ドラマ

Netflixウィッチャー人物紹介:イェネファーまとめ

こんにちは、ぼくです。
今日は、ウィッチャーの主要人物である、ヴァンガーバーグのイェネファーについてお伝えします。
この記事を読むと、ゲラルトの恋人であるイェネファーの年齢や、能力、強さだけでなく、キャストや声優について知ることができます。
明日から、雑談でNetflixドラマウィッチャーを見ただけのひとより一段くわしく話をすることができるようになるはずです。
それでは行きましょう!

ウィッチャーの予習がまだの人はこの記事から先に読んでください。

Netflixドラマ ウィッチャーシーズン1のネタバレまとめこんにちは、ぼくです。 この記事を読むと、Netflix版のウィッチャーの結末を一行で知ることができます。 また、ウィッチャ...

ヴァンガーバーグのイェネファー紹介

エルフの血が混じったせむし女。
その醜い容姿から父親にも忌み嫌われていた。
むかしから魔力はあったようで、自分でも気づかずに使っていることがあった。

生殖能力と引き換えに美貌を手に入れる。

王様付きの仕事をしているさなか、子どもを守れなかったことから、子どもに執着するようになる。
自分の子どもが欲しくて、子どもを授かるための方法を探し求めている。

「子どもを生むことはできない」と予言を与えられ失意のどん底。
恋人であるゲラルトともそれが原因で疎遠となる。

しかし、Netflixのドラマではまだ描かれていない原作、ゲームでは(ある意味)ゲラルトの間に子どもを授かっている。

これも、ゲラルトがジンに願った願いの効果かもしれない。

Netflix版の最後ではソドンの丘で内なる混沌をときはなち、敵軍を森ごと焼き払うことの代償として、消失した。
・・・ような演出であるが、原作、ゲームではその生存が確認されていることから、シーズン2ではピンピンしてでてくることは請け合いである。

イェネファーの出身地

エイダーンのヴァンガーバーグ。

イェネファーの年齢

1173年生まれ。ドラマ8話、ソドンの丘時、約90歳程度。

イェネファーの職業

魔法使い。

イェネファーの属性

悪(善、中立、悪)
まあ、悪というか混沌?

イェネファーの強さ

魔法学園1の逸材といわしめる強さ。
Netflix版のソドンの丘では森ごと敵対勢力(ニルフガード帝国軍)を全員焼き払うほどの力を示した。

しかし、(源流)であるシリラはそれ以上の潜在能力をもつ。

イェネファーの能力

ワープ(転移)
チャーム(魅了)
テレパシー(念波)
ファイア(火炎)

イェネファーのキャスト

アーニャ・シャロトラ。

イェネファーの声優

ゲーム:田中敦子
Netflix:恒松あゆみ

イェネファーの動画

浮気でイェネファーに怒られるゲラルト

イェネファーとの幸せな未来

イェネファーイベント集

イェネファーまとめ

それでは最後に、イェネファーについてまとめます。
90歳ぐらいの魔女です。ゲラルトとほぼ同い年ですね。
魔法学院でも稀有な魔力をもった優等生。
元せむし女。
ゲラルトの恋人で、あとあと、シリラの母親代わりになる女。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です