ニュース雑談

【海外】動物園の動物たちに襲われる飼育員たちが悲惨

動物園の動物たちに襲われる飼育員たちが悲惨

ラクダに襲われた人

ドイツのペルレンブルク動物園の54歳男性飼育員が、小屋の掃除中、ラクダに顔を噛まれ重傷を追いました。

名倉~名倉~名倉はラクダ
なななな~ななななな~ラクダが殴打

ゴリラに襲われた人

昨年9月、マドリッド動物園ではゴリラに襲われた飼育員が重傷を負いました。
その46歳の女性は、頭部に外傷を負い、複数の骨折を伴う胸部外傷と二本の腕の骨折を負い、重体でマドリードの臨床病院に運ばれたと報じられています。

ライオンに襲われた人

昨年5月、オーストラリアで動物園の飼育員が2頭のライオンに襲われる事件が発生しました。
ニューサウスウェールズ州のショールヘブン動物園で35歳の女性が重傷を負い、病院に空輸されました。

まとめと感想

人が飼育している動物がやってしまう悪さはみんな人間のせいです。
動物は悪くありません。
それを忘れずにいてほしいですね。

動物もズー(zoo)っとコロナでストレスたまってるかもしれないぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です