ニュース雑談

「こ・・・これがプレイステーション5・・・」驚きの結末

みなさん、クリスマスいかがお過ごしでしょうか。
サンタクロースやってきましたか?

サンタクロースは良い子にだけやってくるといいますが、
サンタクロースが良い子とは限らないようです。

ローソンさん、PlayStation5を子供に無料配布、詐欺すぎると炎上-秒刊SUNDAY
こちらの子どもたちにクリスマスプレゼントとして「PlayStation5」を与えたというもの。
なんと、中身は「本」。

それも大量の本がPlayStation5の箱から出てくるというショッキングな映像。子どもたちは苦笑いどころか、もはや今までの喜びから一気に地獄に突き落とされたような落胆。意気消沈をしております。

クリスマスはステイホームで本を読みましょうということなのでしょうか。海外ネットでは「この悪戯は間違っている」「子どもたちはトラウマになる」「悪質詐欺すぎる」と批判が殺到しているようです。
全文を読む

PS5詐欺の感想

子どもたちはトラウマになる。
という感想が寄せられているようですが、ぼくもどう意見です。

トラウマ、は言い過ぎかもしれませんが
幼いころにはあまりサプライズに注目しないほうがいいんじゃないかなあ、とおもいます。

期待の行動が裏切られる、ということは成功体験ではなく失敗体験につながるので
なにをするにも、ネガティブに捉えがちになりますし、
プレゼント=裏切られるという刷り込みも怖いものです。
プレゼントにとどまればいいですけど、
親切=裏切られる
とつよくインプットされると、
人生がとても悲惨なものになります。

本自体をプレゼントすることはとてもいいことだとおもいますけどね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です