ネタバレ考察

「黙示録の四騎士」パーシバルはパーシバルじゃない説についてネタバレ考察

この記事は、週刊少年マガジンで連載中!「黙示録の四騎士」の主人公パーシバルの考察記事です。
「アーサー王の死」などから、パーシバルの物語を妄想した内容については、以下のページを見てください。

「黙示録の四騎士」人物考察:パーシバルこの記事は、週刊少年マガジンで連載中!「黙示録の四騎士」の主人公パーシバルについて、基になっているアーサー王の伝説群からその人物を考察・...

「黙示録の四騎士」パーシバルはパーシバルじゃない説についてネタバレ考察

いきなり主人公が主人公じゃない説なんて持ち出してなんだってんだ?って思われるかもしれませんね。
まあ、自分でもそう思います。
ただ、これには、前回の記事を書いているときにあったひらめきを基にした考察・妄想なので、お付き合いいただけたらとおもいます。

結論

主人公パーシバル(偽)は主人公ではなく、イロンシッドです。
イロンシッドがパーシバル(真)です。

また、主人公パーシバル(偽)はイロンシッドの息子という設定から、
ローエングリン(真)だと妄想します!

根拠

前回説明したパーシバルについての物語群の中で、戯曲『パルジファル』というものがあるという話をしました。
ドイツ語です。
戯曲なので三幕構成。
この『パルジファル』のパーシバルは、聖槍をもって活躍し、聖杯を手に入れ、王となる物語なのですが、
二幕に気になる記述があります。

それは・・・・

聖槍はパルジファルの頭上で静止し、パルジファルがそれをつかんで十字を切ると、魔法が解け、城は崩壊して花園は荒野と化す。

の部分です。

ん?

わかりました?

大事なことなので、2回いいますね。

聖槍はパルジファルの頭上で静止し、パルジファルがそれをつかんで十字を切ると、魔法が解け、城は崩壊して花園は荒野と化す。

んんんん???

見覚えありませんか?

そうです。
第一話のあれです。

講談社

そして、

講談社

これです!

他にもわかりやすく複数箇所で、イロンシッドは、十字を斬り、相手を切り裂く描写があります。

この十字を切って、崩壊させる、というのは、
『パルジファル』でいうところの、パーシバルの所作です。技です。結果です。

主人公パーシバル(偽)の正体

これについては、前回の記事にも書きましたが、パーシバルにはローエングリンという「白鳥の騎士」と呼ばれる息子がいます。
なので、主人公パーシバル(偽)の正体は、本名はローエングリンなのではないでしょうか。

「黙示録の四騎士」人物考察:パーシバルこの記事は、週刊少年マガジンで連載中!「黙示録の四騎士」の主人公パーシバルについて、基になっているアーサー王の伝説群からその人物を考察・...

「黙示録の四騎士」パーシバルはパーシバルじゃない説についてまとめ

今回は、週刊少年マガジンで連載中「黙示録の四騎士」の主人公の正体について考察・妄想しました!

はっきりいって、そうであるとはおもってません!(え

でも、記述と描写から重ね合わせて色々考えてみると、
面白いですよねーということだとおもって生暖かく見守ってもらえたらと思います。

ただ、にしては、
十字を強調しすぎてますよね? 第一話。
それが気になるというのは、ほんとのところです。

次回は、パーシバルはローエングリン説はとりあえずおいておいて、パーシバルの聖杯探しについて考察・妄想してみたいと思います。
題して・・・「聖杯はすでに見つかっている説!」です。

それではまた次回お会いしましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です