する。
「父親がどんな男か知りたくないか」

日ノ元士郎

日ノ元士郎はアキラの父である。
ずっと国を憂いていた。
スパイにも有能であれば誘いの声をかける
が、しかし、スパイは自死。
その死体を担ぎ「最期くらいは日の当たる場所へ」と運び出す。
同じ日陰者として。

血と灰の女王128話の感想と考察

決戦のあとの事を考えるなんて、死亡フラグにしか思えませんね。
けっきょく戦いにはお互いの正義と正義があって、正義と悪の戦いではなく主義主張のぶつかり合いだなんてことはよくある話です。
だから、みんな戦争自体が悪いということはわかっていても
あくまで手段なので、なくならないわけで。

続きは、日ノ元を掘り下げる過去編になりそうです。
楽しみですね!

まとめ

今回は血と灰の女王128話についてあらすじをネタバレしつつ、感想、考察をまとめました。
第一話を読んで血と灰の女王128話へ興味もってもらえたら、ぜひマンガで読んでみてくださいね。U-Nextならかんたんに続きを見ることができますよ!

この続きをU-NEXTで読む

マンガ・小説・ドラマ・映画・・・エッチな動画も見放題!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です