最新話ネタバレ

最新話ネタバレ「不滅のあなたへ」142話:かけていくゆめ1

週刊少年マガジンで連載中「不滅のあなたへ」142話:かけていくゆめ1のあらすじをネタバレ解説します。

前回のあらすじ

ミズハを助けなくていい。
そういうミズハの母イズミの心中は複雑だった。
ミズハをああしてしまったのは自分なのだから。
イズミはなぜ、ミズハにあんなにきびしかったのか、自分の半生を振り返ったのだった。

最新話ネタバレ「不滅のあなたへ」141話:かれらのいえ(2)週刊少年マガジンで連載中「不滅のあなたへ」141話:かれらのいえ(2)のあらすじをネタバレ解説します。 前回のあらすじ イズミノッカ...

「不滅のあなたへ」142話:かけていくゆめ1のネタバレ解説

ここからは、結末、登場人物、あらすじ、感想と考察、まとめの順番で「不滅のあなたへ」142話:かけていくゆめ1の解説をします。
時間がない人は、結末だけ読んでもらえれば、次回に置いてかれずにすみますよ!
あらすじを読む際は、ぜひ、登場人物を一読して、イメージ膨らませてから読んでもらえるとうれしいです。

「不滅のあなたへ」142話:かけていくゆめ1の結末

イズミは自分の人生を振り返り、どこまでいっても自分が毒親でしかないと吐露する。
そして、離脱すると、フシたちの下から去っていってしまうのだった。

「不滅のあなたへ」142話:かけていくゆめ1の登場人物

フシ、主人公。不滅の人。
ミズハ、ハヤセの子孫。守護団ノッカーの半殽体。
ミズハの母、ミズハに殺され、中身はノッカーになっている。全殽体。
トナリ、褐色の少女。ジャナンダ島で出会った。
ボン、霊能力王子。ボンボン。
ユーキ、ミズハの後輩。フシの居候先の息子。
黒いの、フシをこの世界に落とした本人。4年後人間になってすべてを忘れるという。

「不滅のあなたへ」142話:かけていくゆめ1のあらすじ

ミズハの母イズミの人生。
それは、ミズハの人生だった。

イズミは、
娘の成長が自分の成長のように思えた。

ミズハは期待通りに成長した。
優秀に成長した。

育てば育つほど、
守護団18代目当主としてふさわしい才覚を現していくのだった。

守護団。
否定したい過去。

この頃からイズミは物忘れが多くなっていることに気づく。
医師の診断を受けると「ストレスからくる健忘症」と診断されるが、その実は、ノッカーの半殽体となっていたのだ。

半殽体。

ノッカーが普段主導権をとるわけではないが、
ひとつのからだを人間のファイと、ノッカーが共生している状態だ。

不安になればなるほど、
イズミはミズハにがんばらせた。

ミズハの成長は、イズミの成長。
ミズハの努力は、イズミの努力。
ミズハの成果は、イズミの成果。

だから、イズミががんばるには、ミズハにがんばってもらうよりほかなかったのだから。

そんななか、ミズハが倒れた。

すると、イズミは夫から責められる。
「がんばらせすぎだ!」
「きみはへんだよ!」
「一度でもミズハのために、ミズハを育てたことがあるか!」

心無い言葉。

イズミはストレスから、また主格をノッカーに奪われる。

そしてこの頃には、もう、ミズハも半殽体となっていた。
より完全な形で。

そんな不安を抱えながら、自分の健忘とも戦っているイズミの前に彼は唐突に現れた。

フシだ。

そして、フシにミズハが惹かれていることもすぐにわかった。
だから、引っ越しを計画した。
だから、嘘をついてプレゼントを送った。

すべてが裏目裏目。

ミズハをそれらのストレスから守るため、
ミズハの身体に宿る守護団ノッカーはイズミを殺したのだった。

回想が終わり、場面は、現在、ファミレスに戻る。

イズミの幽霊は、「0406」とパソコンのパスワードを明かし、
データを消去するよう、フシたちに願う。「もう必要ないものだ」と。

そしてもう未練はないと、楽園へ向かおうとしたところで
フシはイズミのためなら、イズミノッカーを今度こそ殺す、と宣言する。

しかし、
「そんな気があったら懇願してるわ」と言い残し、笑いながら去っていくのだった。

ボンはそれをフシに「ありがとう、かんがえておく」と誤訳して伝えるのだった。

「不滅のあなたへ」142話:かけていくゆめ1の感想と考察

イズミの本心はどこにあるのか。
0406ということはおそらく誕生日であり、きっとミズハの誕生日とかそういうことなのでしょう。

大今良時/講談社

それが愛情の証明になるかは別として、
知ったらミズハも思うところはあるのではないでしょうか。
考えてみれば、イズミの異常行動のほとんどは、周りに弱音を吐かなかっただけで、
不安からのことでした。
そして、娘とつねに写真をとるという行為や、娘の願いを無視して引っ越しを急に決めるなども、ノッカーのせいでした。
どんどんミズハを追い込むようなことだって、ノッカーに入れ替わっている間にノッカーがしていることもおおかったわけです。

となると、命に変えても、娘を守る、イズミノッカーの人物像も少し違ってみえてきますね?
けっきょく守護団ノッカーがフシを得たい。
ここに帰結してすべての行動が計画されているのではないでしょうか。

ボンが、なぜあのように、言葉を正確にフシに伝えなかったのか。
理由も気になりますね。

「不滅のあなたへ」142話:かけていくゆめ1のまとめ

今回は、週刊少年マガジンで連載中「不滅のあなたへ」142話:かけていくゆめ1のネタバレをまとめました!
ぜひ、マンガでも読んでみてくださいね!
マンガを読んだ上でのコメントや、考察お待ちしてます!

最新話ネタバレ「不滅のあなたへ」143話:むすぶつち(1)週刊少年マガジンで連載中「不滅のあなたへ」143話:むすぶつち(1)のあらすじをネタバレ解説します。 前回のあらすじ イズミは自分の...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です