最新話ネタバレ

最新話ネタバレ「転生したらスライムだった件」第80話 大妖の再来

月刊少年シリウスで連載中、3月号に掲載された『転すら「転生したらスライムだった件」最新80話のあらすじをネタバレ解説します。

80話 大妖の再来

前回のあらすじ

3つのバトルが開始しました。
スフィアvsミッドレイ
フットマン・ティア組vsフォビオ・ゲルド組
ヤムザvsアルビス

最新話ネタバレ「転生したらスライムだった件」第79話 会戦月刊少年シリウスで連載中、3月号に掲載された『転すら』「転生したらスライムだった件」最新79話のあらすじをネタバレ解説します。 79話...

ざっくりいうと・・・

ヤムザは敗北し、クレイマンによって暴風大妖渦(カリュブディス)へと変異させられる。
そこへ颯爽と現れたベニマルは、一撃で暴風大妖渦(カリュブディス)を消滅させるのだった。

登場人物

ジュラ大森林(テンペスト)

ガビル、リザードマンの王子。愛すべきバカ。
ゲルド、豚。だけど、紳士。

ベニマル、侍大将。イケメン。
ゴブタ、ゴブリンライダーの隊長。だんごっぱなのおちびさん。でも優秀。

ユーラザニア

アルビス、三獣士。蛇ねーさん。
スフィア、三獣士。虎ねーさん。
フォビオ、三獣士。豹にーさん。

ジスターブ

クレイマン、魔王。わかりやすい悪役。
ヤムザ、クレイマンの部下。わかりやすい小物。

竜の都

ミッドレイ、竜を祀る民、神官長。ハゲ。
ヘルメス、竜を祀る民、ミッドレイの側近。チャラい。

中庸道化連

フットマン、ピエロ。太い。
ティア、ピエロ。ロリ子。

ガビルは勝利するが・・・

ガビルはヘルメスに戦いを挑み勝利した。
それを笑いながらみる、ミッドレイに、三獣士虎ねーさんスフィアは殴りかかる・・・が返り討ちにあう。
この漢、余裕である。まさに鉄腕。アームストロング(マンガがちがう)。

スフィア「テメーみたいなのがクレイマン軍にいたとはな・・・」
てっきりヤムザが筆頭なのかとおもっていたと、ミッドレイを称賛すると、
ミッドレイ「こう見えてもワシ、ミリムさまの組手相手になれるんじゃからのう」
ととんでもないことを言う。

あの、暴力の塊、迷惑ドラゴノイド、魔王ミリムの組手相手?!
と、思ったか思わないかは知らないけれど、

スフィアとガビルは取り乱す。

ミッドレイの正体

ミッドレイは、スフィアたちに自分たちの出自を語った。
竜を祀る民であり、ガビルと同じく竜人であるということ。
違いは、リザードマンとして進化ではなく、人化し、人と交わってきた種であるということ。

なので、
魔素の量はほとんど人間と変わらない。
にもかかわらず、スフィアすら圧倒するその力は、技量(レベル)であり、それこそが真の強さであると。

スフィアは気圧されず「なら俺ももっと強くなれるってことだ」と笑う。
ポジティブ、このひと、ちょーポジティブ!

ミッドレイもほほえみ返した。

気の合う仲であることが知れたお互い。
「どうする?」という問いに、
「もちろん、続きだ!」と、スフィアたちは構えをとった。

《鏡身の腕輪》(ドッペルゲンガー)

三獣士蛇ねーさんアルビスと、クレイマンの部下筆頭ヤムザは交戦中だった。
実力は意外や意外、拮抗していた。

《鏡身の腕輪》(ドッペルゲンガー)

ヤムザは奥の手を使用した。
使用者と同一の分身を作り出す魔宝道具(アーティファクト)。

実力が拮抗しているいまなら、確実に、勝利することができる、ヤムザは勝利を確信した。

そのとき・・・!

「あまいっすよ!」

フォローに入ったのはゴブタ。
ゴブタご無沙汰! 冴えない顔してあいかわらずおいしいところをもっていくね、君。

そして、次々現れる狼鬼兵隊(ゴブリンライダー)たち。

希少能力(レアスキル)「同一化」で、ゴブリンは、パートナーの狼と一体化していた。
その姿たるや、デザイン強力天野喜孝が如く。

意味がわからない。
ヤムザは、デスノートのLが記憶をなくしキレイになった夜神月を見たときのような気持ちで、その不安を解消すべく、まずゴブタに狙いを変更した。

エクストラスキル《天蛇眼》(ヘビノメ)

「あの分身があなたの奥の手?」
アルビスは言う。
「だとしたら大したことありませんわね」
目を見開き、エクストラスキル《天蛇眼》(ヘビノメ)を発動した。
見たものに状態異常を付加するそのスキルの力で、ヤムザは右手を麻痺する。

真の姿を現したアルビス。
ゴブタがお漏らしするほど、電撃をお漏らししている。
アルビス「こうなると手加減できませんの」

そして、

後方支援を得意とする獣人であると、アルビスを認識していたヤムザは認識を改める猶予もなく、そのまま敗北した。

暴風大妖渦(カリュブディス)は過去のモノ

「降伏せよ」
アルビスは勝利宣言。

命を保証するという言葉に、ヤムザは申し出を受けようとしたとき・・・

ドクン。
心臓が強く脈打つ。

まひしている右手が勝手に動きだした。

クレイマンである。
クレイマンは、はじめからヤムザを信用などしていなかった。
いや、クレイマンは誰も信用などしていないのだ。

裏切りを、敗北を、あるいはその両方を知ったクレイマンは、宝玉を使い、ヤムザを暴風大妖渦(カリュブディス)と変異させた。

「敗者はいらぬ、もろとも死ね」と戦場を駆る戦士たちをあざ笑うかのように。

《鏡身の腕輪》(ドッペルゲンガー)の複製体までもが暴風大妖渦(カリュブディス)へと変異。

2体の暴風大妖渦(カリュブディス)。

絶望的な状況!

そこに現れたのはベニマル。
かっこいい! まるでフェニックスのイッキか、映画版ドラゴンボールのピッコロさんのようだ!

暴風大妖渦(カリュブディス)を切り、黒炎で再生を防ぎ、そのまま・・・

暴風大妖渦(カリュブディス)を消滅させるのであった。
それほどまでに強化されていた。
ベニマル、かっこいいよ、ベニマル。

感想と考察

暴風大妖渦(カリュブディス)。
あれだけの被害をもたらした災禍が、ベニマルに圧倒されました。
だいぶ強さもインフレしてきましたが、まだまだなろう系、おれつえー系の真骨頂はこんなものじゃないですよね!
魔王となったリムルの強さももっともっと見せてほしいです。

クレイマン軍とテンペスト軍の戦いの裏で行われているワルプルギスの夜の展開が楽しみで仕方ありません!

では、最期に・・・

ゴブタがフォローに入って言いました。
「これで五分とゴブタ!」
お後がよろしいようで・・・( ゚д゚)

まとめ

月刊少年シリウスで連載中、3月号に掲載された「転生したらスライムだった件」最新80話のあらすじをネタバレ解説してまとめました。
あらすじのネタバレ解説を読んで、興味を持った方はぜひ、転スラのマンガを購入して見てください、作画とてもよくて読み応えありますよ!

最新話ネタバレ『転生したらスライムだった件』81話:死霊の王月刊少年シリウスで連載中、4月号に掲載された『転すら』「転生したらスライムだった件」最新81話のあらすじをネタバレ解説します。 前回の...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です