最新話ネタバレ

最新話ネタバレ「呪術廻戦」147話:パンダだって

週刊少年ジャンプで連載中「呪術廻戦」147話:パンダだってのあらすじをネタバレ解説します。

前回のあらすじ

天元との邂逅を経て、それぞれの行動指針を決定した虎杖たち。
脹相と九十九由基は、天元の護衛。
禪院真希は、呪具回収。
乙骨憂太は、すぐに回游参加。
伏黒恵と虎杖悠仁は、呪術高専3年秤金次と合流を目指す。
一方、五条悟解放のキーマン。天使がいる東京では、
売れないお笑い芸人、高羽史彦が新たな泳者として目覚めるのだった。

最新話ネタバレ「呪術廻戦」146話:死滅回游について週刊少年ジャンプで連載中「呪術廻戦」146話:死滅回游についてのあらすじをネタバレ解説します。 前回のあらすじ 天元に遭うことができ...

「呪術廻戦」147話:パンダだってのネタバレ解説

ここからは、結末、登場人物、あらすじ、感想と考察、まとめの順番で「呪術廻戦」147話:パンダだっての解説をします。
時間がない人は、結末だけ読んでもらえれば、次回に置いてかれずにすみますよ!
あらすじを読む際は、ぜひ、登場人物を一読して、イメージ膨らませてから読んでもらえるとうれしいです。

「呪術廻戦」147話:パンダだっての結末

完全自立型呪骸の製造方法を狙われ、夜蛾正道は楽巌寺嘉伸に殺された。
そこへ現れたパンダは、夜蛾正道の遺体を抱きしめ泣くのであった。

「呪術廻戦」147話:パンダだっての登場人物

呪術高専

虎杖悠仁、主人公。宿儺の器。九相図10人目。
伏黒恵、主人公の同級生。禪院家当主に繰り上がり当選。
五条悟、虎杖の恩師。「僕無敵だから」。六眼と無下限術式の使い手。
乙骨憂太、特級呪術師。虎杖抹殺指令を受けている。
禪院真希、2年。フィジカルギフテッド。
九十九由基、特級術師。天元と関係を匂わせている。
夜蛾正道、東京校学長。楽巌寺嘉伸に殺された。
パンダ、夜蛾正道が作った完全自立型呪骸。

九相図

脹相、虎杖公認お兄ちゃん。九相図の長男。

死滅回游泳者

来栖華、1000年前の術師。術式無効化の術式を持つ。「天使」を名乗っている。
伏黒津美紀、伏黒恵の義理の姉。
高羽史彦、売れないお笑い芸人。

その他

羂索、加茂憲倫、夏油の本体にして、黒幕。
夏油、羂索の今の器。
加茂憲倫、歴代最悪の術師。加茂家の汚点。過去の羂索の器。
祈本里香、乙骨の術式。特級過呪怨霊。

「呪術廻戦」147話:パンダだってのあらすじ

夜蛾正道は捕縛されていた。

無期限拘束。

理由はパンダだ。

人工的な呪骸であるパンダは、本来、術師の呪力を原動力として活動するはず。
しかし、パンダは自己補完して動くのだ。

それは意図的に作り出せるのであれば、
軍隊を簡単に作り上げることができるということである。

その方法を呪術界のおえらいさんたちは手に入れたいのだ。
あるいは手に入らないのであれば抹殺したいのだ。

いままでは五条悟がいたから手をだせなかった。
しかし、五条悟が封印されたいまなら・・・

夜蛾正道は狙われていた。
刺客として差し向けられたのはが楽巌寺嘉伸。

夜蛾正道は敗北。
死亡する。

死に際に、完全自立型人工呪骸の製造法を楽巌寺嘉伸に伝えた。

「なぜいまさら・・・」
動揺する楽巌寺嘉伸に、夜蛾正道は言った。
「私からあなたへの呪いです」

そこへパンダ到着。
一足遅かった。
夜蛾正道が息絶えたあとだった。

パンダは楽巌寺嘉伸に戦いを挑むわけでもなく、
夜蛾正道の遺体に歩み寄り抱きかかえ、
「どうせ、上に命令せれてやっただけだろ」
そして、「パンダだって泣くんだ」と泣いた。

「呪術廻戦」147話:パンダだっての感想と考察

唐突にパンダ回でしたね。
楽巌寺嘉伸への呪いということでしたが、
どういう意味ですかね?
情報開示によって、力を増すってルールがこういう形でパンダの力を増すこともできるんですかね?
禪院真希もパンダと合流をねらっていますから、
どのタイミングで合流することになるのか、たのしみですね!

「呪術廻戦」147話:パンダだってのまとめ

今回は、週刊少年ジャンプで連載中「呪術廻戦」147話:パンダだってのネタバレをまとめました!
ぜひ、マンガでも読んでみてくださいね!
マンガを読んだ上でのコメントや、考察お待ちしてます!

最新話ネタバレ「呪術廻戦」148話:葦を啣む週刊少年ジャンプで連載中「呪術廻戦」148話:葦を啣むのあらすじをネタバレ解説します。 前回のあらすじ 完全自立型呪骸の製造方法を狙...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です