マンガ

終末のワルキューレの『ヘラクレス』の『必殺技』をネタバレ解説!

ゼウスと人間の間に産まれた半人半神!
ゼウスの正妻であるヘラに祝福されて授けられたその名は、ヘラクレス!

正義の武人が怒りの鉄槌を喰らわす!!!

この記事を読むと、ヘラクレスが使用した必殺技と、神話でのヘラクレスの活躍を知ることができます。

終末のワルキューレの『ヘラクレス』の『必殺技』をネタバレ解説!

ヘラクレスの必殺技

大地を喰らう獅子 (だいちをくらうしし)

両腕に持つ武器を掲げることで登記を身に纏い相手を吹き飛ばすという技です。
ただし、この技は使用者が常人である場合、激しい苦痛に襲われ肉体を維持することができないとも言われており、神であるものでなければ使用することはできないです。

この技は、命を削る技で対戦相手のジャックザ・リッパーの猛攻を防ぐために使用した技になり、対戦相手のジャックザ・リッパーは防ぎきれず壁に吹き飛ばされています。
一応、ダメージは対戦相手にはあり、肩を脱臼するというダメージは与えました。

飄風を呼ぶ鳥(すてゅむばりてすのかいちょう)

ジャックザ・リッパーの繰り出すナイフの雨を回避するために使用した必殺技で武器の先端を大きな怪鳥に変化させることで突風を見舞わせるという技です。

ジャックザ・リッパーはヘラクレスによる飄風を呼ぶ鳥による自己が投げたナイフを回避します。
回避した際にジャックは、自己が身につける単眼鏡が破損し、だんだんとジャックザ・リッパーは狂気が強くなっていきます。

冥界より出でし厄災(じごくのばんけんけるべろす)

自分が持つ神器を犠牲に地獄の番犬を呼び寄せその身に纏う必殺技で相手が倒れるか自分が倒れるまで肉体の強化を説くことができなくなる。

ジャックザ・リッパーは手袋の神器の力でビルを神器にしてヘラクレスにぶつけることで肉体を強化したヘラクレスに対して対抗し、重症と言える状態へと持っていくことに成功しています。

ヘラクレスの元ネタ

ヘラクレスは、神でありながら人です。
何故なら、ゼウスとアンフィトリュオンの妻アルクメネとの子で半分神で半分人間であるゼウスの子供であるからです。
登場作品はギリシャ神話に登場しヘラクレスの栄光というテレビゲームも存在します。書籍については、ディズニーのヘラクレスの小説かfateというパソコンゲームの漫画を見るとよいでしょう。
逸話ですが、彼は多くは化け物退治などを生業としていたりしますが、結構な割合で生け捕りという難題を解決しています。
例えば、ミノタウロスの生け捕りなどで駆り出され、力押しでミノタウロスを組み伏せた生け捕りにしたりと結構な割合で生け捕りを命じられ、国々の王の権力を示すために利用されていました。
彼は死後、真の神になったため、生きている間は一応人間と神のハーフという扱いになります。

まとめ

ヘラクレスは自分の生前に達成した12の栄光を元に必殺技を繰り出します。

終末のワルキューレキャラクター一覧まとめ終末のワルキューレのアニメが6月17日からNetflixでいよいよはじまります! アニメ放送に合わせて、終末のワルキューレのキャラクタ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です