マンガ

出会って5秒でバトル人物紹介:十束 天那とその能力をネタバレ解説

この記事は「出会って5秒でバトル」の登場人物である「十束 天那」を紹介し、その能力と謎についてネタバレ解説します。

出会って5秒でバトル人物紹介:十束 天那とその能力をネタバレ解説

十束 天那のプロフィール

職業:女子高生
所属:4thプログラムの第一監視人チーム
備考:白柳燈夜と行動を共にする。
クールで素っ気ない性格に見えるが、燈夜に心酔している様子を見せる。
九龍に対しては当たりが強く、頭を触ろうとした手を叩いたり、大量の針金を入れたバッグを運ばせたりしている。

能力名:経津主(ふつぬし)

説明:針金を操ることができる能力
針金を自在に変形させ、操ることができる。
針金でできたハリガネグモやハリガネヘビを使って攻撃したり、針金を重ね合わせて作った巨大なアームのような武器を振り上げて攻撃することが可能。
ハリガネグモは遠隔操作ができるため、仲間に付けて護衛に使ったり、敵に付けて仲間の元へ運ばせてチームを壊滅させたりすることもできる。

見どころと活躍とその正体

4thプログラムで第四監視人チームと戦ったシーン。
ハリガネグモを白柳燈夜の護衛として付け、燈夜を攻撃した者をハリガネグモで攻撃する。
ハリガネヘビを作り、自身を狙って近づいて来た73番の首を締めるが、引き千切られる。
針金で巨大なアームのような腕に装着する武器を作り、向かって来る73番に振り上げて頭を殴り潰し、102番も殴り倒した。
クールで素っ気ない雰囲気から想像できない戦い方や燈夜に忠実な様子が印象に残った。

能力についての謎

使用する針金の強度によって威力も変わるのか。
大量の針金を持ち歩いている(九龍に運ばせている)けど、全て同じ種類・強度の針金なのか、様々な種類・強度の針金があり、作る物によって使い分けているのか。
また、使用する針金の数はどの程度必要なのか、壊された物は再利用できるのかも気になる。

似ている能力が登場する作品

登場作品:毛糸のカービィ プラス
能力:ハリガネ

似ているポイント:「ハリガネ」は、毛糸のカービィ プラスでカービィが使えるさいほう能力の一つで、針金が剣の形になっており、振り回して敵を攻撃する能力。
針金をぐるぐる巻いた帽子を被っている。
針金で作った帽子を身に付け、針金で作った剣で戦うところが、十束天那の能力を使って針金で作ったハリガネグモを護衛として身に付けたり、針金で巨大アームの武器を作って戦うところが似ている。

まとめ

出会って5秒でバトル人物紹介:十束 天那とその能力をネタバレ解説
楽しんでいただけましたでしょうか!

アニメはだいぶ展開が早く、原作の漫画と比べて呼吸が違う気がします。

ぜひ、事前にマンガも合わせせて読むをおすすめします。
そうするとまた違う絵が見えてくることでしょう。
この記事が皆さんの雑談の種になることを、祈ってます。それではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です