マンガ

出会って5秒でバトル人物紹介:桐生アスカとその能力をネタバレ解説

この記事は「出会って5秒でバトル」の登場人物である「桐生アスカ」を紹介し、その能力と謎についてネタバレ解説します。

出会って5秒でバトル人物紹介:桐生アスカとその能力をネタバレ解説

桐生アスカのプロフィール

家族構成:息子(太郎)と2人家族
所属:3rdプログラムの緑チーム
備考:長い髪の女性。
プログラムに参加する時に妊娠中だったため、3rdプログラムで出産した。
斉藤克也に好意を抱かれている。

能力名:護衛官(ごえいかん)

説明:木の枝を自由な重さの剣に変える能力
霧崎円の能力と似ているが、木の枝を剣に変え、その重さを軽くしたり重くしたりできる。
剣を軽くすれば振りやすく、連続して攻撃しやすい。
剣を重くすれば振りにくくなるが、一撃の威力を上げたり、その重さで相手を押し潰すこともできる。
自由に重さを変えられるので、大剣を振り回せるほどの腕力やそういった能力の持ち主と思わせて油断を誘うことも可能。

見どころと活躍とその正体

3rdプログラムで大神一と戦ったシーン。
単独で現れた大神に対して、アスカは仲間が来るまでの足止めをするために1人で大神と立ち向かうことを決意する。
木の枝を大剣に変え、自分を舐めている大神が大剣を掴んだところで重くし、大神を押し潰そうとする。
大柄で身体能力を5倍にする能力の大神相手には歯が立たず、女性相手でも容赦しない大神によって瀕死の状態になる。
生まれたばかりの子供や仲間のために、体格差で絶対に勝ち目はないと思えるような相手にも1人立ち向かう勇敢な姿が印象的なシーンだった。

能力についての謎

木の枝を大剣にし、重さを変えながら戦うけど、短剣で重いものを複数使って戦う方が足止めするには良かったのではないかと思う。
重い大剣で押し潰そうとしていたけど、大神のあの体を押し潰せるとは思えず、まずは足を狙って動けないようにする方が勝率は上がったように思える。

似ている能力が登場する作品

登場作品:NEEDLESS
能力:重力作成(グラビトン)

似ているポイント:「重力作成(グラビトン)」はNEEDLESSに登場するセトの能力で、自在に重力を操作することができ、『死神の聖剣』という大剣を能力で操って戦う。
大剣に重力を加えて戦うところが似ている。

まとめ

出会って5秒でバトル人物紹介:桐生アスカとその能力をネタバレ解説
楽しんでいただけましたでしょうか!

アニメはだいぶ展開が早く、原作の漫画と比べて呼吸が違う気がします。

ぜひ、事前にマンガも合わせせて読むをおすすめします。
そうするとまた違う絵が見えてくることでしょう。
この記事が皆さんの雑談の種になることを、祈ってます。それではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です