マンガ

出会って5秒でバトル人物紹介:如月葵とその能力をネタバレ解説

この記事は「出会って5秒でバトル」の登場人物である「如月葵」を紹介し、その能力と謎についてネタバレ解説します。

出会って5秒でバトル人物紹介:如月葵とその能力をネタバレ解説

如月葵のプロフィール

所属:3rdプログラムは青チーム、4thプログラムは第五監視人チーム
備考:万年青伊織・真栗昇平と共に行動する女性。
不良っぽい見た目で、いつもガムを噛んでいる。

能力名:じゃじゃ馬(じゃじゃうま)

説明:対象を弾性ゴム化させる能力

対象とする物体をゴム化させることができる。
敵の物理攻撃や万年青伊織の大砲の弾をゴム化させて跳ね返す攻撃をしたり、壁や床をゴム化させて移動するなど、応用することも可能。

見どころと活躍とその正体

4thプログラムで万年青伊織・真栗昇平と共に香椎鈴と戦ったシーン。
4thプログラム開始早々、万年青の計画で鈴を始末しようと狙い、廃ビルに追い込んだ。
そこで万年青の大砲の弾をゴム化してボールのように蹴り、鈴を攻撃した。
鈴が避けても壁に当たって跳ね返り、攻撃が続いた。
万年青との連携攻撃によって、一時は鈴を追い詰められ、葵の能力の有効さを見せた印象的なシーンだった。

能力についての謎

対象をゴム化させられるが、自身をゴム化することはできないのか。
もし自身もゴム化させ、ONE PIECEのルフィのようなゴム人間になれたら、攻撃が避けやすくなるし、攻撃を受けても衝撃を和らげたり、切れない・刺さらない状態にできるのではと思った。
それが可能だったら、鈴との戦闘でももう少し応戦できて、真栗が死なない世界線も有り得たかもしれない。

似ている能力が登場する作品

登場作品:ジョジョの奇妙な冒険
能力:スパイス・ガール

似ているポイント:「スパイス・ガール」は、ジョジョの奇妙な冒険に登場するトリッシュ・ウナのスタンドで、触れた物体を柔らかくする能力を持っている。
柔らかくなっている間は、その物体を破壊することはできず、能力の範囲は、ゴムのように弾力を持たせたり、原型を留めないほど自在に変形させたりなど、調整ができる。
対象のゴムのように弾力を持たせられるところが、葵の能力と似ている。

まとめ

出会って5秒でバトル人物紹介:如月葵とその能力をネタバレ解説
楽しんでいただけましたでしょうか!

アニメはだいぶ展開が早く、原作の漫画と比べて呼吸が違う気がします。

ぜひ、事前にマンガも合わせせて読むをおすすめします。
そうするとまた違う絵が見えてくることでしょう。
この記事が皆さんの雑談の種になることを、祈ってます。それではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です