ニュース雑談

膣が2つ?!重度の生理痛には注意が必要

モリー・ローズ・テイラーさん(19歳)は、医師が症状を生理痛と間違えていましたが、その後、2つの膣を持っていることが判明しました。
5年間痛みと戦った結果、診断を受けてホッとしたそうです。モリーさんは手術を受けて回復しました。

膣が2つ?!重度の生理痛には注意が必要

生理痛と勘違い、5年間の戦い

あるティーンネイジャーが謎の病気と5年間闘っていました。
モリー・ローズ・テイラーさん(19歳)は、苦しい生理痛に襲われ続け、セックスがとても苦痛なものだとかんがえていました。

母のアドバイスで医者に行きましたが、痛みが周期的に訪れることから、生理痛だと診断されていました。
スキャンによって真実が明らかになったのは数年後。

彼女は2つの膣に2つの子宮をもっていたのです。

この診断はショックだったでしょうが、モリー・ローズはようやく正しい診断が下されたことを喜んでいました

モリー・ローズは9歳の頃から耐え難い生理痛と闘っていました。
生理中は気を失ったり、朦朧とすることもしばしばありました。

モリーさんは難病生活をこう振り返りました。

「生理が始まったばかりの頃、医者は私の年齢のせいにして、私の体はまだ若くて処置できないと言っていました」

生理が2回同時に来ているのが原因だとわかっていて、12歳の時から避妊薬を飲んでいます」

「10代前半になると、タンポンを使おうとしましたが、まっすぐ落ちてしまうので、普通なのかもしれないと思いました」

セックスできなかった

モリー・ローズはセックスをする年齢になり、医者へ医学的なアドバイスを求めました。
当時の彼氏と性的に活発になるまでは、モリーさんは自分の膣の、生理痛の状況からとても心配していたそうです。

彼女の下腹部には膣がふたつあり、それを彼氏に気づかれるのではないかという心配もありました。

検査ではわからなかった

STI検査を受けても、なにも問題なかったため、もう自分でいろいろ調べるよりなかったそうです。

何年も悩んだ後、婦人科医に紹介され膣スキャンを受け、最終的に診断を受けることになりました。

そして、手術(ひとつの膣と子宮の切除)し回復したあとも、流産のリスクなど気になることは耐えませんが、同じような悩みを抱える女性のために、公開することにしたそうです。

感想


ペニスが2つだとしたら、すぐ見た目で気づきますけど、たしかに穴だときづかないかもしれませんね・・・

まとめ

今回は「膣が2つ?!重度の生理痛には注意が必要」についてのニュースをまとめました。
この記事があなたの雑談のネタになることを祈っています!
それではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です